2019年3月22日 更新

【京都】春限定の御朱印と見頃の椿「霊鑑寺」の特別公開

都の霊鑑寺では、椿が見頃を迎えています。3月21日からの春の特別公開に合わせて、この春限定の御朱印が登場します。4種類の御朱印はどれも本物の椿に負けないぐらいの鮮やかさで、金字の筆が限定らしい特別感を与えてくれます。

桜に先駆けて京都の春、気品ただよう満開の椿

日本列島も南から桜の開花情報が聞こえてくるようになりました。春の陽気が待ち遠しいこの時期、満開の桜に先駆けて、京都の霊鑑寺では椿が見頃を迎えています。3月21日からの春の特別公開に合わせて、この春限定の御朱印が登場します。4種類の御朱印はどれも本物の椿に負けないぐらいの鮮やかさで、金字の筆が限定らしい特別感を与えてくれます。
御朱印4種

御朱印4種

個人的には、紺色の台紙に金字の日光椿(じっこうつばき)と月光椿(がっこうつばき)の筆がはいったものが、お気に入りです。
 (147936)

・見開きサイズ:各500円 通常サイズ:各300円
 ※書置きでのご準備になります。数に限りがあります。
 (147938)

そして、お庭の椿は今まさに見頃を迎えています。もちろん、まだ蕾のものや散ってしまったものなどもありますが、ご自身が訪れた際に、お庭の中でも一番きれいな椿を探してみてください。
また、その時には忘れずに足元にも目線を向けてください。実際のお庭でみる椿の魅力は、必ずしも咲いている状態だけではありません。緑の苔の上の椿も鮮やかな色のコントラストを楽しませてくれます。
 (147939)

このコントラストは、晴れの日だけではなく、雨の日にも、一層の深みをみせてくれます。雨によって水分をしっかりと吸収し、鮮やかさと艶やかさをまとった苔は、散った椿を優しく包み込むような奥ゆかしさを感じさせてくれます。
 (147941)

 (147942)

空の青、苔の緑、そして色鮮やかな椿、この組み合わせこそが、実際にお寺でお庭を鑑賞できる特別拝観の魅力のひとつだと思います。

基本情報

名称:霊鑑寺
住所:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町
特別公開期間:2019年3月21日(木・祝)〜4月7月(日)
拝観時間:10:00~16:30(16:00受付終了)
拝観料:大人600円/小学生300円
※15名以上の団体は1割引(大人540円/小学生270円)
アクセス:
京都駅から市バス5系統「真如堂前」下車徒歩約5分、
もしくは市バス100系統「宮ノ前町」下車徒歩約5分

※法要等により拝観できない日や時間等が生じる場合があります。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【霊鑑寺】金色の障壁画と緑豊かな庭園 特別公開の楽しみ方

【霊鑑寺】金色の障壁画と緑豊かな庭園 特別公開の楽しみ方

特別公開中の霊鑑寺の、椿の魅力を観光協会担当者の目線でご紹介します!
【春の京都】 椿のおもてなし「霊鑑寺」春の特別公開から

【春の京都】 椿のおもてなし「霊鑑寺」春の特別公開から

春の京都のフォトジェニックは桜だけではありません。特別公開中の霊鑑寺の、椿の魅力を観光協会担当者の目線でご紹介します!
門をくぐれば、そこは別世界 春が待ち遠しい「霊鑑寺」の特別公開【京都】

門をくぐれば、そこは別世界 春が待ち遠しい「霊鑑寺」の特別公開【京都】

2019年 京都市観光協会 春の特別公開 霊鑑寺の魅力を、観光協会担当者の目線でお伝えします!
【京都お寺めぐり】白砂壇の砂絵は桜!冬の終わり告げる椿もぽたり☆鹿ケ谷「法然院」

【京都お寺めぐり】白砂壇の砂絵は桜!冬の終わり告げる椿もぽたり☆鹿ケ谷「法然院」

おおきに~豆はなどす☆今回は鹿ケ谷にある法然院。静寂に包まれた雰囲気が人気のお寺。冬の終わりを告げるように、名物白砂檀には桜の絵柄が描かれ、境内には椿が落花。
【京都新緑めぐり】八重桜も終盤の桜の名所『哲学の道』で見つけた珍土産☆苔の八百鉢「苔ポン」

【京都新緑めぐり】八重桜も終盤の桜の名所『哲学の道』で見つけた珍土産☆苔の八百鉢「苔ポン」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は今シーズンの桜終了間近の名所『哲学の道』で見つけた、ちょっと珍しい苔盆栽。お土産や贈り物としても最適。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都市観光協会 京都市観光協会