2019年12月28日 更新

【保存版】京都オススメ個性派カレー!ダムカレーから酒粕カレーまで☆人生いろいろカレーもいろいろ【厳選7店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都オススメのカレーを集めました。一口に『カレー』といっても、その種類さまざま。特に個性派カレーをピックアップ。

マニア必見!日本ダムカレー協会認定「道の駅スプリングひよし」

 (174143)

 (174142)

 (174144)

京都府南丹市、日吉ダムにある複合温泉施設「スプリングひよし」の道の駅レストラン。ダムマニアが大歓喜するダムカレーを提供。日吉ダムを忠実に再現したダムカレーは鹿肉使用で、大人から子供まで楽しめる唯一無二のカレー。

名称:道の駅スプリングひよし
住所:京都府南丹市日吉町中宮ノ向8番地
電話番号:0771-72-1526
営業時間:レストラン 3月~11月 11:00~20:00 ラストオーダー19:00
           12月~2月 11:00~19:00 ラストオーダー18:00
     売店    3月~11月 10:00~20:00 12月~2月 10:00~19:00
定休日:水曜日・12月30日、31日(水曜日が祝日の場合、振替休館日があります。)
詳細サイト:http://www.springs-hiyoshi.co.jp/index.html
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/6sex0

創業100年以上続く昭和レトロ食堂の名物・皿盛☆「篠田屋」

 (174166)

 (174167)

 (174168)

東山区、三条京阪北側にある京都が誇る名物食堂。創業100年以上の歴史ある昭和レトロ感が店内にも漂う。中でもこちらの名物メニューである皿盛はご飯の上にカツを乗せ、カレーうどんのルゥをかけたもの。レトロ感あふれる優しい味わいに、そこはかとない郷愁めいたものを感じるカレー。

名称:篠田屋
住所:京都市東山区三条通大橋東入大橋町111
営業時間:11:00~15:00 / 16:30~19:00
     ※金曜日は15時閉店
定休日:土曜日
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/oUCjg

ちょっとマニアックなタイカレーラーメン店「シャム」

 (174146)

 (174147)

 (174148)

中京区、四条通り沿い、大宮を越えてさらに西へ。JR線の手前。円町の有名タイ料理店が手がけるタイカレーラーメン専門店。タイカレーの代表格・カオソーイがそのままラーメンに。ココナッツミルクの濃厚さとカレーの程よい辛さ。他のカレーラーメンとは一線を画す味わい。

店名:シャム
住所:京都府京都市中京区壬生花井町23−4
電話番号:075-823-6118
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:30
定休日:水曜日
関連URL:http://www.siam-thaicurry.com/noodle/index.html
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/csJdx

酒処・伏見ならではのご当地カレー!「齋藤酒造」

 (174150)

 (174151)

 (174152)

伏見区、酒蔵群エリアの一角にある、銘酒・純米大吟醸『英勲』でもお馴染みの老舗蔵。その英勲の酒粕が入ったレトルトカレー。酒粕効果で、レトルトカレーとは思えない味わいと美味しさ。お土産にも最適なカレー。

名称:齋藤酒造
住所:京都府京都市伏見区横大路三栖山城屋敷町105
電話番号:075-611-2124
営業時間:8:30~17:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
詳細ページ:http://www.eikun.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/kVnck

緑色のフレッシュハーブカレーは神秘味☆「アンダンテ エ カンタービレ 」

 (174154)

 (174155)

 (174156)

左京区、京都大学の東側。吉田山裾野にある住宅街にある隠れ家的お店。女性店主がつくる名物のフレッシュハーブカレーは神秘的なグリーン色のスープカレースタイル。ターメリックライスとの色のコントラストも映え、他にはない味わい。

名称:アンダンテ エ カンタービレ
住所:京都府京都市左京区吉田本町5−4
電話番号: 075-751-8431
営業時間:11:30~売切れまで
定休日:月曜・土曜・日曜・祝日
関連サイト:http://www.curry-andante.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/O60FA

驚愕!地元民御用達『餃子の王将』でまさかの王将流カレー

 (174158)

 (174159)

 (174160)

餃子チェーン店としては全国ランキング第1位の売り上げを誇り、京都人のソウルフードとの呼び声高い、京都発祥の『餃子の王将』。その王将流が中華料理店仕様に仕上げた担々カレー。四川風山椒を効かせた担々風とカレーを合わせ、オリジナリティーあふれる一皿。

名称:餃子の王将 京都東インター店
住所:京都府京都市山科区東野北井ノ上町6−16
電話番号:075-582-1966
営業時間:月~土/11:00~深夜1:00(ラストオーダー0:30)
     日、連休最終日/11:00~22:00(ラストオーダー21:50)
関連URL:https://www.ohsho.co.jp/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/bj2SK

斬新な出汁茶漬けスタイルのカレー☆「和とcurryしらべ」

 (174162)

 (174163)

 (174164)

左京区、川端二条から少し東へ。今年4月にオープンしたカレー専門店。和の出汁とスパイスを組み合わせた巧みな味わいのカレーが独自スタイル。中でも出汁茶漬けにしていただくカレーはこれまでにない斬新さと緻密に計算された美味しさ。

名称:和とcurryしらべ
住所:京都市左京区難波町216
電話番号:075-708-7440
営業時間:11:30~15:30 17:00~21:00
定休日:水曜日
公式サイト:https://www.curryshirabe.com/
詳細記事:https://kyotopi.jp/articles/CYaon

最後に

もはや国民食とも言えるカレー。食べる頻度も多く、さらに違った味わいのカレーを試したい!という欲求も湧きあがるほど。そんな時に最適な個性派カレーを集めてみました。気分次第でいろんなカレーをお試しあれ☆

ヨ~イヤサ~♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな