2018年10月20日 更新

【そうだ京都行こう】今秋はココ!紅葉シーズン直前徹底解剖☆JR東海全面推しスポット「一休寺」

京田辺にあるとんちで有名な一休禅師ゆかりのお寺。今秋のJR東海『そうだ京都行こう』の全面推し紅葉スポットになった名所。過去の様子と共に、その魅力を徹底解剖。

今年の紅葉スポットの覇権はココ!一休寺☆

 (136048)

たまたま東京へ行く途中の京都駅新幹線のりば。
 (136046)

最近やたらネット上で、京田辺市にある一休寺の記事を見かけるなぁと思ったら、やはりそういうことだったか!と。

JR東海の『そうだ京都行こう』。
首都圏や中京圏から京都へ観光客を誘致するための観光名所を紹介するキャンペーン。

「そうだ 京都、行こう。」ナレーション撮り続けた長塚京三が25年目で卒業! JR東海『そうだ 京都、行こう。』CM

 (136047)

その影響力たるや絶大で、超穴場だった地元民御用達の観光名所がキャンペーン効果で全国区レベルのスポットになることしばしば。

そして、今秋は一休寺に決定。当キョウトピでも何度か紹介してますが。うちのサイト監視して参考にしたんじゃないの?と勝手に妄想してるんですが(笑)

そんなわけで、以前何度か取材したこともある一休寺の魅力を紅葉シーズン直前に徹底解剖。

どこも画になる紅もみじ

 (136064)

とんちでおなじみの一休禅師ゆかりの臨済宗大徳寺派のお寺。
 (136066)

正応年間(1288 - 1293年)に南浦紹明が開いた妙勝寺が前身。元弘年間(1331 - 1334年)に兵火にあって衰退。のちに康正2年(1456年)に一休宗純が草庵を結んで中興し宗祖の遺風を慕い師恩に酬いる意味で酬恩庵と号した。一休寺は通称ということなんですね。
 (136067)

2年前のものになりますが、今画像で見てもうっとり。参拝客が皆感嘆をもらすほどの赤色吐息な参道。
 (136068)

 (136069)

宗純王廟(一休禅師の墓)。
門扉は閉ざされていますが、菊の紋スリット。現在墓所は宮内庁が御陵墓として管理。
 (136070)

苔むす石段、足元には色とりどりのモミジが散りばめられていて、踏んでしまうのが惜しいくらい。
 (136071)

一休禅師逝去の年に高弟墨済禅師に命じて作らせたもので、自身の頭髪と髭を植えたとされている一休禅師の木像が方丈中央にあるんですが、それを模した像が参道にも。

最近注目!お寺限定の発酵食品『一休寺納豆』

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都発酵食品部】とんち名人一休禅師ゆかりのお寺限定の発酵食品『一休寺納豆』☆「一休寺(酬恩庵)」

【京都発酵食品部】とんち名人一休禅師ゆかりのお寺限定の発酵食品『一休寺納豆』☆「一休寺(酬恩庵)」

京田辺にあるお寺「一休寺(酬恩庵)」にある発酵食品。とんちで有名な一休禅師ゆかりのお寺で、一休禅師から伝授された発酵食品『一休寺納豆』が脈々と現存する。
【京都新緑スポット】超穴場!とんち名人一休禅師ゆかりのお寺!!睡蓮も咲き誇る「一休寺(酬恩庵)」

【京都新緑スポット】超穴場!とんち名人一休禅師ゆかりのお寺!!睡蓮も咲き誇る「一休寺(酬恩庵)」

紅葉の名所は新緑の名所でもあり。以前紅葉観光で訪れ、その素晴らしさと穴場感が気に入り、今回は青もみじ目的で。それ以外でも池の睡蓮や庭の苔も見頃。京田辺市という郊外でありながら、わざわざ参拝したいお寺。
京都市内の喧騒を離れた穴場絶景紅葉スポット!とんち名人一休禅師ゆかりのお寺☆「一休寺(酬恩庵)」【京田辺】

京都市内の喧騒を離れた穴場絶景紅葉スポット!とんち名人一休禅師ゆかりのお寺☆「一休寺(酬恩庵)」【京田辺】

市内の紅葉スポットはどこも入場待ちの行列でダダ混み。なので、ちょっと足を伸ばして郊外へ。京田辺にあるとんちで有名な一休禅師ゆかりのお寺へ。
【2018京都紅葉最新】紅葉名所をパトロール!今が見頃☆高雄山の絶景スポット「神護寺」【11月10日時点】

【2018京都紅葉最新】紅葉名所をパトロール!今が見頃☆高雄山の絶景スポット「神護寺」【11月10日時点】

2018年最新の紅葉パトロール。11月10日時点の様子。高雄山の紅葉名所・神護寺へ。まさに見頃。
【京都お寺めぐり】白砂壇は早くも紅葉の装い!台風被害の爪痕も垣間見え☆鹿ケ谷「法然院」

【京都お寺めぐり】白砂壇は早くも紅葉の装い!台風被害の爪痕も垣間見え☆鹿ケ谷「法然院」

左京区鹿ケ谷にある人気のお寺。境内の白砂壇は早くも紅葉先取りの様相。台風21号の被害もまだ垣間見えつつ、徐々に秋の気配。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers