2016年8月5日 更新

【京都二条城前】酷暑スイーツならこれに尽きる!素材味濃厚リッチなかき氷!!京町家でほっこり☆「雪ノ下 京都本店」

もう外に出るだけで滝汗の季節。そうなると、必須スイーツといえばかき氷。かき氷もいろいろありますが、こちらは厳選素材の味濃厚なリッチな味わい。町家でほっこりいただけるのもいい。

行列のできる人気店

 (48428)

かき氷にハマって、いろいろ巡る中、わりと新しめのお店で注目店。一度はチェックしとかないとな、と。オープン当初はいろいろテレビや雑誌でも取り上げられました。そんな中、行ってきた時の様子になります。
 (48432)

京町家リノベーション。1階は駐車場。その脇にある細い階段を上がって2階に店舗があります。古い落ち着いた雰囲気。でも、けっこう人気店なので、ほぼ満席に近い状態。タイミング逃すと、階段で行列作ってたり。

そして、こちらはパンケーキでも評判のお店です。さらにサンドイッチ類も美味しいらしいです。他のライターさんが紹介してくれてます。
 (48431)

まあ、かき氷一択だったんで(笑)
メニュー撮り忘れましたが、こちらは素材にこだわったちょっと独特の製法のかき氷。氷にシロップをかける旧来型ではなく、果汁やコンポートを極力加糖せずそのまま凍らせて、その素材の味がダイレクトに伝わるようそれを削るというもの。

富士山のごとくそびえ立つ濃厚いちごのかき氷

 (48426)

こちらは季節ごとにいろいろ素材が変わります。で、この時は静岡藤枝産苺氷。
乳アイスがセットになってます。とにかくねっとり(笑)まんま、イチゴの濃厚スムージーを食べてるような。なので、当然薄まりません。練乳アイスも濃厚なんで、かなり食べごたえあり。
気のせいか、頭キーン!ともしませんでしたかね。
 (48427)

こちらは定番氷ですかね。高知産黄金生姜氷。生姜をかき氷の素材にする発想っていいですよね。でも、冷やしあめとかあるので全然アリだし、ちょうど夏場にはいいですよね。
この生姜もこだわり素材。生姜生産量日本一の高知県から、昭和 25 年創業坂田信夫商店の黄金生姜(こがねしょう)を使用てて、普通の生姜より味や生姜成分が濃いんだとか。なので、このかき氷も生姜の香りがかなり引き立ってます。

この他にも、今の時期だとブルーベリーや白桃、メロンなども季節のかき氷としてあります。なんだかいろんな時期のを試してみたくなる、濃厚かき氷。これからの酷暑シーズンにはハズせませんね!

ヨ~イヤサ~♪

雪ノ下 京都本店 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】老舗甘味処・甘党茶屋『梅園』が7月12日オープン!レトロで広々とした店舗誕生【三条寺町】

【新店】老舗甘味処・甘党茶屋『梅園』が7月12日オープン!レトロで広々とした店舗誕生【三条寺町】

オープンほやほや。たまたま三条寺町通りを歩いていて、新しいお店を発見!7月12日オープン。河原町通りにもある小さな店舗の甘党茶屋梅園の三条寺町店。早速行ってきました。
京都愛宕神社参道のオアシス!千日詣では深夜営業の救世主的軽食店に☆「智楽庵」

京都愛宕神社参道のオアシス!千日詣では深夜営業の救世主的軽食店に☆「智楽庵」

京都愛宕山、愛宕神社の表参道にあるお店。7月31日の千日詣では夜通し営業。多くの参拝客へ軽食を提供し、無事を見守る。そして、じつは清水焼の窯元でもあり、作品も展示されるお店。
【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

河原町今出川にある人気の甘味処。通常は手づくりあんみつが自慢のお店ですが、夏は特にかき氷が絶品。中でも期間限定のあんず氷は一度食べたら必ずリピーターになる美味しさ。早くも梅雨明け前に食べてきました。
朝からリッチな気分!ワンランク上のセルフカフェ「上島珈琲店」【四条烏丸】

朝からリッチな気分!ワンランク上のセルフカフェ「上島珈琲店」【四条烏丸】

UCCが全国展開するセルフカフェ。シックな設えにこだわりの家具やバックミュージックとリッチ要素がたっぷり。 繁華街のど真ん中ににて安らぎの時間を過ごせます。
京都|河原町の定番茶寮☆ぎゅっと詰まった絶品こだわりパフェ・永楽屋【四条河原町】

京都|河原町の定番茶寮☆ぎゅっと詰まった絶品こだわりパフェ・永楽屋【四条河原町】

四条河原町の交差点と繁華街のど真ん中に位置する老舗茶屋。現代モダンと伝統が融合した店内でしっとりスイーツタイム。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな