2019年4月15日 更新

【京都祇園】美人姉妹営む京のおばんざい店!路地奥の隠れ家的ほっこり空間◎「花の」

おおきに~豆はなどす☆今回は祇園北にある、細い路地奥にある隠れ家的お店。美人姉妹が営む、季節の食材をふんだんに使った京のおばんざいを中心に提供。久々の登場。祇園に詳しいちょい悪オヤジさんに案内していただきました!

祇園北にある創業30年の京のおばんざいが美味しいお店

 (129086)

昼間猛暑の京都。
この日は以前ちょい悪オヤジシリーズで登場してくださったHさんと久々の会食。ちょうど祇園祭シーズンに祇園界隈にあるこちらのお店へ。
 (129085)

もう一度ひとりで行ってみろ、と言われてもたどり着けないような、細い路地を入った場所にある隠れ家的お店。

全然知らなかったんですが、とても有名なお店だそうです。知り合いの祇園の小料理屋の女将もこちらのお店をお手本にしようと通ったそうです。こんなふうにガイドブックをにぎわすような派手さはなくても、祇園ツウには有名なお店って、この界隈にはまだまだあるんでしょうね。
 (129089)

店内へは靴を脱いで、お家へお邪魔するようなそんな雰囲気。掘りごたつ式のテーブル席。
 (129090)

そして、おばんざいの大鉢が並ぶカウンター席。背景には壁に埋め込まれた冷蔵ケースがあるんですが、そこには色とりどりの野菜たちが並んで、これもまた華やかな彩りの借景のような。
 (129088)

店内がわりとキレイなので、新しめのお店なのかと思ったら、30年もここで営業されてるそうです。以前はさらに路地奥で営業されてたそうですが、数軒手前の今の場所に移られたんだとか。
 (129087)

がっちりツートップの美人女将が、控えめに黒子に徹しつつほっこりとした雰囲気のこの空間。
 (129103)

御品書き。
お造りやら旬の野菜を使ったおばんざいやら

 (129102)

で、大体カウンターに並んでいるみたいで、それを見ながら注文するような流れで。
 (129104)

お酒メニュー。
 (129105)

日本酒、焼酎からワインやウイスキーまで一通り。
 (129091)

よくビール好きですね、て言われるんですが、こう暑いと最初はビール一択です(笑)生ビールでカンパーイ!
 (129092)

最初に一気にいろいろ注文したんですが、順番にご紹介。
まずはお造り。しまあじと鰹。鮮度よしのお酒がすすむ一品。

 (129095)

スモークサーモン。添えられた玉ねぎスライスと一緒にさっぱりといただく。
 (129097)

これ美味しいよ!とオススメされたエイのひれ。炙り焼きしたものを裂いてマヨネーズに付けて食べるんですが、噛みしめるほどに旨味が口に広がる日本酒何杯でも飲めそうなアテ。
 (129099)

ほっこりと煮物。筑前煮。御出汁の味がしみしみのこれぞおばんざい!な逸品。
 (129100)

あと、明太子も。上質なやつです。これ。
 (129101)

とうもろこし煮とキャベツのサラダ。
こちらは野菜を使ったおばんざいの種類が豊富ですね。そして、お酒飲むアテ感覚で味が濃い、とかいうんでもなく、ホントにあっさりとした仕上りで食べやすくてヘルシー。商業的な意味でのおばんざいではなく、まさしく身体にやさしいおばんざい、といった雰囲気の。
 (129106)

ここのおにぎりが美味しいよ、と教えてもらい、具材昆布で。
完全に海苔で包まれた状態のおにぎり。海苔のこの黒光り感で、いいやつとわかる。
 (129107)

パリッとした食感と豊かな磯の香。中には硬すぎず柔らかすぎずむすばれた昆布入りおにぎり。途中添えられたおこうこ(たくわん)をポリポリとかじりながら。緑茶とともに〆。
 (129108)

最後、水物も出てきました。あーほっこり。場所は京都イチのナイトエリア祇園なんですが(笑)
会計は一人5000円ちょっと。

まるで家で食べるような、虚勢はらなくてもゆったりと過ごせる和むおばんざい店。控えめな美人姉妹のステキなお店でした。ごちそうさまでした!

ヨ~イヤサ~♪

花の 基本情報

住所:京都市東山区祇園町北側347−51 雅会館 1F
電話番号:075-541-4667
営業時間:17時30分~23時
定休日:月・日曜、祝日
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな