2019年2月12日 更新

【保存版】京都ディープ酒場『四富会館』の個性派オススメ店!昭和レトロに酔いしれる☆【厳選4店】

おおきに~豆はなどす☆京都ディープ酒場としておなじみの四条富小路にある『四富会館』。昭和風情漂う空間に居酒屋が雑居するレトロスペース。その中でも個性派の人気オススメ店を集めました。

女性店主が営む国産ワインバー「たすく」

 (135921)

 (135922)

 (135923)

どの店もそうだが、狭めのカウンター席のみ。その中で、こちらは女性店主が営む、こだわりの国産ワインバー。気さくな女性店主の人柄にファンも多数でいつもにぎわう人気店。アテは前菜盛り合わせ的メニューで、思わずワインがすすむ。

マニアックさ増量の有名タイ料理店「奈落」

 (135926)

 (135928)

 (135927)

ディープなタイ料理店。年に数回タイに赴き最新のタイ料理を再現する、というご主人のこだわりようが他にはないマニアックさ。さらに、日本の食材をタイ料理に用いたりオリジナリティも光る。

珍味パラダイス!レアな日本酒もそろう「泰山木(たいざんぼく)」

 (135931)

 (135932)

 (135933)

西洞院蛸薬師にある人気店「京泰山木」の支店。珍味好きにはたまらない日本酒のアテがそろい、さらに京都ではレアな銘柄がいろいろと取り揃えられ、呑兵衛御用達の名店。

どんつきの名割烹!驚きの安さとクオリティ「てしま」

 (135936)

 (135937)

 (135938)

会館のどんつきにある入店激戦の人気店。料理人や錦市場関係者の客も多く、舌の肥えたプロをも唸らせる元寿司職人だったご主人の繰り出す絶品料理。その驚きの安さとクオリティの高さで激戦なのも納得するほど。
いかがでしたか?どのお店もカウンターのみの狭小スペース店ながら、個性の強さや料理のクオリティはその不自由さを感じさせないレベルの高さ。さらに店主や同席した他の客とのコミュニケーションも楽しい副産物。とくにこれから寒さも増す季節、料理や人とのふれあいで身心温まる憩いの場。オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな