2018年12月10日 更新

京町屋でいただく創作かしわキーマうどんがうまい!「京都四条くをん」スイーツもオススメ

四条新町を少し上がったところに注目の新店「京都四条くをん」が12月10日オープン。国民食のうどんとカレーにこだわり、オリジナリティを加えた自信作を一足早くいただいてきました。

リノベーションした京町屋で

 (140050)

12月10日、四条新町を上がった場所にオープンする「京都四条くをん」の内覧会に参加してきましたので、その様子をご紹介します。
呉服店だった京町屋を大胆にリノベーションしつつも、風情はしっかりと残したステキな店舗です。
 (140048)

1階はキッチンとカウンター席、テーブル席。
 (140052)

風情のある内庭もあります。京町屋でよくみられる箱階段も健在。
箱階段のよこで内庭を眺められる、このテーブル席は特等席かも。
 (140049)

こちらは2階。
テーブル席と掘りごたつの席が用意されており、ゆったりと過ごすことができます。

昔ながらの京町屋のため階段が少し急になっていますので、気をつけて昇り降りをしてください。

独創的なかしわキーマうどん

 (140054)

で、そのステキな京町屋で出される料理とはいうと、
自由な発想で、和 × スパイスを組み合わせたこだわりの「かしわキーマうどん」です。

カレーつけ汁のベースは、鰹出汁か豆乳出汁いずれかを選んでください。

こちらは、かしわキーマつけうどんと串天5種盛(1500円)
西京漬の卵黄がのったコシヒカリの麦ごはんもセットになっています。
 (140057)

「え、これがうどん?蕎麦みたいじゃない?」というビジュアルですが、その理由は焙煎した胚芽を混ぜているため。
焙煎胚芽をまぜることで、食物繊維や良質なたんぱく質、ビタミンB1などの栄養素と香ばしさをプラスされています。美味しさだけじゃなく、栄養面にもこだわりが詰まっています。

 (140058)

20種以上のスパイスを調合したカレーつけ汁には鶏肉もイン。
こだわりのハーブ鶏をふんだんに使っています。

和風ベースのカレーつけ汁は、最初少しピリ辛ですが、食べ進めると和風のまろやかな旨味と味わいが口の中に広がります。
自家製うどんとの相性もよくクセになる組み合わせです。
 (140056)

うどんにセットになっているこの新感覚のたまごかけごはんがまた美味しくて。
卵黄を西京漬けにすることで、旨味を凝縮しています。
 (140059)

ピリ辛のカレーキーマとの相性もよく。
一口食べると、一気に卵黄のまろやかな旨味が口の中に広がります。
丹波産のコシヒカリを使っていて、ごはんそのものの美味しさもお墨付き。

一気に食べてしまいたくなる気持ちは抑えて、最後まで残しておいてくださいね。
ごはんをカレーつけ汁にいれると、カレーリゾットのようなまた変わった味わいで2度楽しめます!
 (140055)

サクッとカラッと揚がった串天もオススメ!串状になっているので食べやすさもグッド!
海老、まいたけ、ミニトマト、鶏天、たまねぎの盛り合わせでした。
 (140060)

天ぷらは塩であっさりといただきます。
プリっした食感で美味。天ぷらうどんのようにしてもグッドです。
 (140061)

おもしろいのが、このプチトマト天。
湯むきされているので、とろっとした食感。
トマトは熱をいれると甘味が増します。
女性が好きそうなメニューですね。
 (140053)

こちらは、和風かしわキーマうどん(900円)
キーマカレーとうどんを絡めていただきます。

おいつゆとしてお出汁セットになっており、
途中からお出汁を注ぎながら、味の変化を楽しめるようになっています。
鰹出汁か豆乳出汁、どちらかを選べます。
 (140062)

台湾の人気スイーツを京風にアレンジした豆華もぜひお試しください。
こちらはフレッシュなイチゴをあわせた季節の豆華。

豆乳でつくるお豆腐プリンは、クリーミーでまろやな食感。いろんなお豆とタピオカの食感のギャップがおもしろい京風スイーツです。
 (140070)

最後にメニューをご紹介。
メニュー表もかわいく、細かいところから意気込みとこだわりが伝わってきます。
 (140064)

かしわキーマうどんには、和風以外にも京サラダ、薬味納豆、揚げ野菜など。

また焼きチーズや温玉、揚げ餅といった憎い(笑)トッピングも揃っています。
 (140063)

かしわキーマつけうどんも同様の種類とトッピングです。
もちろん、麺の大盛りもできますよ。プラス150円です。
 (140065)

串天は、単品でも注文できます。
海老やはも天、ごぼ天といった定番から、アボガド天、バナナ天みたいな少し変わりものまで。
 (140069)

四条烏丸から徒歩少し数分の好立地エリア。
営業時間は11時からで、15時~17時の間はカフェタイム。そして17時から21時(L.O.20時半)まで夜営業になっています。
個性がこだわりが詰まった、かしわキーマうどんをぜひ一度味わってみてください。
オシャレな京町屋なので、アイドルタイムのカフェ利用としてもオススメですよ。

基本情報

店名:京都四条くをん
住所:京都市中京区小結棚町420
電話番号:075-251-6661
営業時間:
ランチ  11:00~15:00
喫茶   15:00~17:00
ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:不定休
関連ページ:https://www.instagram.com/kuon_kyoto/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

 カレー、うどんマニア必食!和×スパイス 超個性派カレーうどん専門店 「京都四条くをん」【四条烏丸】

カレー、うどんマニア必食!和×スパイス 超個性派カレーうどん専門店 「京都四条くをん」【四条烏丸】

2018年12月とオープンから一年未満にもかかわらず、メディア、SNSで瞬く間に人気店になったオリジナリティあるキーマカレーうどん&専門店。うどんとキーマカレー、しのぎを削る二つの国民食未知なるマリアージュ。オンリーワンの趣向を凝らしたハイブリッドなカレーうどんは健康的ながらも味わい深く、期待を上回る秀逸な味わい。
【新店】京都円町に7月オープン!うどんの本場四国で三代続く老舗のモチモチ自家製うどんが注目☆「麺処美松」

【新店】京都円町に7月オープン!うどんの本場四国で三代続く老舗のモチモチ自家製うどんが注目☆「麺処美松」

おおきに~豆はなどす☆今回は円町に7月オープンした四国・愛媛で三代続くうどん店。自家製のモチモチうどんとおでんに注目。
【京都モーニングめぐり】伏見の話題沸騰クラフトビール新店で茶がゆ朝食!おばんざい付で充実☆「家守堂」

【京都モーニングめぐり】伏見の話題沸騰クラフトビール新店で茶がゆ朝食!おばんざい付で充実☆「家守堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都の酒処・伏見に6月9日オープンしたクラフトビール醸造所。すでに話題沸騰店で先日夜に伺いましたが、今回は朝食をいただきに行ってきました。
【新店】京の酒処・伏見に新名所!古い茶舗リノベーションの京町家クラフトビール醸造所「家守堂(やもりどう)」

【新店】京の酒処・伏見に新名所!古い茶舗リノベーションの京町家クラフトビール醸造所「家守堂(やもりどう)」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都の酒処・伏見に6月9日オープンしたクラフトビール醸造所。すでに話題店で店内は平日ながら大盛況。行ってきました。
【京都ランチめぐり】3月オープン!京都経済センター内のカジュアルイタリアン☆「魚とお野菜のイタリアンアルバータ」

【京都ランチめぐり】3月オープン!京都経済センター内のカジュアルイタリアン☆「魚とお野菜のイタリアンアルバータ」

おおきに~豆はなどす☆今回は今年3月オープンの京都経済センター地下1階レストラン街のイタリアン。開放的でカジュアルなランチが人気。オフィス街立地ということでサクッとランチできるのが魅力。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部