2018年6月18日 更新

【京都坐禅体験めぐり】嵯峨嵐山の名所・世界遺産でゆっくりスタートの無料坐禅会☆「天龍寺」

京都・究極の朝活といえば坐禅体験。京都には禅寺が数多くあり、早朝坐禅会を実施しているお寺も。中でも、嵯峨嵐山の観光スポットとしても有名な世界遺産天龍寺でも坐禅会実施。参加してきました。

朝9時からゆっくりスタートの無料坐禅会

 (126901)

早朝6時到着の天龍寺。
この日は毎月第2日曜日に開催される坐禅会に参加しようとやってきました。
 (126902)

が、境内には人の気配が全くなく、会場も戸が閉まっていて坐禅会ホントに今日やるのか?という雰囲気。

で、あまりに不安になって天龍寺に電話してみると、9時スタート(汗)今まで7月の暁天坐禅会にしか参加したことがなく、その時は6時スタートだったことと、ネットで古い情報を見たらしく。

仕方なく、9時まで待つことに。
 (126903)

で、7月の暁天坐禅会場とは違う場所でした。こちらは初訪問。
 (126904)

ちゃんと看板出てました(笑)
 (126905)

友雲庵(ゆううんあん)。
龍門亭の東側に天龍寺の研究棟である精耕館(天龍寺史編纂所)をはさんで建つ建物。
 (126906)

中は2棟あります。
 (126907)

入ってすぐ靴を脱いで受付に。内1棟はわりとキレイに改装された建物で、ウォシュレット付トイレも完備。
 (126908)

こちらで受付。そして、坐禅会はもちろん無料参加で、経典と禅の講義資料をいただき奥へ。新しい方の建物の広間ですでに陣取る方も多数いましたが、奥の古い建物が気になりそちらへ。
 (126912)

禅堂ですかね。
 (126920)

中に入るとすぐ天井から伸びる仏壇に仏像が祀られ、まず参拝。
そして、上段に設えらえた畳の間に坐禅用の座布団へ。

最初雲水さんが坐禅会の流れややり方を説明。
途中5分ほどのトイレ休憩を挟み、30分くらいですかね、2回の坐禅タイム。2回目の坐禅中、警策を持って雲水さんが合掌すると叩いてくれます。両肩3回ずつ。
 (126911)

終了後は手前の広間で坐禅講座。
 (126910)

今回は坐禅会だけ参加で、講座不参加でしたが、まず経典を合唱して、その後資料参照しながらの講座。

やはり、静かで落ち着いた立地のお寺なので、瞑想も集中してできました。9時スタートということで、わりと早起きもハードル低め。観光ついでに参加するのもいいかもしれませんね。

ヨ~イヤサ~♪

天龍寺 坐禅会 への口コミ

詳細情報

会場:天龍寺・友雲庵(ゆううんあん)
   (京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68)
電話番号:075-881-1235
開催日時:毎月第2日曜日
     午前9時~1時間の坐禅会
     午前10時~天龍寺専門道場師家・佐々木容道老師の禅の講義
     (7・8月については7月最終の土日の暁天講座に。2月は休み)
参加費:無料
詳細サイト:http://www.tenryuji.com/precincts/index.html#zendou

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな