2021年6月29日 更新

【京都ぶらり】夏越大祓茅の輪登場☆東京五輪直前祈願も!スポーツ守護神「白峯神宮」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は上京区今出川堀川通東に位置するスポーツの守護神として知られる神社。夏越大祓神事の茅の輪も登場。

スポーツの守護神として知られる神社

 (208390)

上京区、今出川堀川通の東側に位置する神社。市バスや自動車が行きかう今出川通り沿いでここだけ静かな雰囲気が漂います。

 (208387)

 (208391)

たまたま前を通りかかり、6月30に予定されている神事『夏越大祓』の茅の輪が通りからも見え、せっかくだから茅の輪くぐりをさせてもらおうと参拝することに。
 (208392)

早速、茅の輪くぐりから。

6月30日に執り行われる『夏越の大祓』神事は、お正月から6月までの半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事。京都の多くの神社で執り行われます。この茅の輪をくぐることで半年間の汚れを祓い清めます。
 (208393)

茅の輪の起源は、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が武塔神(むとうのかみ)(素盞鳴尊すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づき、この時期全国の神社で神事として、茅の輪くぐりをする習わしから。
 (208394)

そのくぐり方ですが、神社によっても作法がいろいろありますが、基本8の字を描きながらの茅の輪くぐります。
 (208395)

その際、きまった文言を唱えながらくぐるわけですが。

こちらでは、1周目「水無月の夏越の祓えする人は千歳の命のぶというなり」、2周目「思ふ事みなつきねとて麻の葉をきりにきりても祓ひつるかな」、3周目「蘇民将来。蘇民将来。」と。なかなか覚えづらいです(汗)
 (208397)

そして、茅の輪の授与もされています。
 (208396)

本殿。
配流地で生涯を閉じられた、崇徳天皇と淳仁天皇を慰霊し、明治天皇の新願成就から両天皇を御祭神として祀る。そして、鞠と和歌の宗家である飛鳥井家の邸跡に創建され、飛鳥井家の守護神・精大明神により鞠、球技、芸能上達の神として知られ、スポーツの守護神として特によく知られています。
 (208398)

 (208399)

球技上達の「撫で鞠」。この鞠部分を回して祈願します。リオ五輪の際には日本代表サッカー選手も参拝されたそうです。今年開催予定の東京五輪選手たちの活躍も祈願したいですね。
 (208400)

 (208401)

小倉百人一首で親しまれている崇徳天皇の最高傑作とも言われる有名な和歌『瀬を早み岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ』の歌碑も。

滝の水は岩にぶつかると二つに分かれて流れても、いずれ合流し一つになるように、恋しい人と別れても、いずれまた結ばれましょう、という恋愛の歌。

茅の輪くぐりと共に、見どころの多い神社です。ぜひご参拝ください!

詳細情報

名称:白峯神宮
住所:京都府京都市上京区今出川堀川東入飛鳥井261
電話:075-441-3810
関連サイト:http://shiraminejingu.or.jp/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事