2018年8月14日 更新

【京都発酵食品めぐり】道具にこだわる!京の台所・錦市場の創業450年老舗の鰹節削り器「有次」

京都の発酵食品をリサーチする京都発酵食品部。今回は発酵食品・鰹節を削る道具を求めて、京の台所錦市場の老舗刃物店「有次」さんへ。

錦市場で450年続く老舗刃物屋さん

 (131076)

今回は発酵食品とは間接的なつながりとなる、道具のお話。ネタ切れでそんな周辺漁り出したか!と思われそうですが(笑)発酵食品でもある鰹節を削る道具ですから、ギリギリセーフです。
 (131062)

京の台所として知られる錦市場。最近では日本人の買い物客より外国人観光客の方が目立つほどの人気。ワールドワイドに評価された手仕事の素晴らしさ、クオリティーの高さということですかね。

創業450年続く刃物屋さん。創業450年て、錦市場生誕が1615年なんで、それ以上前から営業されてるということですかね。

一流料理人から主婦まで、幅広い人気を誇る包丁や調理器具で有名なお店。よくテレビに登場される料理人や料理研究家もご愛用。


 (131065)

包丁も切るものによって、こんなに種類あるのか!とここに来るといつも感心させられます。
 (131066)

 (131067)

柳、出刃、薄刃包丁などの和包丁はもちろんのこと、牛刀、ぺティナイフなどの洋包丁まで。家庭用三徳も。ハサミ類も充実。
 (131068)

砥石や鉄鍋も。あ、この真ん中のヤツ、茹でタマゴを花形に切るやつですね。懐かしい(笑)
 (131063)

 (131069)

で、今回はこちらを購入。かつお箱。鰹節削り器。大小ありましたが、業者じゃないので小さい方16200円で。
 (131077)

購入前にこちらで最終調整してくれます。
 (131072)

有次さんには、こんな試し削り用の鰹節が常備されてるんですね(笑)

削りやすいように鰹節は冷凍庫に保管したほうがいいとのこと。室温に出すとちょっと湿気を帯びるのがいい、てことでした。あれですかね。かき氷で削る氷もちょっと溶かしてからのほうがキレイに削れる、みたいなことと同じですかね。
 (131071)

で、鰹節の削れ具合を見ながら、カンナ部分の刃の出具合をトンカチで叩きながら微調整。


使う頻度にもよりますが、削れ具合がイマイチと感じたら刃を研いでメンテしてくれます。包丁なら1か月ほどかかるそうですが、カンナは2日程度。
 (131073)

そして、こんな高級ブランドで買い物したら入れてくれるようなロゴ入り紙袋に。「有次」ロゴがちゃんと入っていますよ。私からすると、アパレル系ブランドロゴより、有難がってしまうくらいな(笑)
 (131074)

有次箱にも入ってます。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都逸品まとめ】長く大切に使いたい!食卓が豊かになる京都老舗のオススメ暮しの道具【厳選5店】

【京都逸品まとめ】長く大切に使いたい!食卓が豊かになる京都老舗のオススメ暮しの道具【厳選5店】

丁寧に作られた道具で料理したり食事をしたり、それだけで美味しく感じることってありますよね。今回は京都を代表する老舗店、しかも食卓が豊かになる道具を扱うお店をまとめてみました。
【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

河原町、万寿寺通を西へ。京町家リノベーションで12月13日オープンのお店。現在、プレオープン中。九州に根付く発酵、醸造食品を中心に、選りすぐりのローカルフードを販売。カフェスペースや外国人向け料理教室もあり。
【京都発酵食品めぐり】西陣の名水が育む老舗造酢!Myぽん酢作り体験もあり☆「林孝太郎造酢」

【京都発酵食品めぐり】西陣の名水が育む老舗造酢!Myぽん酢作り体験もあり☆「林孝太郎造酢」

西陣・同志社大学新町キャンパスにもほど近い場所にある老舗造酢店。自分好みのMyぽん酢をつくる体験もできることでも話題のお店。
【京都発酵食品めぐり】10月オープン新店!全国の醸造味噌32種類を扱う味噌専門店「蔵代味噌」

【京都発酵食品めぐり】10月オープン新店!全国の醸造味噌32種類を扱う味噌専門店「蔵代味噌」

地下鉄烏丸御池駅にもほど近い場所に、今月オープンした醸造味噌の専門店。全国津々浦々の選りすぐり味噌が全部で32種類。レアな味噌やブレンド味噌も。
【京都発酵食品めぐり】行列必至の元祖お茶漬けの老舗!出汁巻玉子も絶品☆「丸太町十二段家 」

【京都発酵食品めぐり】行列必至の元祖お茶漬けの老舗!出汁巻玉子も絶品☆「丸太町十二段家 」

京都発酵食品めぐり、今回は丸太町通りにある行列必至の京料理店。発酵食品である漬物のお茶漬けがここの名物。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部