2021年5月14日 更新

【新店】5月オープンすでに行列!古民家改装スパイスカレー店「カレー設計事務所」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府宇治市五ヶ庄、黄檗駅や萬福寺にもほど近い場所に5月1日にオープンしたスパイスカレー店。すでに注目を集め行列必至の人気。

5月1日にオープンした古民家スパイスカレー専門店

 (205976)

京都府宇治市黄檗。すぐ近くには萬福寺もあり、静かなたたずまいの住宅街。5月1日にオープンしたカレー専門店『カレー設計事務所』が話題になっていたので、この日は平日の正午ごろにやってきました。

平日昼間だったら簡単に入店できるかと思いきや、すでに店前の駐車場は満車で満席。30分ほど待ちました。予約もできるみたいで、確実に入店したい方は予約必須。
 (205977)

お店の前には、こんなオートリキシャが目印に。
 (205978)

もともとこの建物はご店主のお母上のお家で、かなり風格のある築100年の古民家。それをリノベーションしてご夫婦で営まれているカレー専門店。さらに、ご主人はインドのコルカタに滞在経験のある建築家で、建築の相談もこちらでできるとか。それで『カレー設計事務所』という店名なんですかね(笑)

よく同一店舗で毛色の違うジャンルの料理2種類展開されるお店の例えとして『二毛作店』と呼んだりしますが、こちらは職自体が違う二毛作店ということになりますかね(笑)
 (205981)

元々の古民家がかなり広かったんでしょうね。エントランスまわりに厨房カウンター3席。さらに奥が座敷席16席で広々空間。
 (205983)

さらにお庭を望む縁側席も。
 (205980)

テーブルはインドの食事風景をイメージして、こんな低い木製。さらに珍しい杉の木の座布団。そして、もともとのお屋敷にあった座布団もあり、お母上がサーヴィスをされてて「よかったら使ってください~」と。終始、お店のサーヴィスの印象がよかったのが、このお母上の存在です。なんとも和む、親戚の家に遊びに来たようなやすらぎ感。ちょっとこういうインドスパイスカレー店で出会うには珍しい逸材というか(笑)
 (205982)

他、床の間として使われていたのだろうと思われるスペースにはインド楽器のシタールも。それが全く違和感なく、この古民家と不思議にマッチしています。
 (205979)

そして、メニュー。
この日のメニューに好物のマトンビリヤニがあり、かなり迷いましたが、最初は王道がいいだろう、とスパイスカレー2種類盛り1250円を注文。2種類盛りは上記、チキン、キーマ、エビのココナッツカレーのうちから2種類チョイスするわけですが、今回はチキンとエビのココナッツカレーをチョイス。エビは人気みたいで、この日のちょうどラスト1にラッキーにもあやかれました。まだ12時半ぐらいにもかかわらず。そして、今回はロールメニューを注文しませんでしたが、インドの屋台などで食されるローカルフードなんだとか。

わりとテイクアウトの方も多いので、早々に完売するメニューもあるようです。なので、好きなメニューを食べたい方は早い時間帯の来店が吉。
 (205984)

そして、2種盛りが登場。カレーはインド・コルタカの家庭料理をベースにしたベンガル料理だそうです。お皿の大半を黄色いバスマティライスで占め、小さな銀皿容器が3つ。
 (205985)

注文の際、ご飯のトッピング材にパクチーか三つ葉かをチョイスでき、私はパクチーで。その脇に、紫玉ねぎ、キュウリ、大根と人参のマリネが乗っています。
 (205989)

まずはご飯をそのままでいただいてみます。フライドオニオンもトッピングされ、香ばしさとコクを与えています。
 (205986)

 (205990)

こちらはチキンカレー。具材にはチキン、ジャガイモがごろりと入っています。
わりとスープカレー気味のシャバシャバタイプで、味わいもさっぱり。なのでその分スパイスの風味がダイレクトに感じられます。さらに柑橘風味の根っこらしきもの、パクチー根ではない印象のものが入っていて、それがさわやかなフレッシュ感をかもしていて、新感覚。辛さもマイルドで、苦手な人でも食べられるレベル。
 (205987)

 (205992)

 (205993)

エビのココナッツカレー。エビの頭も入っていますが、身とは別になってました。ココナッツミルクは思ったよりマイルドで、タイ料理のようなココナッツ主張ほど強くないというか。でもバランスいい調和。こちらもスパイスのさわやかさ。辛さもマイルド。
 (205996)

エビの味噌もチューチューと吸って食べます。
 (205988)

 (205994)

そして、この日のサーヴィス品として、野菜のスープサブジが付いてきました。とてもやさしい箸休め的な野菜の味わい感じるスープ。
 (205991)

 (205995)

時折、マリネなどの野菜と混ぜたり、レモンを絞ったりして味変しつつ、最終的には全部まぜで完食。
食べ終わった後に心地よい満腹感が得られ、健康的なランチをいただいたような、そんな実感。

黄檗の名物店になるような勢いの大人気店でした。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:カレー設計事務所
場所:京都府宇治市五ケ庄西浦32-5
電話:0774-66-4186
営業時間:11:00~15:00(L.O. 14:30)※カレーがなくなり次第終了
定休日:日・月・火
関連サイト:https://indian-restaurant-978.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事