2021年6月9日 更新

【新店】四条烏丸に4月オープン☆京湯葉老舗手がける新感覚豆乳カフェ「エブリソイ」

おおきに~豆はなどす☆今回は今中京区四条烏丸に4月オープンの豆乳カフェ。京湯葉の老舗『ゆば庄』手がける「ソイチーノ」は濃厚で新感覚。

明治創業の京湯葉老舗『ゆば庄』手がける濃厚『ソイチーノ』

 (207392)

中京区四条烏丸、北西角にある商業ビル『ラクエ四条烏丸』。その1階烏丸通り沿い。4月3日にオープンした注目のカフェ「エブリソイ」

京都駅や京都駅南に下がった東九条に本店構える、創業明治18年の京湯葉の老舗『ゆば庄』。以前個人的に仕事でお世話になったことのある名店。私も食べに行ったことがありますが、かつて本店で湯葉の懐石料理も提供されていました。こだわりの京湯葉は京ブランド認定もされています。
 (207393)

そんな京湯葉の老舗が、ここ四条烏丸に新感覚の豆乳カフェをオープンしたと聞き、興味津々でやってきました。

最近、スポーツ後の疲労回復やアミノ酸補給に豆乳を飲む機会が増え、日頃からいろんな豆乳を試す機会があり、きっとゆば庄さんの豆乳なら間違いない!と思いやってきたわけですが。

なんでも豆乳が苦手な人でも美味しく飲める工夫がなされているとか。
 (207395)

こじんまりとした店内、注文はこちらで。

無調整の豆乳にオリゴ糖を加えただけの超濃厚クリーミー豆乳『ソイチーノ』をベースに、豆乳ラテや豆乳ホイップクリームのモカ、大豆粉使用のビスコッティなど。

今回は王道のソイチーノのアイス460円(税抜き)を注文。ホットもあります。
 (207394)

他、焼き菓子やパンもあります。いずれも大豆紛使用のもの。
 (207404)

店内のインテリアには、健康的でナチュラルな印象のものを配置。
 (207405)

冷蔵ケースにはソイパンサンドも。ヘルシーですね。
 (207396)

窓際にはカウンター席があり、パーテーションも設置。今回はここで飲んでいくことに。
 (207397)

テーブルにはコンセントもあり、充電も可能。
 (207398)

そして、こちらがソイチーノのアイス。どうですかね。通常の豆乳より少し褐色。
 (207399)

この日は夏日の烏丸通り。日差しもかなり強めで、いい水分補給にもなるな、と。
 (207400)

そして、一口。
 (207401)

かなり濃厚でクリーミー。通常の豆乳もそれなりにとろりとした飲み口ですが、それ以上。そして、ほんのりオリゴ糖の甘さ。かなり控えめで、これくらいの甘さが上品かつ豆乳の風味を引き立てるというか。そして、後味に豆乳らしい風味。なんというか、軽い生クリームを飲んでるような、そんな感覚でもあり。とても滋養に良さそうな、それでいて植物性という驚きの濃厚さ。まあ胡麻やナッツ類に相当するような、そんなコク。
 (207402)

最近の健康志向も手伝い、市内には自然食やベジタリアン系のお店が増加中ですが、京都はもともと精進料理やお豆腐など、古くからそういったジャンルが根付いている土地柄。そして、この京湯葉老舗しかり。それを、現代人にもなじみやすい形で考案されたのが、この『ソイチーノ』。これからさらに、豆乳のいろいろな可能性を感じる美味しさでした。お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:エブリソイ(EVERYSOY)
場所:京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101 ラクエ四条烏丸1F
営業時間:平日  OPEN 8:00/CLOSE 20:30
     土日祝 OPEN 9:00/CLOSE 20:30
公式サイト:https://www.everysoy.com/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事