2018年11月1日 更新

【2018京都紅葉最新】ぐるっと紅葉名所をパトロール!今戒光明寺~真如堂(真正極楽寺)~頂妙寺【11月1日時点】

2018年最新の紅葉パトロール。11月1日時点の様子。例年紅葉の早そうな紅葉名所のお寺を中心にぐるっと回ってきました。

金戒光明寺

 (137363)

 (137364)

 (137365)

 (137366)

 (137367)

岡崎エリア。京都の市街地を見下ろせる丘陵地に広がる金戒光明寺。通称寺名「くろ谷さん(くろだにさん)」。広大にな境内には山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並び、会津藩の墓地もあり、その一角にはアフロ仏像・五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀仏があることでも有名。高台で日当たりがいいのか、すでに紅葉がグラデーション状に。

真如堂(真正極楽寺)

 (137368)

 (137369)

 (137370)

 (137371)

 (137372)

 (137374)

標高105mの吉田山の南に位置する開放的な境内が魅力の紅葉スポット。例年こちらは紅葉進行早めで赤、黄、緑のグラデーションが。11月15日は十日十夜念仏を唱えると仏の国で千年間善いことをしたことに勝るという無量寿経に基づいた法要『お十夜法要』も執り行われる予定で、境内では出店も並び、おでんや甘酒、十夜粥など販売。

頂法寺

 (137375)

 (137376)

 (137377)

 (137378)

平安神宮前の疏水に沿って東西に延びる仁王門通り。東大路通りを更に西へ進む日蓮宗 洛東本山 頂妙寺が。「仁王門通り」という名は、この頂妙寺にある仁王門が由来。山門をくぐって、さらに進むとその仁王門。琳派・俵屋宗達ゆかりのお寺でもあり、境内には大銀杏。銀杏は比較的紅葉早め。わりと全体的に黄色く色づいてました。

以上これからの紅葉観光の参考にしてみてください。また随時最新情報は更新する予定です!

基本情報

今戒光明寺:http://www.kurodani.jp/
真如堂(真正極楽寺):http://shin-nyo-do.jp/
頂妙寺:https://temple.nichiren.or.jp/5011045-chomyoji/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers