2016年3月12日 更新

メニュー豊富な濃厚鶏ガララーメン「らーめん 門扇 伏水酒蔵店」

結構お腹一杯なのだが、今日はラーメンで〆よう!と狙ってやってきたのが、最近伏見桃山の納屋町商店街にできた「らーめん 門扇 伏見酒蔵店」。

日本酒Barがまた新しく徒歩圏にできた!と前から狙っていたのだ。3月にグランドオープン予定の非常に大きな箱で、店内はいくつかのブースに分かれていて、大規模屋台村的な想像以上な規模。

屋台的な日本酒バー「伏水酒蔵小路」

 (22049)

まだいくつかのブースは工事中!なのだが、そこに木屋町にもあるラーメン店「門扇」の支店が同じ伏見の深草から移転して、今回はラーメン目当てでお店を覗きにやってきた。
 (22053)

立ち飲みBarのほうは当然営業されていて、伏見の酒蔵17蔵の日本酒が各種頂ける。

濃厚な鶏ガラらーめん

 (22055)

で、門扇へ。コの字カウンターで20席はありそうなブース。デパ地下にあるイートインコーナーのやや大きい版、という感じ。

こういうお店がこの伏見酒蔵小路内に6店ほどオープンする模様。今のところ、ここと焼き鳥店に鉄板焼き店が営業中で、他の3つは未だ工事中。
 (22057)

ラーメンメニュー。鳥白湯が名物なお店で、私は鶏チャーシュー麺¥950を、嫁は担々麺¥900をチョイス。しかしメニューは豊富ですな。
 (22059)

で、まずは鶏チャーシュー麺。なかなか麗しきビジュアル。刺身のように大根とニンジンのケンが乗っかっているのが斬新? 特筆すべきはまろやかでコラーゲンしっかりなスープ。箸が立つような濃度ではないが、食べるにつれて、口の周りがコラーゲンでコベコベになってくる。
そんなに塩分も強く載せておらず、テーブル上にピリ辛ニラがスタンばっているので、たっぷり乗せていただける趣向。辛みがあるほうが美味しさが増す構成ですな。
 (22062)

担々麺も登場。ベースは鶏白湯らしく、それに辛みそ等を加えているのだが、辛いのがかなり良く合う感じだ。
 (22065)

麺はやや低加水、細目の麺でしこしことスープに良くなじむ。嫁とこれは結構好きな部類だよねぇとニコニコ。お酒の〆にはいい感じですな。いや、大堪能しました。

酒呑みには面白そうなものが家の近所にできてよかったねぇと、嫁共々帰路に付いたのだ。御馳走さまでした。確実にまた来ます~。

らーめん 門扇の感想

らーめん 門扇 店舗情報

店舗名:
住所:京都市伏見区平野町82-2 伏見酒蔵小路内
営業時間:17:30~23:00
定休日:火曜日  (まだ正式Open前なので変更の可能性あり
電話番号:075-603-0380
店舗FB:https://www.facebook.com/monsen.nishiura/
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事