2021年2月12日 更新

【期間限定】京都最強つけ麺店の濃厚味噌ラーメン!老舗コラボの熟成味「麺屋たけ井」

発酵で健康!京都発酵食品部です☆今回は京都府八幡市にある京都最強との呼び声高いつけ麺店。現在、期間限定メニューとして、味噌の老舗の熟成味噌使用のラーメンを展開中。

閉店間際に駆け込んだ先に老舗の味噌使用ラーメンが

 (201186)

京都府八幡市。この日は遠方に観光した帰りの20時前。普段なら余裕で外食できる時間帯ですが、現在コロナ禍、非常事態宣言下で大体どこのお店も20時閉店。ということで、京都市内に戻ってからでは食事にありつけないということで、この辺りのどこかで夕飯を、と思っていたらこちらを発見。

京都のつけ麺界ではよく知られた名店。城陽に本店を構え、現在京都大阪を中心に5店舗展開。
 (201189)

この時、20時5分前。外で待っている人もいて、入店できるのか確認したところ、20時までに食券を購入すればギリギリセーフとのこと。

で、何にするか外でメニューチェック。王道はつけ麺かな、寒いからラーメンもいいな、と吟味。
 (201188)

すると、こんな期間限定メニューを発見。味噌ラーメンです。そして、16~20時の営業時間限定メニューでもあります。
 (201187)

そしてなんと、京都市内にある創業230年の老舗・石野味噌とのコラボ味噌ラーメンとか。

石野味噌といえば、地元ではお正月の白味噌をはじめ、京都を代表する味噌蔵。これは食べない手ははいな、と即決。
 (201191)

予め、こちらで食券を購入。20時とともに、全てバッテンマークになってましたが。
 (201190)

店内は閉店ぎりぎりということで、さっきまで満席だった店内がだんだん空き始める時間帯。

それでも、20時閉店とは知らずやってくる客が続々といて、その人気ぶりを伺えます。

今回はカウンター席へ。パーテーションが設けられています。
 (201192)

店内での飲食は20時で終了ですが、テイクアウトに関しては22時まで提供されています。
 (201193)

で、入店前にすでに食券を渡していたので、待ち時間ほとんどなく、濃厚熟成味噌ラーメン 1000円が登場。プラス100円でバターライスとセットにすることもできましたが、単品で注文し、プラス味玉100円をトッピングしました。

見るからに濃厚そうなスープ。味噌ラーメンはどちらかというと濃厚派なので、期待大。
 (201194)

まずはスープ。かなり濃ゆいです(笑)
味噌味の濃さもありますが、ベースとなる鶏豚骨スープが濃厚。なので、そのスープの濃厚さに負けないような熟成味噌を合わせたような、そんなスープ。
 (201195)

麺も味噌ラーメンに合わせたのか、黄色めの中太縮れ麺。スープとも絡みいいです。
 (201196)

濃厚なスープに、さらに濃厚さを促すトッピングの肉みそが。少しピリ辛で、濃厚な中に味を引き締める役割も。
 (201197)

もやし、ねぎがこの中では箸休め的なごみアイテム。
 (201198)

そして、極太メンマも。
 (201202)

チャーシューももともとしっかり調味され、表面香ばしく焼かれ、ちょっと甘めの照り焼き風の味付けでもあり。

全体的に濃厚なので、この時点でバターライスに合わせてちょうどいいバランスだったかもな、と思ってみたり。
 (201203)

さらに味玉。これもしっかりめの味付け。ねっとりとした黄身。

なんだかんだと言いつつ、最後まで完食完汁ゴチ!食べ終わった後には滝汗。味噌効果で通常以上に温まったのか。
 (201199)

もう一つは特製つけ麺並1190円。あつもりで。
麺上に具材、チャーシュー、メンマ、味玉子がたっぷり。
 (201200)

チャーシューに至っては、バラ、ロース、鶏燻製と3種類。
 (201201)

つけ汁には大量のねぎと柚子皮、海苔、魚粉が。以前食べたこともありますが、一口味見。魚介系の旨味と鶏豚骨の濃厚スープ。そしてほんのり甘みも。何より、食べ応えある極太麺。
 (201204)

最後スープ割りで、こちらも完食完汁。このガッツリさが若い方中心に人気。なので、この機会に若い方にも老舗の熟成味噌を使った味噌ラーメンを食べてもらいたいですね。発酵食品である味噌は健康食でもあります。期間限定で3月26日までの提供。お早めに!

詳細情報

名称:麺屋たけ井R1号店
場所:京都府八幡市八幡57−2
電話:075-982-2288(定休日なし)
営業時間:11時〜20時(20〜22時テイクアウトのみ) ※非常事態宣言下の営業時間
定休日:無休
公式サイト:http://menya-takei.com/
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部

オススメの記事

今注目の記事