2018年12月9日 更新

祇園で創作串揚げと一緒にワインを楽しむ「串揚げバル スキロ」

祇園 建仁寺近く、創作串カツとワインが楽しめる「串揚げバル スキロ」なり。

創作串揚げとワインを

 (140193)

お店の名前は「串揚げバル スキロ」。四条通りから大和大路を下っていって建仁寺に着く前の路地を東に入ると、こういうお店が見えてくる。しゅっとしたシェフが1人で回すたった6席だけのカウンター店なのだ。ご近所にある人気ビストロ グレロ、鉄板ビストロ マクロの系列店のようです。
 (140194)

メニューはこんな感じ。基本アテ類を数点とお任せ串をアテにワイン、調子に乗ったらコロッケ、メンチカツなどに手を伸ばす、というようなお料理進行になりますな。
 (140195)

店内の雰囲気写真。グラスワインは¥800から¥1200ぐらいまでで、赤白2種ほど、ロゼもあるのがロゼ好きには嬉しい。好みをいうと色々出して貰えます。
 (140196)

カッコいいグラスが特徴のビール、ガージェリーエステラ樽生があったので注文。相方はお料理に合わせてもらいたいと泡グラスからスタート。まずはBacharacher Riesling Brut Sekt.b.A. / Ratzenbergerなるドイツ産リースリングの泡なのですが、ミネラリーで透明感のある、するすると呑める感じで。
 (140197)

串揚げのインターバルでつまむ用に、先にアテ2種を注文。これは蛸のピリ辛マリネで¥400なり。しっかり塩が乗っていて、心地よい刺激でこれはきりりと冷えた白ワインやビールが合いまくる!という感想。
 (140198)

更に自家製ピクルスは¥400。バル的に小さな皿なのですが、タイミングが良かったようで、程よい浸かり具合で「これは良い感じだね~」を連発。後でお替りしました汗汗。
 (140199)

で、8本の¥1600のコースを2人前お願いする。まずはタスマニア産天使の海老。身はぷりっと歯ごたえ良く、いきなりメインイベント!的な。こういう足を残してぱりぱり感を楽しむ揚げ方なのが楽しい。 添えてある味変アイテムは、ウスターソースに塩、カレー塩を適宜合わせて。
 (140200)

次は白ということで。Gewurztraminer 2016 Domaine Riefleなるアルザスのリースリング。酸味・甘味のバランス良好でこれも超口に合いました。
 (140201)

次は魚で太刀魚。うーん、過去串カツで太刀魚を食べた記憶がないのですが、白身でほっこり美味しいです。カレー塩なども意外に合うのだ。サイズ的には全般的に小ぶりにしていて、色々楽しめるようになっているのが良いですな。
 (140202)

見た目の違いが少ないので申し訳ないのですが(汗)、更に魚でハタ。これまた串カツで食べた記憶がないのですが、美味しいです。
 (140203)

お肉系から鶏手羽。チューリップ、という部位ですな。見事な揚げ上がりで、かぶりつくとじゅわっとおつゆたっぷり! いやー、これまた旨すぎ。。
 (140204)

アテが美味しいとついついワインのピッチが上がる我々。ロゼで、Petit Rose Trocken / Friedrich Beckerなるドイツのピノ・ノワール / ポルトギーザー。狐のラベルが可愛らしいので覚えているのですが、これ一本で延々呑めそうな肉・魚万能型。
赤でSeigneurs D'aiguilhe Chateau D'aiguilhe2014なり。ボルドーのメルロー 80%/カベルネ・フラン 20%なり。味見したかな? 程よいコクで呑みやすいタイプだったように記憶。
 (140205)

豚バラ。おー、やはり串カツはお前で決まりさ!的な。ウスターソースで。
 (140206)

マッシュルーム。1/4に切ったのを3個並べるとちょっと面白い形になりますな。この後に豚ロースもあったようですが、見事に写真を忘れております。(とはいえ、豚バラと外観はほぼ同じ・・・汗汗)
 (140207)

最後は超変態な一品で、クリームチーズにべったら漬を合わせたもの。かぶりつくと、とろーんとまろやかなチーズの間から甘めの大根漬が飛び出す!という飛び道具的な一品。いやー、面白すぎですな。。これでコース8本が終わりなのですが、まだ少々呑みたいので、コロッケ的なのをいくつかお願いするのだ。
 (140208)

いやー、なんだかころんと可愛らしいフォルムですな。サイズ的にはピンポン玉ほどかな。
 (140209)

グリーンカレーコロッケは¥300/個なり。かぶりつくと、もうグリーンカレーにしか思えないグリーンカレーさ。お見事です。
 (140210)

更に子羊のミンチカツなり。これも¥300/個。 
 (140211)

サイズ的にはコロッケと同じぐらいの大きさなのですが、もうぎゅっと密度感のあるメインディッシュ!という感じ。美味しいです。
 (140212)

で、コロッケはこれを最初にお願いしようとしたら「デザートになりますよ」とシェフに教えて頂いたので、〆にお願いしました。写真的にはコロッケは全部同じ絵づらで、まあ、面白くもないのですが汗汗
 (140213)

ブルーチーズとりんごのコロッケで¥300なり。想像通り、焼きリンゴの香りがふわーんとする甘じょっぱい一品でした。最後まで大充実!ですな。

大変気に入りましたので、またワインで串カツを食べたくなったら思い出すと思います。ご馳走様でした~。 

口コミでの評判

基本情報

店名:串揚げバル スキロ
住所:京都市東山区大和町21-1-2
営業時間:17:00~(L.O.24:30)
定休日:月曜日・第3火曜日
TEL:075-741-8797
関連ページ:
https://www.necolab-kyoto.com/squillo/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【建仁寺】阿吽の双龍図は圧巻!一見の価値あり♪【京の龍めぐり】

【建仁寺】阿吽の双龍図は圧巻!一見の価値あり♪【京の龍めぐり】

京都のには龍にまつわる寺社がたくさんあります。今回は祇園の建仁寺を紹介します♩
m.m
100年以上続く京寿司の老舗|京風押し寿司を堪能「千登利亭(ちどりてい)」

100年以上続く京寿司の老舗|京風押し寿司を堪能「千登利亭(ちどりてい)」

祇園四条近く団栗橋東詰めに位置する京寿司さん「千登利亭(ちどりてい)」なり。鯖寿司や押し寿司を頂いてきました。
祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー|フレンチ出身のマスターが営む「アッティコ バール ジェンテ」

祇園白川の隠れ家ワイン&日本酒バー|フレンチ出身のマスターが営む「アッティコ バール ジェンテ」

祇園白川、路地奥に佇むフレンチ出身のマスターが営むワインバー「アッティコ バール ジェンテ」なり。
【花見小路】「cafe富月(カフェフウゲツ)」で花街情緒と抹茶スイーツ

【花見小路】「cafe富月(カフェフウゲツ)」で花街情緒と抹茶スイーツ

祇園にある建仁寺から徒歩3分、花街緒満載の町屋空間で頂く、イタリアンな抹茶スイーツ。
趣のある京町家で美しいお庭を眺めながらゆっくりほっこりアツアツのおでんを!「八坂通 燕楽」

趣のある京町家で美しいお庭を眺めながらゆっくりほっこりアツアツのおでんを!「八坂通 燕楽」

京町家を改装した雰囲気抜群のおでん屋さん「八坂通 燕楽」、建仁寺の南側の八坂通りにあり、呉服屋さんだった立派な京町家をリノベーションした趣のあるたたずまいのお店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。