2017年5月14日 更新

創業70年の京都老舗うどん店の夏限定冷麺!リーズナブルで老若男女大人気☆「冨美家(ふみや)」

地元民にとってはおなじみ中のおなじみのお店。家庭用テイクアウトのうどんセットは百貨店やスーパーでもド定番。お値段もリーズナブルなのがさらにうれしい。今回は夏季限定メニューの冷麺を頂いてきました。

夏季限定メニューすでに始まってます!

 (80291)

以前、年末の年越しそばのにしんそばがリーズナブルに食べられるということで紹介していました。京の台所・錦市場からスグ。

地元民には超おなじみ。百貨店やスーパーでこちらのうどんパックは定番商品。創業70年の老舗。もともとは甘味処としてスタートしましたが、その後手頃な値段で鍋焼きうどんを、ということで名物・冨美家鍋が生まれ他のメニューもいろいろ展開。
 (80292)

そして、そろそろ半袖でもいいかな?という、日中汗ばむほど暑い日もあったり。となると、やはり冷麺。すでに冷麺始まってるようです。
 (80294)

うどんそば以外にも、あんみつやパフェといった甘味もこちらの名物。昔はあんみつもよく市販品で見かけました。
 (80345)

まだ昼前でしたが、すでに行列。まあ、麺類で回転早いんですぐ案内されましたが。修学旅行シーズンということもあって学生さんも食べに来ていました。
 (80298)

もう最初から冷麺に決めてましたが、一応メニューチェック。
 (80297)

店一番の名物・冨美家鍋は具だくさんな鍋焼きうどん。この日も半分くらいの割合でお客さんがこれを注文されてました。こんだけいろんな具材が入って670円はホントお値打ちですもんね。
 (80296)

そして、夏季限定メニュー。7月からはかき氷も登場。
 (80299)

今回は焼豚冷麺690円を注文。
 (80301)

しばらくすると、焼豚冷麺登場。
見るからに涼やかで和風な雰囲気の冷麺。
 (80303)

焼豚4枚、千切りのキュウリ、キャベツ、錦糸卵、ネギ、紅しょうがと、器のフチにはたっぷりの練がらし。
 (80304)

まずは焼豚。最近のラーメン店のラーメンに入ってるような、脂の多いタイプとは真逆の焼豚。豚モモ肉のあっさりとした味わいの、ちょっと懐かしいような焼豚。柔らかいですが、味が均一によくしみたタイプ。たっぷり4枚。
 (80306)

麺はもちろん自家製の中華そばにも使ってるやつなんでしょうね。冷え冷えに〆た、喉越しのいい麺。奇をてらわない「中華そば」系のストレート麺。
 (80307)

そして、タレ。最近の冷麺て、ゴマダレだったりごま油入ってたり、マヨネーズ入れたりと、ちょっとこってり冷麺が多いですが。こちらは澄んだタレのさっぱりタイプ。うどんつゆに使ってるやつですかね、後味に鰹出汁のコクとキレを感じ、さっぱりすぎる物足りなさは皆無。しっかりと酢も効いてて、もっと暑い夏本番にはさらに美味しく感じられるようなタレ。
 (80308)

こういう練がらしが意外とうれしいですよね。昭和感というか。
 (80309)

でも、練がらしの使用は味を確かめながらのほうがいいですよ。ちょっと溶きすぎて、若干涙目になるくらい刺激的過ぎましたが(笑)タレが美味しく最後までゴクゴクと飲み干してしまいました。これからますます美味しくなる季節がやってきましたね!

ヨ~イヤサ~♪

冨美家(ふみや) への口コミ

冨美家(ふみや) 基本情報

住所:京都府京都市中京区錦小路堺町上ル菊屋町519
電話番号:075-222-0006
営業時間:[月~木]11:00~16:30(L.O) [金・土・日・祝]11:00~17:00(L.O)
定休日:無休
関連サイト:http://www.kyoto-fumiya.co.jp/
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな