2017年9月11日 更新

【京都祗園】北海道の味覚とおばんざいの数々!美人女将が営む小料理屋「祗園いなほ」

祗園エリア。夜は一際にぎわいを見せる大和大路から細い路地の奥にある隠れ家的小料理屋。北海道出身の美人女将が腕を振るう産地直送の海の幸やおばんざいがお店に並ぶ。

四条大和大路下がった路地奥に

 (94271)

夜の大和大路通りを下る。まだ早い時間帯でしたが、夜も更けてくると一際にぎわう場所。
 (94272)

大和大路を中心に細い路地がいくつもあるわけですが、その一つ。最近この界隈もホテル建設ラッシュ。新しい宿泊施設がいつのまにか出現してたり。この路地の両サイドにも、なんか今後建ちそうな雰囲気。
 (94273)

そんな路地の奥にある小料理店。初めてだと、なかなか気後れしそうな場所ですが(笑)
 (94274)

中に入ると、北海道出身の美人女将が温かく迎えてくれます。そして、カウンターには女将が自ら腕をふるったおばんざいが並ぶ。
 (94280)

店内はこじんまりとしていて、カウンター8席と小上がりの座敷席。
 (94275)

この日は仲間内の飲み会でこちらへ。
なので、通常と少しちがう宴会料理になってしまってますが(笑)北海道から直送された刺身は、生秋鮭、ミズダコ、マグロ、イクラ、あと珍しいところでハッカク。そしてラムと三元豚のしゃぶしゃぶ。
 (94276)

そして、こちらは北海道では有名らしい「ソラチ」というメーカーのタレでお鍋をいただく。鍋の〆はラーメンで。
 (94277)

今回は宴会料理だったんですが、普段は北海道のご親戚の漁師から直送海の幸をいろいろ食べられます。時にはこんな殻付きウニ。
 (94279)

あと、北海道らしく毛ガニや生ニシンの塩焼き、たらこイクラ丼的なご飯も。京都ではなかなかレアな食材も。

これから秋冬に向け、ますます海の幸が美味しくなるシーズン。ステキな女将がほっこり料理でもてなしてくれますよ。

祗園いなほ へのInstagram

詳細情報

住所:京都市東山区大和町18−17
電話番号:075-525-8139
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜・祝日
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都居酒屋めぐり】華やかな祇園で酒蔵直営の超人気コスパ最強店!もはや料理は割烹の域☆「遊亀」

【京都居酒屋めぐり】華やかな祇園で酒蔵直営の超人気コスパ最強店!もはや料理は割烹の域☆「遊亀」

祇園界隈にある有名居酒屋店。酒蔵直営で美味しい日本酒と最高のアテが並ぶ。日本人だけじゃなく、外国人観光客にも人気でいつも満員御礼で行列を作るほど。オープン8周年記念に日本酒がプレゼントされるということで行ってきました。
知る人ぞ知る祇園の名喫茶|きらめきのレトロ純喫茶*ラテン【祇園四条】

知る人ぞ知る祇園の名喫茶|きらめきのレトロ純喫茶*ラテン【祇園四条】

和モダンなカフェや喫茶店が軒を連ねる祇園界隈。白亜の扉の先に広がる豪華絢爛、煌びやかなステンドグラスに青の世界。非日常て異空間へ貴方をナビゲートします。
京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

京都屈指の3大ディープ酒場・四富会館どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ☆「てしま」

四条富小路にある京都3大ディープ酒場『四富会館』の有名割烹。ディープな場所に入居する狭小カウンター店ながら、そのクオリティの高さと安さに驚愕。入店激戦が常ながら、たまたま運よく予約とれて行ってきました。
【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

四条西木屋町上がった、ディープな風情ただよう夜の飲食店が入居する雑居ビルの一角にある超隠れ家店。外観とは裏腹に銘酒と本気のアテがそろう驚きの割烹店。予約して行ってきました。
【京都ランチめぐり】オフィス街の究極の高コスパめし!名物の海鮮丼は味の七変化!!「夢処 漁師めし 雑魚や」

【京都ランチめぐり】オフィス街の究極の高コスパめし!名物の海鮮丼は味の七変化!!「夢処 漁師めし 雑魚や」

烏丸六角西へ。高コスパのランチが食べられるお店としてこの界隈では有名。自在に味の変化を楽しめる海鮮丼にいろいろなおばんざいがついたワンプレートランチは誰もが大満足するスペシャリテ。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers