2017年6月6日 更新

昭和5年創業のソースメーカー!空前絶後の辛みオリソース!!京の地ソースといえば☆「ツバメソース」

よくよくスーパーで見かけるソース。じつは地元ソースメーカーが手がける驚きの辛いソース。創業昭和5年のソースづくり一筋のメーカー。業務用としても市内ではおなじみということが後で判明。

近所のスーパーにて

 (82485)

地元スーパー・フレスコでソースコーナーがあり、特にこのソースコーナーはバイヤー的にもこだわりがあるジャンルのようで。

いろんな種類のソースがあるんですが、中でもやはり地元応援ということですかね。地元のソースメーカーのオジカソースとツバメソースを推していて。

オジカソースは知っていましたが、ツバメソースが京都のメーカーということをつい最近知り、ちょうどソースを切らして、試しに買ってみるかと。
 (82489)

こちらが南区にあるツバメ食品の社屋。こちらで製造。創業昭和5年の老舗。
 (82490)

昭和30年代。こんなふうに広告看板がいろんなところにあって、きっと当時から知名度高かったんでしょうね。
 (82491)

昭和32年~昭和35年。こんなアドバルーンの広告も(笑)時代を感じますね。
 (82470)

そして、ツバメソースも種類がいろいろあって、ウスター、お好み焼き用、とんかつ、ビフテキ用などいろいろありましたが、特にオススメになってた「オリソース」313円(税別)を購入。
 (82465)

見た目なんてこともないソースに思ったんですが。
ウスターソースをタンクで熟成させ、そのタンクの底に溜まったソースを原料に加工した大変辛口のソース(格別激辛ソース)。
 (82466)

辛いというからには、唐辛子がたくさん入ってるのか?と観察しても、赤い粒子は全く確認できず。唐辛子とはまた別の辛さなんですかね。
 (82468)

で、ちょうどチキンカツに浸けてみました。
もう、私史上最強の辛味ソース(驚)何をどうすればこんなに辛くなるの?てくらい辛い!他のソースと混ぜたり、カレーに入れたりしましたが、少量でもすぐわかるスパイシーな辛さ。ある意味、個性的で一度食べたら忘れられないソース。
 (82492)

たまたま友人も市内の飲食店でオリソースに遭遇。業務用としてけっこう使用されてるみたいですね。学校給食や社員食堂といった大量に使う場面でも。

次回はオーソドックスなウスターソースあたりを攻めたいですね(汗)

ツバメソース へのツイート

詳細情報

住所:京都府京都市南区東九条西明田町26
電話番号:075-681-5796
関連サイト:http://tsubamesauce.com/index.shtml

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers