2017年11月16日 更新

【2017京都紅葉最新】紅葉真っ盛り!JR東海『そうだ京都、行こう。』のポスターにもなった名所「真如堂」

こちらは毎年早めです。標高105mの吉田山の南に位置する開放的な境内が魅力の紅葉スポット。11月15日時点の様子。この日はたまたま十夜結願法要と重なり、その様子もご紹介します。

標高105mの吉田山の南に位置する開放的な境内

 (103741)

やはり、ここは高台にあって日当たりがいいせいか、他の紅葉スポットより進行が早めですかね。この日はちょうど法要もあり、いつも以上ににぎやか。
 (103742)

もうすっかり赤優勢。
 (103743)

なんといっても、こちらの三重塔は圧倒的存在感で見応えあり。それを取り囲むようにモミジ。まさに最盛期。赤いもみじで埋め尽くされています。
 (103744)

 (103754)

どこを切り取っても画になります。
 (103745)

手水舎まわり。周囲には燃えるような紅葉の海。
 (103746)

お約束の本堂ちょうちんショット。ちゃんと赤いもみじもフレームインさせて。
 (103747)

この日は「お十夜法要」の最終日。十夜連続で念仏を唱え、この日がその結願日。
十日十夜念仏を唱えると仏の国で千年間善いことをしたことに勝るという無量寿経に基づいた法要なんだとか。
 (103748)

本堂からは、盛大な鐘の音やほら貝、御詠歌(ごえいか)が響いていました。
 (103750)

 (103749)

そして、境内には出店も並び、おでんや甘酒、十夜粥など販売。
 (103752)

おいしそうな十夜柿も。
 (103751)

お椀もあります。
 (103753)

で、せっかくなんでお十夜粥いただきました。

なんでも、ご本尊にお供えした小豆飯のお下がりをお粥にしたもの。お粥のことを「おじや」と呼んだりしますが、この「おじゅうや」が語源となっているとも言われています。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017最新】リアルな京都直近紅葉情報!市内でも進行早めスポット☆「真如堂」

【2017最新】リアルな京都直近紅葉情報!市内でも進行早めスポット☆「真如堂」

こちらも京都紅葉名所として有名なお寺。もちろんJR東海「そうだ京都、行こう。」のポスターにもなった場所。10月11日時点の紅葉をパトロールしてきました。
【2017京都紅葉最新】最終章!洛東エリアを紅葉パトロール☆南禅寺~安楽寺~法然院

【2017京都紅葉最新】最終章!洛東エリアを紅葉パトロール☆南禅寺~安楽寺~法然院

師走も中盤。すっかり終了ぎみの2017年紅葉。今シーズンの総括として、洛東エリアの紅葉の名所を最終パトロール。12月10日時点の様子です。
【2017京都紅葉最新】洛北の古刹もすっかり散紅葉!小さな桂離宮とも称される☆「曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)」

【2017京都紅葉最新】洛北の古刹もすっかり散紅葉!小さな桂離宮とも称される☆「曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)」

洛北エリア、修学院離宮の南側。東山が連なる丘陵に立地する紅葉の名所。おそらくピークは過ぎているだろうと思いつつ、行ってきました。
【2017京都紅葉最新】まぶしい黄金と紅葉の絶景コラボ!ワールドワイドな観光スポット「金閣寺」

【2017京都紅葉最新】まぶしい黄金と紅葉の絶景コラボ!ワールドワイドな観光スポット「金閣寺」

言わずと知れた京都観光スポットの筆頭的存在。とにかく外国人観光客に人気。唯一無二の存在。ちょうど休日の晴れを狙って行ってきました。
【2017京都紅葉最新】まさに見頃!行ってみたい全国紅葉ランキング1位に選ばれた京都屈指の名所「永観堂」

【2017京都紅葉最新】まさに見頃!行ってみたい全国紅葉ランキング1位に選ばれた京都屈指の名所「永観堂」

東山にある「もみじの永観堂」と謳われるほど、京都屈指の紅葉スポット。9月にもその様子をお知らせしていましたが、ようやく見頃を迎えています。11月15日時点の様子をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな