2020年2月5日 更新

中央卸売市場でアートと過ごす時間を「KAGANHOTEL-河岸ホテル-」

京都中央卸売市場のすぐそばにオープン。現代アートと過ごす一時が楽しめる「KAGANHOTEL-河岸ホテル-」に潜入してきました!

中央卸売市場の場外にアートな拠点が誕生

 (175929)

日本最古の卸売市場として誕生した「京都中央卸売市場」
京都の食を支える場所として日々賑わっています。
鍋まつりなどが有名ですよね~
 (175930)

市場の外にある「関連棟」と呼ばれる一般の人でも買い物ができる場所。
食料品から金物屋、道具屋さんなどまさに食に”関連”したお店が並んでいます。
 (175329)

そんな関連棟のそばで2019年11月にオープンしたホテルが「河岸ホテルーKAGANHOTEL」です!
いかにもな雰囲気の中にドンっと存在感を放つオシャレな建物。
 (175932)

こちらのホテルは3階がシェアハウスになっていて、若手現代アーティストさんたちが住んでいます。そんなアーティストの皆さんの作品を存分に楽しめるホテルがここ「河岸ホテル」なのです。

B1F・1Fはギャラリー・アトリエ・イベントスペースとして、2Fはギャラリー兼合宿所に、4Fがホステル、5Fがホテルという構造です。
 (175803)

オープンして間もない河岸ホテルに潜入調査してきましたのでレポートします~

4・5階のホテル&ホステルゾーン

1日5組限定のラグジュアリーホテル

 (175837)

1フロアに5部屋だけの贅沢なホテル空間
シンプルモダンな廊下には温かい光が差し込んでいます
 (175849)

まずは3人泊まれるお部屋へ!
入ってすぐに何もない空間が現れます。
このスペースの秘密はのちほど。
 (175850)

中へ進むとリビングが登場。この画像の後ろにはベッドがあり、目の前には先ほどの謎空間が。

実はこの謎空間、すべてのお部屋に設けられた「作品を飾るためだけのスペース」なのです!
”床の間”と呼んでいるそう。ホテルを予約する際に好きなアーティストさんの作品を指定すると、事前に飾っておいてくれるんです。
つまり、泊まるだけでアート作品を購入する「疑似体験」ができるシステムなのです。
 (175858)

ベッドカバーの柄は指定した作家さんの作品をプリントしたもの。
全身で現代アートを感じることができるお部屋になっています。
 (175859)

もともと寮として使われていた建物をリノベーション。
この可愛い窓一つが一部屋だったそう。今は3部屋をつなげて1部屋になっています。
 (175860)

水回りも過ごしやすくリノベーションされています。
 (175861)

こちらは2人で泊まれる別のお部屋。
もちろんこちらのお部屋にも「床の間」があり、作品が飾られていました。
 (175862)

こちらももちろん床の間に飾られた作家さんのカバー。
新駅ができ、さらに便利になった梅小路界隈。
アートなホテルに泊まって、新しい観光地へお出かけしてみては

ご予約はこちらから!
https://www.beds24.com/book-kyoto

気軽に長期滞在ができるホステルタイプ

 (175878)

より気軽に泊まれるホステルタイプも。
こちらは2段ベッドのお部屋。
 (175898)

一人部屋もあるので、お仕事でのちょっとした滞在もゆっくりできます。
京都のギャラリーで展覧会をするアーティストさんにおすすめですよー!
 (175899)

風呂・トイレは共用なのでなんだか合宿してるみたいで楽しそう!
1週間程度の長期滞在にはこちらを。

ギャラリー&イベントスペース&飲食スペース

 (175804)

ここからはギャラリースペースなどをご紹介しますね~
ホテルの入口を進むと開放的な空間が広がっています。
 (175834)

すべて開放すると100人規模のイベントなんかもできるそう。
DJイベントを開催したこともあるとか。
反対に、仕切りをつけると小さめの部屋にもなるのでワークショップなどにも使えそうです。

レンタルスペースとしても貸し出しをしているので、
ポップアップストアや展示会なんかにも利用可能ですよ。
https://www.spacemarket.com/spaces/4od-17oxbsskaqiq/rooms/ls50dkqRsSXcPXiY
 (175813)

左手にはカウンターが設置されたスペースが。
準備中ですが、これから気軽な飲食店をするそう。
まだまだ進化するので、より楽しみ!
 (175814)

ベルトコンベアを再利用したカウンター。
ベルトコンベアってこんな風に変身できるんですね笑
 (175823)

右手にはホテルの受付と入り口が。
 (175828)

そして中央には象徴的な階段。
オーナーはこの建物を見た時、ここに階段があればギャラリーとして最高だ!
と思ったそう。そして階段を新設し、地下のギャラリーと非公開のアトリエゾーンにつながるようにしたんだとか。
 (175832)

そして河岸ホテルの「ギャラリー」へと降りて来ました。
生き物のような部屋。
まさに建物全体が中央卸売市場というマチに新たに生まれた命のような。
オーナーや住み込むアーティストの「楽しい」を感じる場所でした。

いつもの観光地、いつものホテルもいいけど、
アートに囲まれてゆっくりなにかを考える時間を持つ。そんな旅行もいいかも。

詳細情報

KAGANHOTEL-河岸ホテル-

所在地:京都市下京区朱雀宝蔵町99
ホテル詳細:kaganhotel.com
予約:https://www.beds24.com/book-kyoto

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

流憂 流憂