2018年11月25日 更新

【2018京都紅葉最新】洛東エリアを紅葉パトロール!今週ピーク☆南禅寺・永観堂・真如堂・法然院他【11月25日時点】

11月25日時点、洛東エリアの紅葉名所を早朝パトロール。今週が紅葉ピーク。

南禅寺

 (139180)

三門の石川五右衛門のセリフ「絶景かな~絶景かな~」とサスペンスドラマの撮影現場としてよく登場する水路閣でおなじみの南禅寺。

この日は早朝暁天座禅会参加で、会場となった龍淵閣の庭園。すでに見頃ピーク。座禅会は第2、4日曜日だが、来月の開催日にはおそらく散紅葉。
 (139181)

法堂裏。大銀杏が見頃で散り始め。黄絨毯を作り始めていました。意外とここは南禅寺の紅葉見所の一つ。赤と黄の共演。
 (139182)

 (139183)

連日大盛況の天授庵周辺も今がピーク。ライトアップも佳境。遅めの時間帯だと比較的並ばずに拝観できます。
 (139184)

 (139185)

日本の禅寺の中で最も格式の高い南禅寺、その境内を横切るレンガ造のアーチ橋「水路閣」。サスペンスドラマでも登場するおなじみの場所の紅葉はいつも遅め。ここだけまだ来週でも楽しめそうな雰囲気。
 (139186)

 (139187)

参道と三門。もう散り始めているモミジも目立ってきました。今週がピーク。お早目に。

永観堂

 (139188)

「もみじの永観堂」と呼ばれるほどの、京都屈指の紅葉名所のひとつ。
 (139189)

カエデの種類豊富なため、紅葉の進行の早い品種もあり、長い期間紅葉が楽しめるスポットでもあり。もう真っ赤です。
 (139190)

 (139191)

それでも、境内にはカエデの品種のバリエーション多いため、まだ若干青い葉もあり、まだしばらく紅葉を楽しめそうな雰囲気も。

安楽寺

 (139192)

夏の土用の鹿ヶ谷カボチャ供養で全国的にもおなじみの安楽寺。毎年、この界隈は日当たりが悪いせいか紅葉も進行遅めではありますが、もうすっかり見頃。今回は早朝で閉門してるため門構えだけ撮影してますが、11月~12月上旬の土日は拝観可能。

法然院

 (139227)

文豪・谷崎潤一郎のお墓があることでも有名で、ひっそりとした雰囲気が人気の法然院。ですが、さすが紅葉シーズンは朝8時ともなるとそこそこの数の観光客が。
 (139194)

 (139195)

 (139196)

白砂壇の砂絵はモミジバーション。そして、紅葉もグラデーションが。
 (139197)

 (139198)

色のバリエーションという意味では今が一番楽しめる時期ではないでしょうか。多くの撮影隊がシャッターチャンスを狙ってました。

真如堂

 (139199)

標高105mの吉田山の南に位置する開放的な境内が魅力の紅葉スポット。例年こちらは紅葉進行早め。すでに最高潮ですね。
 (139200)

 (139201)

三重塔周辺はもう散紅葉も目立ち、今週終盤。
 (139202)

御手水舎の水面に写る紅葉もまた見事。
 (139203)

本堂周辺渡り廊下まわりも絶好調。今週ピーク。お早目に!

ヨ~イヤサ~♪
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな