2019年2月12日 更新

【京都酒場めぐり】有名料亭仕込みの本格割烹!絶品のアテにハズレなし「和食晴ル」

おおきに~豆はなどす☆四条高倉にある、元理容店をリノベーションした昭和レトロな佇まいの割烹。使い込まれた感がいい味出してるカウンターテーブルには、京料理の名店・和久傳出身のご主人の間違いないアテが並ぶ。

料亭・和久傳出身のご主人繰り出す絶品のアテ

 (132507)

四条高倉を南へ。元理容店をリノベーションした店舗。煮込み屋が営業し、別の場所に移転。そして、さらにその後にこちらの「和食晴ル」が入店。渋い雰囲気の昭和レトロ感。
 (132508)

こちらのご主人は京料理の名店・和久傳出身の方。
確かな技術に裏打ちされた料理たちが人気で、オープンして3年ですがすっかり有名店に。
 (132510)

使い込まれた感がいい味出しているL字型カウンター。木の風合いを活かしたシンプルな内装。清潔感あふれています。

そして、メニュー。
 (132511)

さらに、この日のメニューは黒板に表示。晩夏の味覚がいろいろと並びます。
 (132512)

まずは生ビールでカンパイ!
突出しは長芋の黄身酢かけ。さっぱりとしたお供でスタート。
 (132513)

お造りは盛り合わせに。
明石産の鯛と蛸、長崎産ヤリイカ、琵琶湖産マス、高知産本鮪、淡路産の炙りハモ。
 (132514)

 (132515)

すかさず、滋賀県木之本の銘酒・七本槍にスイッチ。いい肴に冷酒がいいですね。
 (132516)

刺身、とくに炙りハモがよかったです。炭火の風味をまとって、炙った部分の脂が際立つ美味しさ。これからの冬に向けて、ますます脂が乗ってくるんでしょうね。
 (132517)

鴨メンチカツ。
思ったよりさっぱりと食べられ、赤身の肉肉しい旨味が凝縮。ソースはツバメソースで。
 (132518)

ちょうど旬を迎える、無花果の胡麻クリーム。
胡麻の風味が香ばしく、さらに濃厚なクリーミーさ。これはお酒が進む。
 (132519)

さらに滋賀県八日市の銘酒・純米大吟醸の喜楽長の生原酒。
 (132520)

温かいものが食べたくなり、ベタなチョイスながらとうもろこしかき揚げ。大粒で甘い!
 (132522)

名物のポテトサラダ。至ってシンプル。具材はジャガイモのみ。白いソースは生クリームベースの濃厚クリーミーな味わい。ジャガイモは蒸してあるんですかね。潰してないので、ねっとりとした芋本来の味が楽しめます。
 (132523)

以前来店した時食べて美味しく印象に残っていた、タラコ粕漬。滑らかでほのかに甘い酒粕とタラコの思いもよらないマリアージュ。何杯でもこのアテでチビチビやれる酒泥棒の逸品。
 (132524)

〆には名物・鯖寿司。
こちらの鯖寿司は海苔巻きタイプ。中に醤油漬けの生姜、青みは大葉でしたかね。
 (132526)

この海苔巻きスタイルの理由は、鯖の頭と尾では脂ののり方がちがい、味に差がでる。なので、部位を組み合わせて巻き上げ、味のバランスをとるためなんだとか。店主の桔川さんのこだわりとプロ魂に脱帽!美味しいアテでお酒を呑みたい方にはうってつけのお店です。

ヨ~イヤサ~♪

和食晴ル への口コミ

詳細情報

■店舗名
和食晴ル
■住所
京都府京都市下京区神明町230-2
■電話番号
075-351-1881
■営業時間
[火~金] 17:00~23:30 [土・日] 16:00~23:30
■定休日
月曜日
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場

■詳細ページ
https://www.facebook.com/washoku.haru
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな