2017年9月11日 更新

【京都祗園】北海道の味覚とおばんざいの数々!美人女将が営む小料理屋「祗園いなほ」

祗園エリア。夜は一際にぎわいを見せる大和大路から細い路地の奥にある隠れ家的小料理屋。北海道出身の美人女将が腕を振るう産地直送の海の幸やおばんざいがお店に並ぶ。

四条大和大路下がった路地奥に

 (94271)

夜の大和大路通りを下る。まだ早い時間帯でしたが、夜も更けてくると一際にぎわう場所。
 (94272)

大和大路を中心に細い路地がいくつもあるわけですが、その一つ。最近この界隈もホテル建設ラッシュ。新しい宿泊施設がいつのまにか出現してたり。この路地の両サイドにも、なんか今後建ちそうな雰囲気。
 (94273)

そんな路地の奥にある小料理店。初めてだと、なかなか気後れしそうな場所ですが(笑)
 (94274)

中に入ると、北海道出身の美人女将が温かく迎えてくれます。そして、カウンターには女将が自ら腕をふるったおばんざいが並ぶ。
 (94280)

店内はこじんまりとしていて、カウンター8席と小上がりの座敷席。
 (94275)

この日は仲間内の飲み会でこちらへ。
なので、通常と少しちがう宴会料理になってしまってますが(笑)北海道から直送された刺身は、生秋鮭、ミズダコ、マグロ、イクラ、あと珍しいところでハッカク。そしてラムと三元豚のしゃぶしゃぶ。
 (94276)

そして、こちらは北海道では有名らしい「ソラチ」というメーカーのタレでお鍋をいただく。鍋の〆はラーメンで。
 (94277)

今回は宴会料理だったんですが、普段は北海道のご親戚の漁師から直送海の幸をいろいろ食べられます。時にはこんな殻付きウニ。
 (94279)

あと、北海道らしく毛ガニや生ニシンの塩焼き、たらこイクラ丼的なご飯も。京都ではなかなかレアな食材も。

これから秋冬に向け、ますます海の幸が美味しくなるシーズン。ステキな女将がほっこり料理でもてなしてくれますよ。

祗園いなほ へのInstagram

詳細情報

住所:京都市東山区大和町18−17
電話番号:075-525-8139
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜・祝日
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】5月オープン!京都祇園の路地奥にある隠れ家酒場!!日本酒&肴でしっぽり☆「松本酒場」

【新店】5月オープン!京都祇園の路地奥にある隠れ家酒場!!日本酒&肴でしっぽり☆「松本酒場」

まだ新しいお店。今年5月、祇園大和大路沿いの路地奥にオープンしたお店。レアな日本酒と選りすぐりの肴が楽しめ、小粋な雰囲気のオトナの酒場。
【京都話題の書店】カフェやイベント開催も!複合体験型の発展形書店「京都天狼院(きょうとてんろういん)」【祗園】

【京都話題の書店】カフェやイベント開催も!複合体験型の発展形書店「京都天狼院(きょうとてんろういん)」【祗園】

祇園・建仁寺近く、大和大路通り沿いに今年1月オープンした町家リノベーションの本屋さん。カフェスペースもあり夜も営業。いろんなイベントや講座も開催。
明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

東京からの友人が遊びに来て、京都ならではなお店がいいだろう、と。以前も紹介した老舗のおでん専門店に再訪問。夏におでん?いえいえ、夏だからこそのおでん種もあるんです。
祗園の中心で酒蔵直営のコスパ最強居酒屋!ワールドワイドな人気で行列必至!!「遊亀」【京都祗園】

祗園の中心で酒蔵直営のコスパ最強居酒屋!ワールドワイドな人気で行列必至!!「遊亀」【京都祗園】

まだ紹介してなかったことに驚き(笑)祗園のこの界隈を通るといつも見かける行列。しかも、国内外問わずいろんな客でにぎわう居酒屋。酒蔵直営ということもあり、美味しい日本酒と最高のアテが並ぶ。一度行くと皆大絶賛。
【京都祗園】心静かに落ち着ける苔ワールド空間!路地の隠れ家的バー「ムース」

【京都祗園】心静かに落ち着ける苔ワールド空間!路地の隠れ家的バー「ムース」

苔好きにはたまらない空間。祗園巽橋の近くにある細い路地にある隠れ家的バー。苔博士とも言えそうな情報を持つ、女性バーテンダーさんが営む落ち着いた空間。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers