2019年4月17日 更新

【京都和菓子めぐり】歌舞伎発祥の地・南座で昨年オープン!春の舞い『都をどり』も華やぐ老舗銘菓☆「虎屋菓寮」

おおきに~豆はなどす☆今回は昨年リニューアルオープンした京都四条南座に入店した老舗銘菓とらやの菓寮。南座内にあるため、現在春の風物詩『都をどり』も公演中。行ってきました。

老舗銘菓とらやの四条店が新南座へ

 (148867)

四条通り。日本最古の劇場である京都南座。
昨年10月リニューアルオープンを果たし、そのお披露目として総勢70人の歌舞伎役者が四条通りを歩いた『お練り』は記憶に新しくもあり。

 (148868)

そんな南座で、現在春の風物詩である祇園甲部『都をどり』の公演中。
ちょうど上演前だったらしく、入り口では多くの方が入場されていました。
 (148869)

で、かつて四条御幸町あたりにあった四条店が移転してこちら南座へ。

入居されたことは知りつつ、観劇しないと利用できないものと思っていましたが、誤解してました(笑)お店の方に聞くと、大和大路に入り口があり、そこからどなたでも入店できます、と。

 (148870)

この界隈、わりと英語表記のお店も多く、祇園という土地柄外国人観光客も多いですからね。こんな看板も。
 (148871)

桜をあしらったメニューもあり。
 (148872)

店内はちょうど昼時。そして、都をどり上演中。そんなこともあり、貸切状態(笑)落ち着いた和モダンな内装で、一条店の菓寮にも共通するテイストを感じました。
 (148873)

店内一番奥には南座の劇場ロビーに通じる入り口が。
ここから先へはチケット持参でないと入場できません。当然ですが。

それでも、この時は都をどりのお囃子が店内にいても聞こえてきて、贅沢な生演奏BGMに(笑)
 (148874)

再びメニューチェック。季節限定メニュー、この時はよもぎ餅。
 (148875)

こちらも限定メニューみたいです。桜羊羹プレート。
春らしいメニューなので、こちらを煎茶とともに注文。1350円。
 (148876)

以前、顔見世興行の時、幕間弁当として場内で販売していたレストランよねむら監修の南座弁当。こちら、歌舞伎や舞台公演中はここでも食べられるそうです。

 (148877)

で、しばらく都をどりの御三味線の音を聞きながら待っていると、桜羊羹プレートが登場。
想像以上に可愛い(笑)
 (148878)

あらかじめ、お茶碗にはすでに湯冷まし中のお湯が注がれていて、急須に注いで1分半おいたら飲みごろ。
 (148879)

再び、お茶を注いで完成の画。
 (148880)

じつは、今までわりと単色の羊羹しかあまり頂いたことがなかったのですが。
この四角い中に創業400年の老舗銘菓の菓子作りの技が詰まったような、そんなことも見て取れる羊羹。圧倒的な独創性。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】期間限定の栗バブルのぜんざいは必食!繁華街・四条河原町のオアシス「永楽屋」

【京都和菓子めぐり】期間限定の栗バブルのぜんざいは必食!繁華街・四条河原町のオアシス「永楽屋」

京都イチの繁華街四条河原町にある和菓子や佃煮を販売する、比較的古いお店。その二階にある甘味処では期間限定の栗ぜんざいが絶品。
【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

以前お花見の時に友人が持参してて、なんてカワイイ花見だんご!さすが祗園!!と皆絶賛。創業300年の老舗京菓子店で、名物くずきりでおなじみ。今回は季節限定の三色だんごです。
【保存版】秋旨し!旬の味覚!!京都オススメの栗スイーツ☆【厳選6店】

【保存版】秋旨し!旬の味覚!!京都オススメの栗スイーツ☆【厳選6店】

おおきに~豆はなどす☆秋本番。秋の味覚が美味しい季節到来。そこで、栗を使った京都オススメスイーツを集めてみました。
【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。御所西にあるとらやの菓寮へ、秋の味覚・栗を使ったメニューが続々登場。
【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな