2016年12月27日 更新

【京都錦市場】テイクアウト用でおなじみ京都人御用達の老舗うどん店!年越しそばも破格「冨美家(ふみや)」

もう地元民にとってはおなじみ中のおなじみ。家庭用テイクアウトのうどんセットは百貨店やスーパーでもド定番。年末には人気の年越しそば用のにしんそばも。今回はリーズナブルなお値段なお店で食べてきました。

錦市場にある創業70年の老舗うどん店

 (67068)

地元民には超おなじみ。百貨店やスーパーでこちらのうどんパックは定番商品。創業70年の老舗。もともとは甘味処としてスタートしましたが、その後手頃な値段で鍋焼きうどんを、ということで名物・冨美家鍋が生まれうどんや他のメニューも。

そういえば、昔ここのテイクアウト用あんみつよく見かけました。うどんよりそっちの方が言われてみると主流だったような。今もあるんかな(笑)
 (67069)

もともと錦市場にうどん屋さんありましたが、今はここ堺町通りに移転。で、錦市場の元々の店舗はテイクアウト用商品を販売。バームクーヘンもあるんですね~
 (67070)

移転して新しくなったこちらで食べるのは初めて。以前に比べてとても広い店内。まだ11時半くらいでしたが、すでに満席に近い状態。こちらはテーブル席。
 (67071)

で、手前カウンター席。

どれもこれも昭和価格

 (67072)

寒い冬はこんなあんかけ系がたまりません。
 (67073)

改めてメニューを吟味。これが名物・冨美家鍋。要するに鍋焼きうどん。こんなにいろいろ具材が入って670円はさすがに安い!客の大半がこれを注文。
 (67100)

とにかく全体的に安い。というか、もともと麺類ってこれくらいの価格だったと思います。最近割高な店が増えましたが。
 (67074)

甘味処でもあるんで、いろいろスイーツ類も。
 (67075)

で、持ち帰り用メニューも。ここでは買えないらしく、テイクアウト用は全て錦市場の店舗で。
 (67076)

年末はとくにここのにしんそばが年越しそばとしておなじみ。なかなか大晦日って忙しいからお店に食べに行くのってちょっとむずかしいですよね。だから、スーパーでも買えるんで重宝してます(笑)
 (67077)

そういえば、お好み焼きもやってました(笑)テイクアウト用。

破格すぎる年越しそば・にしんそば

 (66829)

で、今回はこちらで一足早い年越しそば、ということでにしんそばを。京都で年越しそばというと、このにしんそばが一般的。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

創業70年の京都老舗うどん店の夏限定冷麺!リーズナブルで老若男女大人気☆「冨美家(ふみや)」

創業70年の京都老舗うどん店の夏限定冷麺!リーズナブルで老若男女大人気☆「冨美家(ふみや)」

地元民にとってはおなじみ中のおなじみのお店。家庭用テイクアウトのうどんセットは百貨店やスーパーでもド定番。お値段もリーズナブルなのがさらにうれしい。今回は夏季限定メニューの冷麺を頂いてきました。
【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

【京都ランチめぐり】名物『キーシマ』はシンプルイズベストな美味さ☆昭和レトロな蕎麦屋「やっこ」

地下鉄丸太町駅から少し南へ。渋い昭和風情をかもすお蕎麦屋さん。創業昭和5年の老舗。中でも、「キーシマ」と呼ばれるここの名物そばを求め、行ってきました。
【京都ランチめぐり】新京極商店街の創業140年の老舗!ひらり・つるり・ぺろりの名代きしめん必食☆「更科本店」

【京都ランチめぐり】新京極商店街の創業140年の老舗!ひらり・つるり・ぺろりの名代きしめん必食☆「更科本店」

店構えからして古いお店ということがわかる老舗店。新京極商店街にある創業140年の歴史をもつ、うどんそば、丼物を提供するお店。その中でも、自家製きしめんが名物で絶品。
【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

【京都文化博物館スグ】創業明治の4代続く老舗蕎麦屋さん!通し営業で普段使いがうれしい☆「大鶴」

三条堺町にある明治38年(1905)創業の老舗のお蕎麦屋さん。この日はランチタイムを逃して難民になり、通し営業しているこちらへ。
京町家で避暑☆名物・琥珀(こはく)流し8月はひやしあめ!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

京町家で避暑☆名物・琥珀(こはく)流し8月はひやしあめ!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

創業明治18年の老舗京銘菓。そして、月替りのこちらの名物「琥珀(こはく)流し」は8月の残暑シーズンにふさわしく、ひやしあめ。まだまだ暑い日中、暑さを避けて京町家でほっこりと頂いてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな