2016年11月20日 更新

【新店】京都屈指の3大ディープ酒場・珍味パラダイス!レアな日本酒もそろう☆「泰山木(たいざんぼく) 四富会館 」【四条富小路】

ご存知京都3大ディープ酒場の四富会館。その中に、今年4月オープン。カウンター6席の小さな割烹。レアな珍味や日本酒がそろう本格派。

今年4月オープン!

 (42100)

四富会館についてはこれまでにも何度かご紹介してきました。京都屈指のディープ酒場の一つ。
 (42101)

ここだけ時間が止まったかのような、昭和臭がたまらない雰囲気。長い通路の両脇にひしめき合う様に立ち並ぶ飲食店。

カウンター6席の小さなお店・泰山木

 (42102)

四富会館のお店はどこも小さなカウンター席のみのお店ばかりですが、中でも小さめ。
この日は2軒目にラッキーにも空いてたんで入店。あとで調べると、予約も可能とのこと。
 (42103)

若めなご店主。こちらはもともと西洞院蛸薬師にある「京泰山木」の支店。
調理場も小さいからでしょうか。メニューも絞り込まれています。

珍味好きにはたまらないラインナップ

 (42106)

こちらが本日メニュー。調理場小さいとはいえ、ホットメニューいろいろと。
そして、日本酒も時期によって入れ替わりあり。
 (42107)

定番メニュー。うれしい珍味たちがいろいろと(笑)

さっそくあれこれと日本酒を注文

 (42104)

なみなみと注いで、受け皿に十分あふれさせてくれてましたよ(笑)
 (42105)

三人三様で注文してみました。今や超人気銘柄となった『而今』。呑んでみたかったので。酸っぱい爽やかな香り、フルーティ且つジューシーな旨味、スッキリとしたキレ。うめぇ~と思わず唸る(笑)
他皆で回しのみしながら。
 (42109)

突き出し。ふり柚子さわやかで本格的な割烹の味に変身の高野豆腐。ほっこりする一品。
 (42110)

あると注文せずにはいられない、このわた。これ、ちゃんとナマコ風味がする!
一般的にわりと塩漬けがキツイのが多いけど、ちゃんとナマコからとった腸であることがわかる。
 (42111)

湯葉ぎょうざ。湯葉の弾力が面白いぎょうざ。中はかなりジューシーで噛むと肉汁決壊。

2週目(笑)

 (42112)

 (42113)

またそれぞれが好きなものを注文。私は酔鯨。飲兵衛の神・吉田類がよく飲んでる印象(笑)
搾りの中間部分 (中取り) のみを取り出し瓶詰めしているため、苦みや渋みが抑えられ、上品な味わい。
 (42114)

こんなところで出会えるとは・・・な、高級珍味のバチコ。ナマコの卵巣干して三味線のバチ型に干したやつ。メニューにはないけど、ありますよ~とのことで炙ってもらって。
いい風味です~乾物だけど、噛むとねっとりとした食感にかわりほどよい塩味とナマコの旨み。チビチビといただきました~

他で飲んで、最後美味しい日本酒と珍味で後味よく〆たいという方にはぜひオススメのお店。わりと値段もリーズナブルですからね。この場末感ただよう四富で、これは粋なお店かも。

ヨ~イヤサ~♪

泰山木 四富会館 への口コミ

泰山木 四富会館 基本情報

店舗名:泰山木 四富会館 
住所:京都府京都市中京区富小路四条上る西大文字町615 四富会館 1F
電話番号:080-6190-5000
営業時間:18:00~翌2:00(LO翌1:15)
定休日:日曜日
禁煙・喫煙:全面喫煙可
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな