2021年9月19日 更新

【京都秋の味覚】新米&丹波栗や京野菜続々入荷☆ファーマーズマーケット『たわわ朝霧』

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は国道9号線、亀岡にある大型産直市場。秋の味覚、新米も登場し、売り場は盛り上がってました。

秋の味覚も出そろう☆

 (212155)

京都府亀岡市。市内から車を走らせ、この日は秋の味覚を求めてやってきました。国道9号線沿い、JR馬堀駅手前にあるJA京都の産直市場『たわわ朝霧』。京都府内最大級の直売所。食材の宝庫、亀岡を中心に京都府下のとれたての季節の野菜が並ぶ市場。
 (212156)

わりと頻繁に来る市場ですが、この日は開店前からいつも以上に長蛇の列。というのも、この日から京都産新米フェアと三連休のスタートする、ということでしょうか。
 (212157)

開店と同時に皆思い思いのコーナーへ散らばり、品定め。
まず、入り口には季節の花々が。もうすぐ中秋の名月、さらにお彼岸も近いということもあり、ススキや菊、コスモスなど秋の花が多彩でした。
 (212158)

 (212159)

さらに、丹波栗も店頭に並び始めていました。大粒から中粒まで。
 (212160)

さらに新米フェア。
玄米から精米してくれるコーナーもありますが、この時も長蛇の列。なので、あらかじめ精米してパックしたものも販売されていました。玄米から精米するより割安に販売。新米を大量に積んだカートも見かけ、飛ぶように売れてました(笑)ちなみに、新米フェアは9月20(月)まで。
 (212162)

さらに、秋らしい野菜も潤沢にそろってました。
こちらはサツマイモ。紅あずまなど人気品種中心に。この亀岡や京丹波界隈では、特にサツマイモやジャガイモ、里芋、山芋などの芋類が豊富で美味しいとの定評があります。芋類に適した土、気候なんでしょうね。
 (212161)

黒枝豆も1か月前くらいから出始めていましたかね。どれも大粒なのが特徴。
 (212163)

 (212164)

で、最近の推しは玉ねぎなんですかね。甘味の強い玉ねぎみたいです。その玉ねぎを使用したレトルトタイプのハンバーグが京丹波に工場を持つ石井食品から発売。石井食品と言えば、レトルトハンバーグのパイオニア的食品メーカー。こちらはちょっとこだわり派のハンバーグみたいですね。
 (212165)

カボチャ類も通常の栗カボチャあり、こんなバターナッツあり、さまざま。ハロウィンを見越して、ということもあるんですかね。
 (212166)

さらに、亀岡、京丹後や京丹波ではニンニクを作る農家さんが多いみたいですね。ニンニクコーナーがわりと広めに取られています。通用のスーパーでは青森産や一部徳島産が主流ですが、比較するとかなり割安な印象の京都産。
 (212167)

 (212168)

 (212170)

 (212171)

果樹のバラエティーが本当に豊かです。高級なところではメロンや最近注目のシャインマスカットやピオーネ、庶民派には梨、今は二十世紀も最盛期。
 (212172)

 (212173)

加工品も秋めいています。
丹波栗の入ったお赤飯や栗おこわなどなど、見ているだけでニンマリしてしまうやつ(笑)
 (212169)

そろそろ中秋の名月ですね。お月見団子も。
 (212174)

米ぬかか?と思ったらさ、酒粕のぬか床みたいです。これに野菜を漬けると奈良漬け風に仕上がるとか。
 (212175)

で、今回これらを購入。といってもフレームアウトしそうだったので、これでも一部ですが(笑)
野菜はもちろん、新米、塩干もの、亀岡牛など、一度に種類豊富に食材入手可能なのが最大のセールスポイント。特に今シーズンは長雨による日照不足で全国的に野菜が不作と聞いていますが、ここでは良質で割安な秋の味覚が手に入ります。食欲の秋を満たしてくれそうなファーマーズマーケット。新米もぜひ京都産で!

詳細情報

名称:ファーマーズマーケットたわわ朝霧
場所:京都府亀岡市篠町野条上又30番地
電話番号:0771-23-8318
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:7、8月は無休。それ以外の月はHPでご確認ください。 
公式サイト:https://jakyoto.com/tawawa/
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事