2016年10月21日 更新

【京都市中央卸売市場】映画話題作『築地ワンダーランド』に負けてません!日本最古の中央卸売市場!!【丹波口】

こんな大風呂敷広げていいんでしょうか、と思えるタイトル(笑)日本が世界に誇る築地市場。もちろん出荷数、取引金額では完敗です。でも、古さでいうなら日本一!そう、我らの京都市中央卸売市場。

今話題の築地市場の映画『築地ワンダーランド』

 (59301)

京都新京極商店街内の映画館・ムービックス京都。
 (59300)

最近何かと話題の築地市場。で、その築地市場をテーマにしたドキュメンタリー映画『築地ワンダーランド』が絶賛上映中。早速観てきました。

ネタバレにならない程度に解説すると、築地市場で働く仲卸と料理人からいろんな声を広い、築地市場の他に類を見ない独特の世界感を表現した映画。
 (59358)

これは、以前築地市場がもうなくなってしまう!とわかってから、ぜひ見学にと行った時のもの。築地では観光客向けに早朝の競り場を見学できるツアーを無料で実施。

大半が外国人観光客でしたが。あの独特の世界感は外国人にとっても興味深いんでしょうね。
 (59359)

ちょうど、マグロの競り場見学。競りを行う前の品定めタイム。
 (59360)

映画でも言ってましたが、ひっそりとしつついろんな駆け引きや妄想がそれぞれの仲卸業者の間で渦巻く瞬間。気楽な見学者にも、その殺気のようなものが伝わる不思議な時間。

映画でも終始そんな雰囲気が描かれていました。面白い映画でしたよ。

わが京都にも立派な中央卸売市場がありますがな!

 (59363)

京都市中央卸売市場は中央卸売市場法が1923年(大正12年)に公布したのを受け、1925年(大正14年)に開設許可を得て1927年(昭和2年)に全国に先駆け日本で最初の中央市場として開設。

鮮魚・塩干・青果などを中心に食料品全般を扱う総合食品卸売市場。
 (59365)

築地市場も同じような傾向だったりするんでしょうか。最近では産地直送流行りで、中央卸売市場を通さずに食材買う小売業者も増え、取引額も減少傾向と聞きますが。
いえいえ、新たな販路拡大に向け、京野菜を香港に出荷する試みも始まっています。

そして地元民レベルでは、市場の特性を活かしたイベントや広報活動もいろいろ実施。
 (59367)

毎月第2土曜日は「食彩市」が開催され、新鮮で安全・安心な市場の食材を仲卸業者から直接購入することができるイベントも。
普段の買い物とはまた違った独特な雰囲気。そして、物流の現場を知る貴重な機会。一度足を運んでみてはいかがですか?

ヨ~イヤサ~♪

京都市中央卸売市場 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都駅前】京都市内一望!地上100メートルの展望室から初日の出も!!元旦早朝から初のぼり☆「京都タワー」

【京都駅前】京都市内一望!地上100メートルの展望室から初日の出も!!元旦早朝から初のぼり☆「京都タワー」

京都駅のランドマーク・京都タワー。地上100メートルの天空から京都市内を一望できるベストビュースポット。そんな京都タワー、元旦早朝から営業し、初日の出も見れるとか。
カニ鍋や伊勢海老鍋も1杯300円!京都の一大イベント「鍋まつり」中央市場で11月23日開催!

カニ鍋や伊勢海老鍋も1杯300円!京都の一大イベント「鍋まつり」中央市場で11月23日開催!

京都の食生活を支える京都市中央市場にて、今年も「鍋まつり」が開催されてます。日時は11月23日、11時~14時まで!カニ鍋や伊勢海老鍋などめっちゃ美味しいお鍋は、ほとんどが300円!これは行くしかありません!
喫茶カレーの革命児★ルーのダムにダイブ★華麗なるカレー★喫茶NASU(キッサナス)【丹波口】

喫茶カレーの革命児★ルーのダムにダイブ★華麗なるカレー★喫茶NASU(キッサナス)【丹波口】

セピア色のアダルティな空間で 艶やかに光ルーは 一種の美学かもしれない。 喫茶カレーの K点を超えた傑作。 いつも変わらない肩肘 張らないホスピタリティ。 最強カレーに拘りの アイスコーヒー。 夏にこそいただきたい パワフルな一皿と涼をもたらす 一杯を。
目の前の鉄板で焼く名物餃子が旨い!中央市場近く「ラッキー餃子センター」

目の前の鉄板で焼く名物餃子が旨い!中央市場近く「ラッキー餃子センター」

京都市中央卸売市場近くにオープンした「ラッキー餃子センター」。2017年5月オープンですが、連日大盛況の人気大衆中華料理店です。
【京都中央卸売市場】入場無料!古都・京都の食文化を学ぶ☆京の食文化ミュージアム「あじわい館」

【京都中央卸売市場】入場無料!古都・京都の食文化を学ぶ☆京の食文化ミュージアム「あじわい館」

京都中央卸売市場内にある、入場無料施設。京都の食文化を広く深く学べる施設。料理教室も開催され、京都の有名料理人が講師を務め人気。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな