2019年2月12日 更新

【京都ナイトの遊び方】屈指のナイトスポット祇園の遊び方徹底解剖!ちょい悪オヤジシリーズまとめ☆

おおきに~豆はなどす☆京都随一の夜の遊び場・祇園界隈。そこで、親子3代に渡り祇園や五花街に精通する通称『花街のドン』とご一緒させてもらい、夜の祇園をめぐるシリーズのまとめ記事になります。

待ち合わせ場所もスマートに☆創業100年老舗「レストラン菊水」

 (116406)

 (116407)

 (116408)

レストランとして食事するのはもちろんだが、夜の祇園へ赴く前の待ち合わせ場所としても最適でスマートな100年洋食で知られる「レストラン菊水」。老舗レストランの風情が、花街・祇園の歴史をも物語る。

底冷えの夜は名物ゆば鍋で☆小鍋屋「いさきち」

 (116412)

 (116413)

 (116414)

花見小路新橋から細い路地・巽小路にある小鍋料理が楽しめる有名割烹店。カウンターにはおばんざいの大鉢が並ぶ。名物の小鍋料理はカウンターに埋め込まれた電磁調理コンロにて一人前ずつ提供。とくに湯葉鍋は出来立ての湯葉と豆腐の2wayで楽しめる人気の逸品。

花街のお茶屋さんで舞妓さん遊び♡お茶屋「田中菜美」

 (116417)

 (116418)

 (116419)

花街・祇園の夜遊びの醍醐味といえば、断然舞妓さん遊び。いわゆる『一見さんお断り』の祇園東にあるお茶屋さんで、人気の舞妓さんと語らいながらお酒を楽しめます。これこそ、祇園らしい夜遊びとも言えます。

白川沿いの絶景広がる好立地バー「ル・プー祇園 」

 (116422)

 (116423)

 (116424)

祇園白川沿いにある素敵なオーセンティックバー。隠れ家的でもあり、大きなガラス張りの窓からはしっぽりとした情緒あふれる祇園の風景が広がる。春の桜のシーズンには夜桜も楽しめる絶景スポットでもあり。

和の設えが素敵すぎるバー「祇園かげ山 」

 (116427)

 (116428)

 (116429)

花見小路通り西側の末吉町と富永町の間にあるバー。店内はシックな雰囲気ながら和のテイストが落ち着く雰囲気。予約すると本格的なお料理のディナーコースも楽しめる。

深夜に大賑わいのナイトラウンジ「4thavenue(フォースアベニュー)」

 (116432)

 (116433)

 (116434)

富永町のバーやスナックが入店する雑居ビルの3階。深夜に大盛況の人気店でカラオケも楽しめるスポット。マスターの人柄に集う憩いの場でもあり。

お座敷もある数寄屋風の町家バー☆「葵」

 (116437)

 (116438)

 (116439)

しっとりとした歴史ある祇園風情がより感じられる巽橋たもとにあるオーセンティックバー。和の落ち着いた雰囲気の中、静かにお酒を楽しめる空間。和室もあり、芸舞妓を呼んで宴会やお座敷遊びも可能。
いかがでしたか?ナイトスポット情報って、グルメサイトでは情報薄。せっかく夜の祇園を巡ろうにも途方に暮れるというか。これから春に向け、祇園界隈も何かと盛り上がりをみせます。そんなシーズンに、ぜひご参考になさってください。

ヨ~イヤサ~♪
36 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな