2019年5月28日 更新

創業100年の老舗!昭和の雰囲気たっぷりレトロな食堂「篠田屋」三条駅すぐ!

三条京阪の北側にある「篠田屋」、超レトロな食堂で価格良し!味も良し!創業100年を誇る老舗食堂の篠田屋には、ファン多数、親子3代で通われているお客さんも多くいます。

昭和の雰囲気でタイムスリップしそうなお店

 (56590)

どんどん消えていく昭和の香り、この「篠田屋」は古い良きを十分に堪能できるお店です。古くて汚いなんてお店もあるかもしれませんが、こちらのお店は古いままで清潔にしているのでそこがまた素晴らしいです。
レトロ風ではなく本物の古き良きを是非どうぞ。京阪三条駅駅出口から徒歩1分と立地の良さも魅力的です。
 (79716)

篠田屋は創業100年を超える老舗、現在は四代目の店主と奥さん、お母さんでお店を営まれています。奥さんとお母さんの仲が良くて温かい接客が、またホッコリするんですよねぇ。
 (79715)

店内からも昭和の風情がたっぷりでレトロな雰囲気がたまりません。こあがりのテーブル席やこじんまりしたテーブルセットの渋さが光ります。

人気のオリジナルメニュー「皿盛」

 (79717)

うどん・そば・どんぶりといった定番の食堂メニューがズラリと勢ぞろいしているんですが、お店のイチオシはこちら!
中華そば、皿盛、にしんそば、デラックス丼、たぬきがイチオシメニュー。とはいえ、中華そばか皿盛が二大看板メニュになっており、お客さんの8割方は、どちらかを頼むほど絶大なる人気メニューです。
 (79721)

カツカレーのようにも見えますが別物、篠田屋名物の「皿盛(650円)」です。和風の出汁とカレー風味の硬めのあんかけが絶妙で、このカツがちょうどマッチして大変美味しいんです!
 (79722)

厚すぎ、薄すぎず、ちょうどいい厚さのカツがバランスよくていいんです。このバランス感が老舗の味ですね。
 (79723)

カレー風味が効いたあんかけ和風だしは、ご飯のと相性も抜群!ねぎの甘味がまたよく合うんです。カツも入っているので、ボリューム満点です!大盛りも可能で、プラス50円とまた良心的!

少し変わったように思われるかもしれませんが、よく考えられたクセになる一皿です。

一番人気は中華そば!

 (79718)

皿盛に並んで、抜群の人気を誇る「中華そば(500円)」です。このご時世で、この立地なのに500円とは信じられません。実は数年前までさらに安くて450円でした。
懐かしい昔ながらの鶏ガラベースのあっさりしょうゆ味です。老若男女に愛される味ですね^^
 (79719)

500円ラーメンなのにチャーシューもたっぷり!派手さはありませんが、ほどよい食感と味わいで、懐かしさを感じます。
 (79720)

特注のストレートの細麺は、ほどよくもちっと、コシがあり、THE中華そばです。創業以来から変わらない人気の一杯です。
スープ自体はあっさりですが、多めに振られたコショウのパンチが味を立体的にしてくれます。シンプルですが、最後まで飽きることはありません。

創業100年を超える老舗食堂の味、確かめに来てください!

篠田屋への口コミ

篠田屋 基本情報

名称:篠田屋
住所:京都市東山区三条通大橋東入大橋町111
営業時間:
11:00~15:00 / 16:30~19:00
※金曜日は15時閉店
定休日:土曜日
関連URL:
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26007082/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

aya aya