2019年10月4日 更新

【保存版】ママ必見!子どもとお出かけにオススメの「無料」で楽しめる公園・施設10選!

家族でのお出かけ、子連れのお出かけにオススメの、10歳くらいまでの子どもたちがいっぱい楽しめて、さらに利用料無料の公園や施設をまとめました。

JR梅小路京都西駅からすぐ『梅小路公園』…(南区)

 (165260)

2019年3月にJR梅小路京都西駅ができて、ますます行きやすくなった『梅小路公園」。七条通に面した七条入口広場に駐輪場があり、一定時間、自転車とバイクを無料でとめることができます。

自転車駐輪場 0時~24時 入庫から3時間まで無料 3時間を過ぎると1日1回150円
バイク駐輪場 0時~24時 入庫から1時間まで無料 以降2時間ごとに100円を加算
 (165259)

七条入口広場から入ってすぐの「すざくゆめ広場」には、長さ14mのすべり台や、高さ6mのロープ型ジャングルジムなどちびっこ達がカラダをいっぱい使って遊べる遊具がいっぱい。
 (165261)

園内を奥に進めば、広大な芝生が広がる「芝生広場」が。こちらバーベキューなど火気使用は厳禁ですが、お弁当などの持ち込みはok! 家族でピクニックするのにぴったりの場所です。

名称:梅小路公園
住所:京都市下京区観喜寺町56-3

コンパクトな敷地に複合遊具が充実!『田辺公園こども広場』…(京田辺市)

 (165264)

近鉄「新田辺」駅から歩いて20分ほどの場所にある田辺公園の一角に「こども広場」があります。敷地自体はそれほど広くはありませんが、広すぎないほうが、目が行き届いてママには安心ですよね。

写真は、人気の遊具「スライダー」。思ったよりスピードが出ます!段ボールなどを持ってきて、下に敷くとさらにスピードアップ!
 (165265)

こちらの写真は「リングトンネル」。上下左右にくねくねしたロープのトンネルが伸び、遊び応え満点です。ほかにアスレチック機能がついた多目的遊具もあります。近くにトイレ完備、台数は少なめですが、無料駐車場ありとママにやさしい施設です。

名称:田辺公園内 子供広場
住所:京田辺市田辺丸山8

京都府内最大級の公園!『太陽が丘』…(宇治市)

 (165268)

JR宇治駅からギリギリ徒歩圏内の『太陽が丘』。正式名称は「京都府立山城総合運動公園」。駐車場も完備されています。陸上競技場や体育館、野球場、プールなどがあり学生スポーツのメッカですが、子どもが遊べる公園ゾーンもあります!

それが、なんと26ヘクタールもある「冒険の森」。写真はアスレチック遊具のジャングルネットです。
 (165269)

こちらは長さ43メートルのロングすべり台。長いですが、2段構えになっているのでお子さんでも安心。山の中のすべり台は爽快ですよ!
 (165270)

3歳〜5歳くらいの未就学児や小学校低学年の小さなお子さんには、第二駐車場の裏手の「遊びの森」がオススメ。アスレチックジムも大人の身長くらいの高さです。
 (165271)

「遊びの森」で子どもたちに一番人気があるのが、トンネル式すべり台「タイムトンネル」。視界が閉ざされ、角度もありスピードがでるためスリル満点です。

名称:太陽が丘(京都府立山城総合運動公園)
住所:宇治市広野町八軒屋谷1

ダイナミックなアスレチックが魅力『鴻ノ巣山公園』…(城陽市)

 (19151)

JR「城陽」駅または近鉄「寺田」駅からバスで行ける自然たっぷりの『鴻ノ巣山公園』。広大な大芝生広場と140mのローラースライダーがこの公園が目玉です♪
 (165274)

アスレチック「バンクーバー砦(とりで)」。姉妹都市アメリカのバンクーバー市にあるバンクーバー砦をモチーフした大迫力のアスレチック。駐車料金も2時間までは無料ですよ。

名称:鴻ノ巣山公園
住所:城陽市寺田奥山1番地

楽しい体験プログラムで防災を学ぶ『京都市民防災センター』…(南区)

 (19156)

国道十条の交差点の少し北にある『京都市民防災センター』。 子どもも大人も一緒に楽しみながら防災について学び体験できる施設です。ゲーム感覚で楽しめるように工夫されています。
 (19155)

4Dシアターで、せまりくり水からの脱出をゲーム感覚で学べたり、地震や強風の怖さを体験を通して学ぶ施設もあります。
もちろん入館料は無料、駐車場も多くはありませんが用意されているのもうれしいですね。

名称:京都市民防災センター
住所:京都市南区西九条菅田町7

伏見桃山城裏の隠れたお出かけスポット『伏見北堀公園』…(伏見区)

 (19189)

桃山城のちょうど裏側に位置する「伏見北堀公園」。桃山城の掘の遺構を利用したのんびりとした公園で、犬の散歩や、ジョギングなど、みなさん思い思いに活用されています。
 (165316)

園内には、お子さん用の遊具が設置された「トリム広場」があります。ここの目玉はなんといっても石でできた「巨大5連すべり台」。下から見上げると結構な高さがありますが、途中で平らな場所があるので、ある程度の年齢に達したお子さんなら一人でも大丈夫!

名称:伏見北堀公園(伏見北堀公園地域体育館)
住所:京都市伏見区深草大亀谷五郎太郎23

がっつり遊んで帰りは爆睡!『八幡市民スポーツ公園』…八幡市

 (165394)

『八幡市民スポーツ公園』へは、第二京阪道路の側道(国道1号バイパス)の八幡上津屋交差点を東へ道なりに進むとたどり着きます。車もしくは、近鉄京都線・「新田辺」駅発か京阪本線・「八幡市」駅発のバスをご利用下さいね。
いきなり目玉のアスレチックをご紹介しちゃいましょう!コンビネーション遊具と呼ばれるこちら、いろんな仕掛けが隠されていて、子どもたちは大満足!
 (165396)

小さいお子さん向けの遊具もあります。
 (165397)

1周250mのトラックコースは、道がゴムチップ製。小さなお子さんの自転車の練習場所としても使われています。

名称:八幡市民スポーツ公園
住所:京都府八幡市野尻正畑12

川遊びからアスレチックまで大自然で楽しむ『アクトパル 宇治』…(宇治市)

 (165315)

京滋バイパスの笠取インターから車で5分ほどの場所にある『宇治市総合野外活動センター アクトパル宇治』。キャンプ場やグランドグルフ、宿泊施設のある広大な野外活動施設です。大自然に囲まれた緑の入り口が迎えてくれます。



 (165314)

南北に広がる広大な敷地
。結構歩きますので、スニーカーなどの歩きやすい靴は必須です。子どもと一緒に行くなら特にオススメなのが「冒険とりで」「観察の森」「川の広場」。「川の広場」では敷地内にながれる笠取川に入り、水遊びをしたり、水中の生き物を観察したりできますよ。
 (19193)

「冒険とりで」は、森の中の本格的なアスレチックジム。子どもが大好きなすべり台「ローラースライダー」もありますよ。グランドゴルフなど有料の施設もあり、1日中楽しめるおでかけスポットです。

名称:宇治市総合野外活動センター アクトパル宇治
住所:宇治市西笠取辻出川西1番地

かわいい動物に会える!『子ども動物園』…(八幡市)

 (19262)

『子ども動物園』は、八幡市のお花見スポットとして知られる「さくら公園」に併設されている”小さな”動物園です。
入園料は八幡市民ならすべて無料、八幡市民以外も4名以下での入場は無料です。駐車場も広くはありませんが用意されているのでほとんど無料で楽しめる動物園です♪
 (19263)

園内には、ミニチュアホース、やぎ、うさぎ、モルモットや白鳥、インド孔雀などがゆったり生活しています。大きな動物園にはないのんびりとした空気が流れていますね〜。

名称:八幡市 子ども動物園
住所:八幡市男山美桜18

景色も美しい『けいはんな記念公園』…精華町

 (165386)

京都府と奈良県との県境、精華町にある『けいはんな記念公園』。精華学研インターチェンジからすぐの場所にあります。ゴルフ場か?と思ってしまうくらい広い敷地の広場があり、家族でボール遊びやフリスビーなどのびのび楽しめます。もちろん遊具も完備!写真は子どもが大好きなターザンロープ。!
 (165387)

ロープのトンネルが楽しいアスレチックジム。遊具と遊具の間も距離も広くて、とにかくのびのび。
 (165388)

敷地内には、竹林、梅林、小川が流れる里山を再現した谷あいゾーンも。懐かしい風景に、大人も癒されます。有料(入場料200円)区間には、回遊式日本庭園「水景園」には喫茶店も併設されていますので、遊び疲れたら、こちらで休憩するのもありですよ。

名称:けいはんな記念公園
住所:相楽郡精華町精華台6-1
いかがでしたでしょうか?週末のおでかけ、子連れで楽しめて、しかも無料のスポットに注目してみました。随時更新していきますので、お楽しみに〜!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部