2019年1月27日 更新

【京都雪景色】早起きは三文の徳!朝活座禅会で白銀の絶景☆人気観光スポット「南禅寺」

岡崎にある、京都屈指の観光スポット南禅寺。昨夜から降り積もった雪景色を座禅初めとともにご紹介します。

白黒モードではありません(笑)

 (143945)

岡崎にある人気観光スポット南禅寺。四季折々でその景色を楽しませてくれる場所でもあり。

この日、今年初の座禅会に参加すべく、朝6時過ぎに境内へ。まだ日も上っていない時間帯。それでも、雪景色を撮影しようとカメラ持参の方をこの薄暗がりの中見かけました。

まるで白黒モードのようですが、もちろんカラー撮影です。
 (143948)

 (143946)

若干、外灯が点いてる場所からカラー感出てますが(笑)
 (143947)

早起きした甲斐があったと思えるような、そんな風景が展開。
 (143951)

この時期は朝6時半からスタートの座禅会。こちらが会場となる龍淵閣。
約1時間の間に、座禅タイム2回、法話、坐禅和讃唱和。
 (143950)

途中、龍淵閣と方丈庭園をつなぐ回廊を歩きながら瞑想するんですが、回廊自体雪で濡れていて、裸足にはかなりの刺激でした(笑)座禅中のルールとして裸足になること必須。
 (143952)

この日、初座禅会ということで、教学部長より直筆の御朱印をいただきました。これも早起きは三文の徳!といったところでしょうか。
 (143953)

 (143954)

方丈前。どういうわけか、こんな雪の造形美。
 (143955)

南禅寺境内の中でも人気スポット・水路閣。
紅葉時期には赤々と彩りを与えていたもみじが、レンガ造りのアーチを白銀に。白にも映える水路閣。
 (143956)

参道も。
 (143957)

京都三大門の一つである三門。
歌舞伎狂言「桜門五三桐」で、大盗賊石川五右衛門が満開の桜を眺めながらの放った一言「絶景かな絶景かな~」はあまりにも有名。おそらく、この雪景色の境内であっても、このセリフ回しだったことでしょう。
 (143958)

まるで雪が葉の代わりになったような、にぎやかな枝ぶり。
 (143959)

まるで、後光が差すように、東の空から日が輝き出し、雪に光沢を与えていました。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018京都紅葉最新】赤く染まった境内はすっかり落葉して冬支度!今年最後の座禅会では御朱印も☆「南禅寺」

【2018京都紅葉最新】赤く染まった境内はすっかり落葉して冬支度!今年最後の座禅会では御朱印も☆「南禅寺」

岡崎、東山界隈にある人気紅葉スポット。すでにピークは過ぎ落葉し、境内はすっかり冬支度の様相。今年最後の暁天座禅会では御朱印も授かりました。12月9日の様子。
【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

京都屈指の観光名所。紅葉シーズンは特に人気のスポット。そんな南禅寺で毎月第2・4日曜日に開催される無料で参加できる暁天座禅会。深まる紅葉を借景に座禅を組む、素晴らしい体験。
【京都朝活めぐり】早起きは三文の徳!台風一過の爪痕残る南禅寺で無料座禅会☆

【京都朝活めぐり】早起きは三文の徳!台風一過の爪痕残る南禅寺で無料座禅会☆

京都朝活の元祖といえば、禅寺で定期開催される座禅会。8月の夏休みを終え、9月からまた座禅会再開。猛威を振るった台風21号の爪痕も境内に残る。
【京都南禅寺】早くも桜から新緑へ!水路閣の青モミジが眩しい!!早朝にマイナスイオンチャージ☆

【京都南禅寺】早くも桜から新緑へ!水路閣の青モミジが眩しい!!早朝にマイナスイオンチャージ☆

早朝の南禅寺。桜の名所として有名で、すでにシーズンは終了してしまいましたが、今度は新緑シーズンに突入。すでに新しい息吹が境内には湧き上がり、早朝から心身ともにエネチャージ。
【京都お寺ぶらり】真夏の観光は早朝に!涼やかな水路閣が吉◎石川五右衛門の三門でもおなじみ「南禅寺」

【京都お寺ぶらり】真夏の観光は早朝に!涼やかな水路閣が吉◎石川五右衛門の三門でもおなじみ「南禅寺」

猛暑続きの京都で涼やかな時間帯、早朝を選んで朝活。岡崎の人気観光スポット南禅寺へ。ぶらり散策して、夏らしい風景を堪能してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな