2018年2月6日 更新

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!お座敷もある数寄屋風の町家バー☆「葵」

絶賛好評中の祇園ナイトシリーズも最終回。〆はしっとりとした歴史ある祇園風情がより感じられる巽橋たもとにあるオーセンティックバー。和の落ち着いた雰囲気の中、静かにお酒を楽しめる空間。

数寄屋風の落ち着いた和の空間バー

知り合いのラウンジでカラオケを楽しんだ後、さらにもう一軒!と徒歩で巽橋方向へ。
記念撮影スポットとして祇園界隈へ観光に来られる方が集中するエリア。祇園白川、巽橋など、京都の歴史的情緒を感じる場所。
 (113832)

そんな場所にあるこちらのバーへ。序盤に行った祇園白川沿い『ル・プー祇園』と同じ系列のバー。

犬矢来(いぬやらい)も景観になじむ設え。犬矢来とは犬や猫などの小動物が軒下によって尿を ひっかけないようにするための装置。古い町家ではよく見かけます。
 (113833)

すいません。この時点でかなり酔っていて、画像押さえきれてなくて(汗)HPから拝借してます。

静かで落ち着いた雰囲気。お酒をゆっくりと味わう演出、目にも優しい照明。それに感化されて、緊張もほぐしてくれるような。あと、数寄屋風の内装も。
 (113834)

こちら、二階には和室もあり、芸妓さんや舞妓さんを呼んで宴会やお座敷遊びも楽しめるそうです。
全体を通して、和の空間の中に違和感なくバーを融合させた、そんな雰囲気のお店です。
 (113826)

で、ここでも花街のドンことHさんが店の方とかなりのお知り合い。バーテンダーさんとも気心しれてて「Hさんビール頂きま~す!」と、サーバーから自分でビール注いで勝手に飲む始末(笑)おおらかなHさんは笑って許したはりましたが(爆)
 (113827)

ここでは、わりと薄くしてもらって水割りをいただきました。あと、家に帰って寝るだけですから。
 (113828)

コースターには控えめに店の名前にちなんだ二葉葵。美味しいお酒、ごちそうさまでした。

今回、祇園の夜の過ごし方をいろいろとHさんにご紹介していただき、初体験で緊張する場面もあり(笑)そして、改めて祇園て奥が深いなぁ~と。貴重な経験でした。お店の方々&Hさん、ステキな夜をおおきに~

ヨ~イヤサ~♪

祇園葵 への口コミ

詳細情報

住所:京都市東山区清本町371-2 (巽橋下ル二軒目西側)
電話番号:075-531-0870
営業時間:18:00~3:00
定休日:日祝、年末年始、GW、盆
関連サイト:http://www.le-peu.com/aoi.html
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!白川沿いの絶景広がる好立地バー「ル・プー祇園 」

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!白川沿いの絶景広がる好立地バー「ル・プー祇園 」

絶賛好評中の祇園ナイトシリーズ4回目。お茶屋さんを後にして、バーめぐり。祇園白川沿いにある素敵なオーセンティックバー。大きなガラス張りの窓からはしっぽりとした情緒あふれる祇園の風景が広がる。
【京都祇園】美人姉妹営む京のおばんざい店!路地奥の隠れ家的ほっこり空間◎「花の」

【京都祇園】美人姉妹営む京のおばんざい店!路地奥の隠れ家的ほっこり空間◎「花の」

祇園北にある、細い路地奥にある隠れ家的お店。美人姉妹が営む、季節の食材をふんだんに使った京のおばんざいを中心に提供。久々の登場。祇園に詳しいちょい悪オヤジさんに案内していただきました!
2018京都桜開花情報☆夜はしっぽりと観桜!京都随一のナイトスポットも満開「祇園白川」

2018京都桜開花情報☆夜はしっぽりと観桜!京都随一のナイトスポットも満開「祇園白川」

2018年3月27日時点の桜開花状況。京都らしい風情が漂う祗園白川。とくに夜桜はさらにしっぽりとした雰囲気を醸す、ステキなスポット。
【新店】祇園界隈の隠れ家!品ぞろえ豊富な有名日本酒店手掛ける日本酒バー☆「浅野日本酒店祇園別邸」

【新店】祇園界隈の隠れ家!品ぞろえ豊富な有名日本酒店手掛ける日本酒バー☆「浅野日本酒店祇園別邸」

祇園界隈で呑兵衛師匠とハシゴ酒。日本酒好きにはお馴染みの有名酒店のバーが大和大路沿いの路地奥に昨年末オープン。当初期間限定オープンだったが、この日は営業してたのでのぞいてみることに。
【京都バーめぐり】祇園の隠れ家人気店!有名バー出身の女性バーテンダーの和み空間☆バー「フクロウ」

【京都バーめぐり】祇園の隠れ家人気店!有名バー出身の女性バーテンダーの和み空間☆バー「フクロウ」

オープン当初から何度かご紹介している、京都祇園屈指の人気バー「コモンワンバー京都」出身の女性バーテンダーが営むお店。最近では雑誌にもよく登場し、人気店に。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな