2019年6月12日 更新

朝の禅寺 坐禅とヨガ体験 ~入門編~ [京の夏の旅]

朝ヨガで心もカラダもリフレッシュ!朝の禅寺でヨガなんていかがでしょうか。

朝の禅寺 坐禅とヨガ体験

盆地である京都の夏はとても暑い!京都には行きたいけれど、暑いのは嫌だなあ~と思う方も多いのでは?
そんな方におススメの朝のイベント「朝の禅寺 坐禅とヨガ体験~入門編~」をご紹介します。

会場は紅葉で有名な東福寺の塔頭寺院(大きなお寺の子院)勝林寺。JR東福寺駅から歩いて徒歩8分でアクセスも便利です。
本堂

本堂

まずは本堂にてご住職のお話をお聞きし、坐禅(約15分)で心を落ち着かせます。ご住職は歌舞伎役者の「●●蔵」さんにとても似ていらっしゃいますので、初めてお会いする方はドキドキしてしまって心が落ち着かないかも⁉
坐禅イメージ

坐禅イメージ

坐禅のあとは、本堂の北側にある建物に移動してヨガ体験(約1時間)を行います。会場はエアコン完備なので涼しく快適に体験いただけます。今回は入門編ということで、インストラクターの先生が丁寧に教えてくださいますので、初心者の方でも気軽にご参加ください。もちろん経験者も大歓迎です。
ヨガは夏バテ解消、ダイエットにも効果があるとも言われていますので、1時間みっちり頑張りましょう!
ヨガ体験イメージ(実際の会場とは異なります)

ヨガ体験イメージ(実際の会場とは異なります)

ヨガ終了後、解散となります。心もカラダもリフレッシュした後は、京都観光など、思い思いの時間をお楽しみください!なお、近くには京都青窯協同組合で陶芸体験も。今ならとくとくサービスでクーポンも配布していますので、かしこく観光を楽しんでみては?

イベント概要

イベント概要
開催日:7月13日(土)・14日(日)・15日(月・祝)・20日(土)・21日(日)の5日間、
時 間:11:00~13:00頃(所要時間 約2時間)
会 場:東福寺 勝林寺
定 員:各日20名(最少催行人数10名)
料 金:各日3,000円
内 容:ご住職によるお話、坐禅体験、ヨガ体験
※小学生未満の方は参加不可
問合せ:京都市観光協会 075-213-1717

京都市からお知らせ

京都市では日中の混雑を避けた時間帯に京都観光を楽しんでいただくことを目的に今回ご紹介したイベントのような「朝観光・夜観光」を推進しています。特に夏は日中と比べて過ごしやすい朝と夜の時間を有効活用する観光がオススメです。
7月~9月開催の「京の夏の旅」キャンペーンでは、文化財特別公開やテーマにあわせて快適便利に京都を巡る定期観光バスコース、「伝統産業・文化」「京の食文化」そして「朝観光・夜観光」の3つのテーマで京都の夏ならではのイベントを多数開催しますので、ぜひご参加ください!詳しくはホームページをご覧ください。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都坐禅体験めぐり】屈指の青もみじの名所!日本最大最古の禅堂で貴重な体験☆「東福寺」

【京都坐禅体験めぐり】屈指の青もみじの名所!日本最大最古の禅堂で貴重な体験☆「東福寺」

この時期は特にオススメです。京都屈指の紅葉や青もみじの名所・東福寺。そこで早朝行われる参加費無料の日曜坐禅会。ちょうど青もみじのシーズン真っ盛りの中、日本最大最古の禅堂で貴重な坐禅体験ができます。
東福寺の勝林寺で鮮やかな花手水を楽しもう【フォトジェニック】

東福寺の勝林寺で鮮やかな花手水を楽しもう【フォトジェニック】

東福寺塔頭勝林寺で人気の花手水が、土日限定で楽しむことができます。(7月中旬までの予定)カラフルな花々に癒されてみませんか?
m.m
夏の京都観光の楽しみ方を1冊に! 「京の夏の旅」冊子の配布スタート!

夏の京都観光の楽しみ方を1冊に! 「京の夏の旅」冊子の配布スタート!

夏の京都の楽しみ方を30ページ1冊にまとめました。今回はその中から厳選して楽しみ方のポイントをご紹介します。
心も身体も少し楽になる。京都で体験する「夜空の坐禅」

心も身体も少し楽になる。京都で体験する「夜空の坐禅」

夕暮れから夜にかけてのドラマチックな時間、静かな境内で坐禅を組むと、草を揺らす風の音が。お坊さんの穏やかな語り口に、心も身体も少し楽になる。どうぞ、今日は仕事を切り上げて夜のお寺に来てみませんか。 今秋よりおすすめ京都体験がご提案する、新しい自分時間の過ごし方です。
【京都お寺ぶらり】真夏の観光は早朝に!涼やかな水路閣が吉◎石川五右衛門の三門でもおなじみ「南禅寺」

【京都お寺ぶらり】真夏の観光は早朝に!涼やかな水路閣が吉◎石川五右衛門の三門でもおなじみ「南禅寺」

猛暑続きの京都で涼やかな時間帯、早朝を選んで朝活。岡崎の人気観光スポット南禅寺へ。ぶらり散策して、夏らしい風景を堪能してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都市観光協会 京都市観光協会