2017年3月31日 更新

世界の観光客に愛される幻想的な千本鳥居「伏見稲荷大社」その魅力を大解剖!

伏見が世界に誇る観光スポット「伏見稲荷大社」に行ってきましたので、その魅力をお伝えしたいと思います。

トリップアドバイザーの外国人に人気の観光スポット2014、2015年と2年連続1位に選出されて、世界的にも人気の観光スポットです。この日も多くの外国人の方が観光に来られていました。

トリップアドバイザーでは実際に行った方が評価するシステムなので、実際に行ってよかったということなんで、地元民としてはとてもうれしいですね。

そもそも伏見稲荷とは

 (17746)

もっとも身近な神社といえる「お稲荷さん」。
全国に30,000社あるといわれ、全国各地で老若男女を問わず親しまれています。その総本宮が伏見稲荷大社です。

そして、稲荷信仰の原点が、稲荷山であります。
当社の御祭神である稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代の和銅4年(711)2月初午の日のこと。その日から数えて、平成23年(2011)に御鎮座1300年を迎えました。

伏見稲荷大社のご利益は?

商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集めていますが、安産や、健康、学業成就などの祈願に訪れる方も多くおられますよ。

おいなりさんへ出かけよう

 (17760)

伏見稲荷大社は、東山三十六峰の最南端に位置する稲荷全体を神域としています。

ちょっとした登山コースとしても知られており、1周約4km,2時間の山登りが楽しめます。

伏見稲荷大社へ参詣

 (17747)

この巨大な鳥居がみなさんをお出迎えしてくれます。
 (17744)

ちなみにお正月の様子です。本当に大勢の方が訪れます。例年約270万人の人々が初詣に来ると言われており、京都では一番なのはもちろんのこと全国でも有数の多さです。
 (17748)

お稲荷さんとシンボルと言えば狐です。

さて、なぜ狐なのかと言うと、「稲荷大神様」のお使いは「狐と」されているからです。もちろん野にいる狐と違い、白(透明)狐 びゃっこさんといってあがめています。
 (17751)

朱色は魔力に対抗する色ともされているため多くの神社仏閣で使われていますが、こと伏見稲荷大社に限ってはいえば稲荷大神様のお力の豊穣を表す色とされています。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都神社めぐり】ワールドワイドに世界を魅了する日本代表の観光スポット☆「伏見稲荷大社」

【京都神社めぐり】ワールドワイドに世界を魅了する日本代表の観光スポット☆「伏見稲荷大社」

常に人気の京都、いや日本随一の観光スポット。千本鳥居でおなじみの国内外問わず観光客でにぎわう神社。今回は本殿界隈をぶらり。
世界中を魅了する「伏見稲荷大社」の神髄は”お山めぐり”にあり!朱色の鳥居が続く幻想的な世界

世界中を魅了する「伏見稲荷大社」の神髄は”お山めぐり”にあり!朱色の鳥居が続く幻想的な世界

世界中から観光客が押し寄せる伏見稲荷大社。今回は幻想的なお山めぐりの様子をお届けします。
伏見稲荷の中腹で京都市内を望む!イケメン俳優のご実家としても有名な老舗茶屋!「にしむら亭」

伏見稲荷の中腹で京都市内を望む!イケメン俳優のご実家としても有名な老舗茶屋!「にしむら亭」

伏見稲荷大社の真骨頂といえばお山めぐり。その中腹にある展望台と「にしむら亭」をご紹介しま~す!
【京都珍スポット神社】古代ギリシャ神話を思わせる鳥居必見!難病の神様が宿るパワースポット☆「大岩神社」

【京都珍スポット神社】古代ギリシャ神話を思わせる鳥居必見!難病の神様が宿るパワースポット☆「大岩神社」

伏見区深草の小高い山中に立地する隠れ家的神社。かつては『難病の神様』といわれ、多くの参拝客でにぎわったパワースポット。中でも注目は古代ギリシャ神話に登場しそうな鳥居。京都珍鳥居の一つに数えられそう。
異界へと誘われる千本鳥居と無数の赤い提灯「伏見稲荷大社 宵宮祭・本宮祭」

異界へと誘われる千本鳥居と無数の赤い提灯「伏見稲荷大社 宵宮祭・本宮祭」

千本鳥居と赤い提灯、幻想的な風景にSNSでも話題沸騰の「伏見稲荷大社 宵宮祭・本宮祭」。どこを撮ってもどこか異界のような雰囲気のあの場所へ、行ってきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン