2018年6月19日 更新

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館が和モダンなラグジュアリー空間に進化☆「南禅寺参道 菊水」

京都南禅寺界隈。昔から別荘エリアとして知られる界隈だが、その一角にある老舗料理旅館が6月11日にリニューアルオープン。自慢の名庭や和の雰囲気はそのままにモダンに進化。今回は客室をご紹介。

南禅寺参道の名庭広がる料理旅館がモダンにリニューアル

 (126465)

南禅寺参道。
たまたま朝見ていたテレビのニュース見てやってきました。私ごとで恐縮ですが、かつて自分の結婚披露宴をあげた老舗料理旅館が今月リニューアルオープンした、との一報で驚きと好奇心で。
 (126466)

向かいには、元旅館だったところをリノベーションして連日盛況のブルーボトルコーヒー。最近市内はどこもそんな様相ですが、この界隈も新しい風が入りつつあるということですかね。
 (126467)

 (126474)

参道から一歩南へ。さらに閑静な場所へ。
 (126475)

南禅寺界隈は昔から別荘エリアとして有名。広大な敷地に名庭と日本建築の屋敷を持つ別荘群。大半が公開されいないので、その全貌がわからない状態。
 (126468)

こちらも元々は明治28年に呉服商の「寺村助右衛門」の別荘として建てられた場所を、昭和30年に料理旅館「菊水」として営業開始。京料理と名庭で定評の料理旅館でしたが、昨年飲食店の経営、企画・運営会社㈱バルビニーニの連結子会社として再生へ。
 (126469)

玄関にはたくさんのオープン祝の花が飾られ、その注目度の高さがうかがえます。
 (127059)

もともと純和風の数寄屋造りの屋敷。もちろん靴を脱いで室内に入るスタイルでしたが、リニューアル後は靴のままで。海外からの宿泊客にも利用しやすいスタイルに。個人的には古いタイプの人間なんで多少抵抗ありますが(笑)
 (126476)

ロビースペースには、こんなオブジェ。鯉ですかね。随所にモダンなオブジェがあり、新旧織り交ぜた設え。
 (126458)

以前はもっと客室数あったと思いますが、リニューアルして全5室。もちろん以前は和室でしたが、全室ベット。
 (126455)

部屋には大開口の窓からお庭の借景。
 (126454)

さらにちょっとした瞑想スペースにもなる、プライベートテラス。
 (126457)

バスルームも窓を全開すると露天風呂感覚に。
 (126460)

部屋のミニバーには茶に祇園辻利のものなど。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館の名庭を望むレストラン!テラス席で四季を体感☆「南禅寺参道 菊水」

【リニューアルオープン】京都南禅寺界隈の老舗料理旅館の名庭を望むレストラン!テラス席で四季を体感☆「南禅寺参道 菊水」

京都南禅寺界隈。昔から別荘エリアとして知られる界隈だが、その一角にある老舗料理旅館が6月11日にリニューアルオープン。自慢の名庭や和の雰囲気はそのままでモダンに進化。今回はレストランをご紹介。
【京都のキセキ】明治150年の一大事業!近代産業の礎の歴史がわかる☆入場無料「琵琶湖疏水記念館」

【京都のキセキ】明治150年の一大事業!近代産業の礎の歴史がわかる☆入場無料「琵琶湖疏水記念館」

近代産業の礎となった明治時代の一大事業・琵琶湖疏水の建設。その歴史や詳細がわかる記念館が岡崎にあり、入場無料で見学できます。
【ニューオープン】京都平安神宮に新名所誕生!365日時代祭がここにある!京都・時代祭館「十二十二(トニトニ)」【岡崎】

【ニューオープン】京都平安神宮に新名所誕生!365日時代祭がここにある!京都・時代祭館「十二十二(トニトニ)」【岡崎】

今月20日にオープン。平安神宮境内に新しくできた文化商業施設。京都三大祭りの一つ・時代祭をモチーフにした新しい試みを感じる施設。行ってきました。
【2017京都紅葉最新】黄昏時の輝く紅葉!人気紅葉スポット南禅寺周辺をぶらり☆

【2017京都紅葉最新】黄昏時の輝く紅葉!人気紅葉スポット南禅寺周辺をぶらり☆

2017年最新の紅葉パトロール。11月19日の様子です。かなり紅葉の進行も進み見頃。今回は西日が差す時間帯に。そして、南禅寺周辺の様子も。
【京都お寺めぐり】8月から新発売!人気観光名所・南禅寺御用達の名水!!観光中のお供に☆

【京都お寺めぐり】8月から新発売!人気観光名所・南禅寺御用達の名水!!観光中のお供に☆

岡崎にある四季折々の風景が楽しめる人気観光スポット・南禅寺。いつも観光客でにぎわうお寺だが、この8月、南禅寺から新発売されたミネラルウォーターは観光のお供にも最適。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな