2018年12月10日 更新

【2018京都紅葉最新】赤く染まった境内はすっかり落葉して冬支度!今年最後の座禅会では御朱印も☆「南禅寺」

岡崎、東山界隈にある人気紅葉スポット。すでにピークは過ぎ落葉し、境内はすっかり冬支度の様相。今年最後の暁天座禅会では御朱印も授かりました。12月9日の様子。

すっかり冬の装い

 (140313)

紅葉シーズンは多くの観光客でにぎわい、2週間前の座禅会では多くの参加者が集った南禅寺・暁天座禅会。

今年最終回ということで朝6時半スタートで暗がりの中、参加。わりと参加者少なめでした。観光のついでに参加された方が多かったということでしょうか。
 (140314)

途中休憩を挟み、2回の座禅タイム。さらに、歩く坐禅、経行(きんひん)で方丈を一周。裸足で歩くわけですが、足の裏が霜焼けになりそうな廊下の冷たさ(笑)
 (140315)

法話のあと、坐禅和讃を唱和し、今年最後の暁天座禅会ということもあり、教学部長の計らいで直筆の御朱印を授かりました。起きづらい朝でしたが、早起きした甲斐がありました(笑)
 (140317)

会場だった龍淵閣の庭園や方丈の紅葉もすでに落葉し、すっかり冬の雰囲気。
 (140318)

座禅会終了後、境内を散策。法堂裏の大銀杏もモミジも全く葉が落ち、紅葉の気配すら残っていませんでした。
 (140319)

日本の禅寺の中で最も格式の高い南禅寺、その境内を横切るレンガ造のアーチ橋「水路閣」。サスペンスドラマのロケ地としてもおなじみ。
 (140320)

南禅寺の中でも比較的紅葉スピードの遅い水路閣まわりですが、すっかり落葉してました。もう冬ですね。観光客もほとんどいませんでした。
 (140321)

その代わりと言ってはなんですが、さざんかですかね。ピンク色の花が開花し、まさに見頃。
 (140322)

朝ということもありましたが、紅葉シーズンの終わりは観光客の切れ目、とでも言うかのごとく、参道にはほとんど人はいませんでした。でも、やっと地元民にとってのいつもの穏やかな南禅寺に戻りうれしくもあり(笑)
 (140323)

若干残っているところもありますが。
 (140324)

 (140325)

天授庵もすっかり鮮やかな彩りがなくなってしまいましたが、侘び寂び感が漂っています。
 (140326)

今年は暖冬とも言われていて、雪化粧の南禅寺を果たして見れる機会があるかどうか。また随時ご報告する予定です!

ヨ~イヤサ~♪

南禅寺 への口コミ

詳細情報

名称
臨済宗大本山 南禅寺
住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町
電話番号
075-771-0365
関連URL
http://www.nanzen.net/index.html

暁天坐禅
場所:南禅寺・龍淵閣〔TEL:075(771)0365〕
日時:第2、第4日曜日(8月は休会・12月第4・1月第2日曜は休会)
内容:午前6時 坐禅および10分間法話 (11月~3月は午前6時30分からです) 
   午前7時 解散 
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな