2016年4月14日 更新

京都3大ディープ酒場・四富会館の名物店!女性店主が営む国産ワインバー「たすく」【四条富小路】

京都3大ディープ酒場の一つ・四富会館。こちらも個性派そろいのお店が集まるエリア。中でも人気店。国産ワインにこだわった女性店主が営むお店をご紹介。

すっかりメジャースポット!昭和臭がたまらないディープ酒場・四富会館

 (28011)

こちらも、以前ご紹介したリド飲食街と同じような仕様。昭和風情で長い通路の両脇にひしめき合う様に立ち並ぶ飲食店。最近では雑誌やメディアでもけっこう取り上げられるようになり、わりとメジャースポットに。そして、なんとなくの印象ですが、こちらの方がリド飲食街より個性派ぞろいのような。
 (28734)

タイ料理バー・奈落もファンですが、今回は女性店主が営む国産ワインバー「たすく」へ。

狭いカウンターのみ!お隣同士接近で一夜共同体

こちらもリド飲食街と同じく、狭めのカウンター席のみ。そして、女性店主ということと、彼女の気さくで細やかな気配りの人柄もあって、女性の1人客も多め。まあ、安心して飲める懐の深さを感じます。こちらもわりと激戦の人気店。
この時のアテは、この前菜盛り合わせ的なものオール。けっこうてんこ盛り(笑)パン焼き器を導入したということで、自家製パンも加わってました。
 (28737)

ご自慢の国産ワインの数々

 (28735)

 (28736)

何度か行った時に撮ったものをまとめてみました。エチケット撮り忘れ多数ですが(汗)
こちらは全て国産ワイン。最近では国産ワインもレベルアップのようですね。

あ、国産ワインと呼んでいますが、もしかしたら日本ワインかも。最近は名称で差別化してるんでしたかね。国産ぶどうを仕込んで作ったワインは「日本ワイン」。外国産ぶどう(ジュース)を日本で仕込んで作ったワインを「国産ワイン」とか。

ちょっとそこまでつっ込んで質問しなかったんで、今回は不明(笑)

日常飲みの国産ワイン~♪

 (28740)

こんな風に茶碗飲み(笑)オイ!手抜きにもほどがあるやろっ!!とド素人の私の心のつぶやきは一笑。
こちらのご店主、以前山梨でワイン修行されてたことがあり、その時本場ではこんな具合に茶碗で皆飲んでたんだとか。そう、まさしくお茶を飲む感覚で。ちょっとクールやん!日本のワイン!!

茶目っ気たっぷりないただきものも

 (28738)

そして、アワアワしたものも。もちろん国産。
 (28739)

そして、「こんなん作ってみました~♪」といただきもん。幼き日のご店主(笑)
おおからかで楽しい方です。そして、カウンターの共有ネタとして盛り上がる。まあ、知らないお隣同士なんですが、一夜の共同体。そんな空気はこのご店主の人柄によるんでしょうね。
ごちそうさまでした!

ヨ~イヤサ~♪

たすく への口コミ

たすく 基本情報

■店舗名
たすく
■住所
京都府京都市中京区富小路通四条上ル西大文字町615、四富会館 1F
■電話番号
080-1500-8159
■営業時間
19:00~24:30
■定休日
日曜日
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場

■詳細ページ
https://retty.me/area/PRE26/ARE108/SUB10801/100000454924/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな