2021年12月4日 更新

【京都発酵】老舗京漬物の変わり種『クリームチーズ西京味噌漬け』「本家こじま」

発酵で健康!京都発酵食品部です☆今回は上京区西陣エリアにある京漬物老舗。伝統的京漬物を中心に販売されている中、ちょっと変わり種の商品を見つけました。

ちょっとクセになる美味しさのお酒のアテ的おつけもん

 (215695)

上京区千本寺之内下がった西陣界隈。千本通には商店街がいくつかありますが、こちらは上千本商店街。千本通自体、わりと昭和風情を残す地元密着型のディープさが漂っていますが、ここまで上になるとさらに鄙びたディープさがあります。
 (215696)

たまたま所要で千本通を歩いていて、この界隈にも京漬物の老舗がいくつかあったな、と。
こちらは創業百有余年の昔からここ西陣を拠点に4代続くお店。ちょうど向かいには工場もある『本家こじま』。
 (215705)

そろそろ冬野菜シーズンで、師走にもなると進物用の千枚漬けシーズンだろうな、と思いつつ。まあ、この時期どこの京漬物店でも冬野菜の漬け込みシーズン突入ですが。
 (215706)

そんな中通り過ぎようとした時、偶然こちらを見かけ釘付け。老舗の京漬物店で『クリームチーズの西京味噌漬け』だと?基本、京漬物といえば、京野菜を中心に野菜を漬け込むものですが、それがクリームチーズを??と。
 (215697)

さっそく興味津々で入店。
 (215698)

 (215700)

店内には季節の野菜の浅漬けを中心に色とりどりのおつけもんが並んでいます。千枚漬けや壬生菜漬け、かぶら漬けなど季節らしい商品の数々。日野菜や赤かぶも。
 (215710)

こちらは酒粕で漬けた奈良漬けの類。ちょっと珍しいところでは守口大根がありますね。大阪・守口の伝統野菜で愛知県の名産品・守口漬とちょっと似た雰囲気ですが。長さ1メートル以上の細長さがその特徴。守口漬は樽にとぐろを巻くように収納して漬けられます。
 (215701)

わりとしっかりめの味わいの沢庵類も。養老沢庵とかちょっと個人的に懐かしいです(笑)
 (215699)

他、進物用も。
 (215711)

まあ、この時期は千枚漬け一択です。お店でも当然のように案内されてますが。このほか、お店ではぬか床づくり体験やお座敷でお茶漬けランチも提供されているようです。
 (215702)

そして、注目のクリームチーズの西京味噌漬け972円がこちら。円形チーズを切り分けたワンピースをイメージするパッケージ。

お店の方に聞くと、わりと若い方に人気で、もはや定番商品なんだとか。
 (215703)

 (215707)

原料となるクリームチーズはフランス産。それを味噌ベースの味噌床に漬けたような、そんなイメージ。販売者は本家こじまですが、製造者は滋賀の老舗メジャー漬物会社のやまじょう。うちの実家でも昔やまじょうから仕入れていた記憶があります(笑)日野菜漬けやら近江野菜の漬物には定評のあるメーカー。
 (215704)

中はこんな真空パックになっていて、味噌漬け状態に。
開封して取り出すと、クリームチーズがガーゼに包まった状態で味噌漬けになっています。味噌床を取り除きカット。
 (215708)

そうした状態のものがこちら。
オススメの食べ方に、サラダやパスタに混ぜたり、お酒のアテにとあり、家にあった発砲系の日本酒と合わせてみたところ、激ウマ。これはかなりの中毒性ある珍味的味わい。けっこう味噌の風味強めで西京味噌の甘みが加わり、お酒とのマリアージュも楽しめます。もともと発酵食品であるチーズにさらに発酵食品である漬物や味噌を合わせるとさらに美味しさが引き立つ、という取り合わせはもはや定番化しているとも言え、最初から絶対合わないはずがない、とは思っていましたが(笑)わりと濃厚な味わいですが、あっという間に完食してしまう美味しさ。呑兵衛大歓喜のアテですよこれは。老舗京漬物の異彩を放つクリームチーズの西京味噌漬け、お試しあれ!

詳細情報

名称:本家こじま
場所:京都市上京区千本通寺之内下る花車町473
電話:0120-461-540
営業時間:10:00~16:00
定休日:水曜・日曜・年始
公式サイト:https://honkekojima.co.jp/
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部

オススメの記事