2017年6月29日 更新

京都人が6月30日に食す和菓子・水無月!小豆の和菓子ならここが天下一品!!創業130年老舗「仙太郎」

明日6月30日は夏越の祓(なごしのはらい)。正月から六月までの半年間の汚れを祓い清め、残り半年も無事過ごせるよう願う神事。その日に合わせて食べる和菓子が『水無月(みなづき)』。老舗和菓子店に行ってきました。

6月30日は水無月を食べる日!

 (84917)

山科駅から旧三条通を西へ。創業130年の老舗和菓子店「仙太郎」があります。本店は四条寺町下がったあたりにあり、百貨店のデパ地下にも出店。とくにデパ地下では人気でいつもお客でにぎわっています。

ここ山科店は比較的空いてますが、この日は次々とお客が来店。車横付けで買いに来たり。
 (84918)

いろいろお品書きがありますが。
 (84922)

続々とやってくる大半のお客のお目当てはこれ。この季節の和菓子といえば、水無月(みなづき)。そして、6月30日は水無月を食べる日。
 (84923)

京都では6月30日、夏越の祓(なごしのはらえ)に和菓子・水無月を食べる習慣があります。1年のちょうど折り返しにあたる6月30日にこの半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事が京都のいろいろな神社で執り行われ、その時に食べるのが水無月。
 (84919)

おそらく当日はもっとお店がごった返すほどだと思います(笑)
こちらでは、ういろう部分がノーマルの白、黒糖、抹茶味があり、黒糖に関しては7月半ばまでの販売だそうです。
 (84921)

で、仙太郎といえば、最中です。とにかく小豆、あんこ系は仙太郎が天下一品だと個人的には思います。
 (84924)

他にも季節の和菓子、茶だんごやくず餅も美味しそう、というか美味しいんですが(笑)
 (84925)

若あゆやどら焼きもあります。

フライングゲット

 (84926)

で、早速買ってきて食べてみます。フライングですが(笑)
 (84927)

包装紙、みなづき仕様になってます。
仙太郎の和菓子のテーマは『身土不二』。
身土不二とは、仏教用語で「身」(今までの行為の結果=正報)と、「土」(身がよりどころにしている環境=依報)は切り離せない、という意味。そしてそれは、地元の旬の食品や伝統食が身体に良いということ。なので、素材も丹波、近江、大和、但馬など比較的京都から近い産地から取り寄せていて、保存料不使用。消費期限も当日。
 (84928)

そして、水無月についての説明書きが裏面に。
他の和菓子もそうですが、こんなふうに由来や季節との関わりをいつもリーフレットで教わります。京都の歳時記と切っても切れない関係であることを、こちらの和菓子からいつも教わります。
 (84930)

そして、3種類買ってみました。どれも1個210円。
こちらはノーマルタイプ。
 (84931)

抹茶タイプ。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

創業130年の京都老舗和菓子!お彼岸に名物青しそ入りぼた餅!!ご先祖への感謝をこめて☆「仙太郎」【山科】

創業130年の京都老舗和菓子!お彼岸に名物青しそ入りぼた餅!!ご先祖への感謝をこめて☆「仙太郎」【山科】

お彼岸の御仏前へのお供えとして、この時期の季節菓子となる和菓子。今回は京都老舗和菓子で有名な仙太郎のぼた餅を買ってみました。
【まとめ】6月30日は和菓子・水無月(みなづき)を食べる日!京都オススメの和菓子店【4店】

【まとめ】6月30日は和菓子・水無月(みなづき)を食べる日!京都オススメの和菓子店【4店】

京都では6月30日、夏越の祓(なごしのはらえ)に和菓子・水無月を食べる習慣があり、最近では全国的にもそれが広がっているようです。今回は京都オススメの美味しい水無月をまとめてみました。
【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

【京都ランチめぐり】創業150年の和菓子店営む野菜たっぷりボリュームランチ!大人気カフェ「伊藤軒」

伏見、国立病院スグの場所にある、創業150年の老舗和菓子店が営む野菜メニューを中心としたカフェ。和菓子店ならではな構成とヘルシーながら食べごたえある野菜料理で連日女性客を中心に人気。行ってきました。
【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

もう6月に入りました。6月の和菓子といえば、水無月。京都では6月30日に水無月を食べる習慣があります。清水寺にほど近い老舗店の水無月を一足お先に頂きました。
【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。御所西にあるとらやの菓寮へ、秋の味覚・栗を使ったメニューが続々登場。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers