2019年9月3日 更新

【京都ぶらり】町の区画にある細い通り『辻子』☆著名な茶人にちなんだ地名「了頓図子(りょうとんずし)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は俗に『碁盤の目』と言われる、京都の町に存在する細い通り。著名な茶人名が地名となった『辻子』。

室町通から新町通間、三条から六角を抜ける細い道『了頓図子』

 (162284)

平安京以降、条坊制度により町の区画がなされ、俗に碁盤の目状に都市整備されていることは広く知られています。通り名の唄など、順番に並んだ通り名を覚えていれば、ある程度位置関係が把握できるなど、わかりやすくもあり。

そんな碁盤の目の中にも例外の通りがあります。『路地(ろーじ)』や『辻子(図子)』と呼ばれる細い道。
 (162283)

そもそも平安京の条坊制度の区画では正方形が基本。それが商業の発展や武家屋敷、寺院の移転に伴い新たな通りが誕生。それが路地(ろーじ)や辻子(図子)と言われていますが、ざっくりとした認識として路地は袋小路、辻子は通り抜け可、ということになっていますが、そのとらえ方は様々。
今回は後者・辻子にあたる道。

こちらは六角通を東へ。新町通から室町通へ向かって歩いていると、ちょうど中間あたりに南北に走る100メートルほどの細い道があります。ここを上がってみます。
 (162285)

現在では衣棚通になってますが、かつて著名な茶人の屋敷があったことから『了頓図子(りょうとんずし)』とも呼ばれています。

かなり細い通りで、車1台ギリギリ通れるくらいの幅。この町内の方はここから車の出し入れされてるみたいですね(汗)

 (162286)

そして、途中こんな駒札と石柱が。
 (162290)

かつて、この界隈は桃山期の著名な茶人、廣野了頓の屋敷があった場所。

廣野家は足利家の従臣であり、義晴、義輝の時代にこの地を領有。その末裔である廣野了頓は、ここに茶亭を構え、茶道を広めました。


 (162288)

豊臣秀吉や徳川家康が入洛時に、了頓邸を訪れるような関係だったことから、明治に及ぶまで、了頓家は繁栄。

面白いエピソードとして、了頓の遺志により、夜間以外は町人たちに屋敷内を自由に通行させたという逸話が残っており、その頃から辻子(図子)の役割を果たしていました。

今ではどちらかというと『衣棚通』として知る人の方が圧倒的に多いですが、町名にも残る歴史ある細い道。ぶらりと歩いてみるのも面白いですよ。

了頓図子 へのツイート

基本情報

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都建物探訪】山鉾町の大正ロマン風ベンガラ色京町家!京都初設置のレトロなポストも☆「旧平井産業(新町1888)」

【京都建物探訪】山鉾町の大正ロマン風ベンガラ色京町家!京都初設置のレトロなポストも☆「旧平井産業(新町1888)」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は祇園祭・山鉾町にある建物。ベンガラ色の京町家に大正ロマン風のステンドグラスが異彩を放つ。
【2019京都祇園祭後祭】約200年ぶりに山鉾巡行登場で大注目!創始1150年記念限定御朱印も☆「鷹山」

【2019京都祇園祭後祭】約200年ぶりに山鉾巡行登場で大注目!創始1150年記念限定御朱印も☆「鷹山」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は今年193年ぶりに祇園祭後祭にて193年ぶりに山鉾巡行に参加することで注目を集める「鷹山」。保存会では授与品の販売開始。
【京都街角ぶらり】新京極通りの七不思議のひとつ!かつての平安京がよみがえる☆「たらたら坂」

【京都街角ぶらり】新京極通りの七不思議のひとつ!かつての平安京がよみがえる☆「たらたら坂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は新京極通りの七不思議とも言われている通称『たらたら坂』。かつての平安京の様子がよみがえる、突如現れる小さな坂。
【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」前編

【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」前編

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は市内南北を走る古い歴史ある通り。そして、かつて平安京の中央道・朱雀大路をも含んだ通り。北から南の端まで意外と長距離の千本通をめぐってきました。その前編。
【京都名石めぐり】三条京極界隈のランドマーク石!町名にもなった弁慶遺愛の石「弁慶石」

【京都名石めぐり】三条京極界隈のランドマーク石!町名にもなった弁慶遺愛の石「弁慶石」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は三条京極界隈のビル街にある弁慶ゆかりの名石。そのまま町名にも使われ、不思議な伝説の石。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers