2016年3月4日 更新

【女性向けのNEW 王将!】女子会ができる! 「GYOZA OHSHO」 王将の第二章がスタート!(烏丸御池)

ネットでもかなり話題になった女性をターゲットにした王将。最速レポートとして先日ご紹介させて頂きましたが、本日オープンということで、社長から直接お伺いしたアツイも思い交えて、改めてご紹介いたします。

「安い、うまい、早い」を女性にも

これまでの王将は、主に男性に支持されており8割は男性客のこと。

「これからは王将のコンセプトである”安い、うまい、早い”を女性にも届けたい、女性にも親しんでもらえる王将を作りたいという思いで、新しい王将を女性に”ご提案”したい。」

そんな社長のアツイ思いでスタートしたのが女性向けの新業態「GYOZA OHSHO」です。
 (19583)

こちらが新しい王将のメニュー。王将 第二章のスタートです。

場所はビジネス街の「烏丸御池」

場所は烏丸御池のど真ん中、地下鉄の駅からスグ。路面店ではないが、それもまた少し隠れている感じがしてGoodです。

近隣のOLさんや、住民の方にぜひ来て頂きたいとのこと。ランチはもちろん、仕事を終わりのディナーとしても選んで頂けるとように店舗デザインやオリジナルメニューには相当こだわりです。

「多くの女性の方にぜひ来て頂きたい」と社長も豪語されていました。
 (19582)

左から、王将の社長 渡邊氏、店舗デザインをされた折原氏、メニュー開発をされた小張氏。それぞれアツイ思いがつたわった記者会見でした。
 (19580)

これまでとは違い黒を基調にした店舗デザインが新鮮です。

店内は驚きのオシャレ空間

一見、バーやレストランと見違えるほどのオシャレな店内。従来の王将とは違い、直接的なPOPも使わず、間接的に伝えることを意識した造りとのこと。

それもそのはず、今回の店舗は初めて、社外のデザイナーを採用し店舗デザインを行いました。
 (19603)

バーカウンターも新設され、おひとりさまでも気軽に寄れる雰囲気です。またビールだけではなく、女性が好きなワインやスパークリングなどドリンクメニューも豊富に用意されています。
 (19588)

センターテーブルではグループでも楽しめます。実は、テーブルのサイドにはコンセントも用意されて、優しい仕様になっています。
 (19589)

オシャレでレストランようなテーブル席です。こちらで女子会もいいですね!
 (19734)

テラスにはスタンディング席も用意されています。お仕事帰りに同僚とサクッと寄るにもいいですね。
冬の間はもちろん防寒対策も万全です。

清潔でオープンなキッチン

王将は、”油ぎっしゅ” ”床が滑る” なんて言われることもありますが、新しい王将は違います。

女性が安心してお食事できるように清潔さに徹底しています。
 (19601)

キッチン内の様子。真新しいしい什器がピカピカ光っています。
 (19599)

ガラス張りでオープンなキッチンからは清潔さへのこだわりを感じることができます。

ソウルフードにもアレンジを

もちろん王将の代名詞、餃子はあります。

国産素材にこだわった安心で美味しい餃子はそのままに、新しい王将では少しこれまでとは違った食べ方を提案します。
 (19593)

テラス席では、餃子の何気ない写真もこんなにオシャレに。
 (19595)

新提案の「白味噌チーズだれ」 

味噌とチーズの濃厚さがクセになります。これは女性にも結構ハマる味かもしれません!
 (19610)

こちらも女子向けの京漬物の和風炒飯。

少し油っこいイメージのチャーハンも京漬物やお野菜がたくさん使われていて、意外とあっさり頂けます。
 (19653)

おからと紅ショウガの揚げ餃子は、スイートチリソースで頂きます。

チリソースは新感覚でクセになります。
社内に”王将女子チーム”を発足させ外部の識者にも参加してもらい、徹底的に女子向けにこだわった新業態の「GYOZA OHSHO」。
社長が何かアドバイスをしようとすると、チームのメンバーからは「社長はターゲットではないので」なんて逸話があるほど(笑)

これまで、なんとなく王将に行ったことなかった女性の方、これを機に王将デビューをしてみてはいかがでしょうか。

GYOZA OHSHOへのクチコミ

GYOZA OHSHO 烏丸御池店  店舗情報

■店舗名
GYOZA OHSHO 烏丸御池店
■住所
京都市中京区両替町通姉小路上る龍池町430
■電話番号
075-251-0177
■営業時間
月~土
11:00~24:00(ラストオーダー23:30)
日・祝
11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
■定休日
無休
■禁煙・喫煙
禁煙
■駐車場
なし
■詳細ページ
http://www.ohsho.co.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部