2018年10月19日 更新

【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。御所西にあるとらやの菓寮へ、秋の味覚・栗を使ったメニューが続々登場。

秋の味覚・栗メニューが続々と登場

 (136093)

 (136092)

室町時代後期創業。御所がちょうど向かいに店を構える老舗銘菓「とらや」。都が京都から東京に移り、宮中の御用勤めのため東京にも進出。もともとの発祥はここ京都。

そんな一条にあるとらや店舗の西側にある菓寮。
 (136094)

今回は秋らしい甘味を求めてやってきました。

広々としていて、いつも落ち着く空間。和モダンでラグジュアリーな雰囲気もあり。時間がゆったりと流れているような。
 (136095)

テラス席が気持ちいい季節になりましたね。
一瞬テラス席にしようか迷いましたが、今回は店内で。ほとんどのお客さんがテラス席をチョイスされてました。気持ちよさそうな雰囲気。
 (136096)

そしてメニュー。
秋の味覚・新栗の和菓子を中心にバリエーション豊富。この時、昼過ぎくらいに来店しましたが、栗の和菓子は特に人気のようで、すでに早々完売しているものも。
 (136097)

今回、私のお目当てはこれ。栗あんみつ。栗餡が乗った秋らしい一品。これを注文。1512円。
 (136098)

季節の和菓子リスト。どのお菓子も秋らしい色目とモチーフ。
 (136099)

とらやさんでもこんな栗きんとんみたいなメニューあったとは知りませんでした。しかも3日間限定商品。この時期だけの新栗を使った、まさに季節限定メニュー。
 (136100)

そして、ほどなくして登場の栗あんみつ。秋らしい色合いのトッピングが散りばめられています。
 (136101)

ある意味、この一皿で栗メニューをある程度網羅したような構成。

まず中央に今年採れた国内産の栗を使った栗餡とその周囲に栗水羊羹。求肥、黒豆、えんどう豆、蜜漬け栗、黒琥珀、色寒天、寒天とトッピングも豊か。何よりも、見ているだけでワクワクするような。
 (136102)

蜜は白蜜と和三盆糖蜜からチョイスでき、べっ甲色の和三盆糖を。
 (136103)

さっそく上からたっぷりと蜜を注ぎ込む。
 (136104)

ヌラヌラとした光沢を帯び、この上なく美味しそうな画に。
 (136105)

まずは栗餡。栗の甘み、風味、渋みが程よく繊細に効き、舌触りもねっとりとして極上の食感。とてもリッチで上品な餡。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】秋旨し!旬の味覚!!京都オススメの栗スイーツ☆【厳選6店】

【保存版】秋旨し!旬の味覚!!京都オススメの栗スイーツ☆【厳選6店】

秋本番。秋の味覚が美味しい季節到来。そこで、栗を使った京都オススメスイーツを集めてみました。
【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。とらやの代表商品『夜の梅』や季節の和菓子を求めて行ってきました。
【京都モダン茶寮】味わいも空間も優美さで満ちる*虎屋菓寮 京都一条店 (とらやかりょう)

【京都モダン茶寮】味わいも空間も優美さで満ちる*虎屋菓寮 京都一条店 (とらやかりょう)

虎屋といえば、全国区です有名な和菓子店「虎屋」。モダンかつ奥ゆかしき洗練空間で頂く、極上あんみつ。 季節の移ろいを感じながら過ごせる和カフェの最上級です。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定羊羹、しかも発酵食品でもある白味噌味の羊羹を発見し、食べてみることに。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな