2016年8月5日 更新

【京都二条城前】酷暑スイーツならこれに尽きる!素材味濃厚リッチなかき氷!!京町家でほっこり☆「雪ノ下 京都本店」

もう外に出るだけで滝汗の季節。そうなると、必須スイーツといえばかき氷。かき氷もいろいろありますが、こちらは厳選素材の味濃厚なリッチな味わい。町家でほっこりいただけるのもいい。

行列のできる人気店

 (48428)

かき氷にハマって、いろいろ巡る中、わりと新しめのお店で注目店。一度はチェックしとかないとな、と。オープン当初はいろいろテレビや雑誌でも取り上げられました。そんな中、行ってきた時の様子になります。
 (48432)

京町家リノベーション。1階は駐車場。その脇にある細い階段を上がって2階に店舗があります。古い落ち着いた雰囲気。でも、けっこう人気店なので、ほぼ満席に近い状態。タイミング逃すと、階段で行列作ってたり。

そして、こちらはパンケーキでも評判のお店です。さらにサンドイッチ類も美味しいらしいです。他のライターさんが紹介してくれてます。
 (48431)

まあ、かき氷一択だったんで(笑)
メニュー撮り忘れましたが、こちらは素材にこだわったちょっと独特の製法のかき氷。氷にシロップをかける旧来型ではなく、果汁やコンポートを極力加糖せずそのまま凍らせて、その素材の味がダイレクトに伝わるようそれを削るというもの。

富士山のごとくそびえ立つ濃厚いちごのかき氷

 (48426)

こちらは季節ごとにいろいろ素材が変わります。で、この時は静岡藤枝産苺氷。
乳アイスがセットになってます。とにかくねっとり(笑)まんま、イチゴの濃厚スムージーを食べてるような。なので、当然薄まりません。練乳アイスも濃厚なんで、かなり食べごたえあり。
気のせいか、頭キーン!ともしませんでしたかね。
 (48427)

こちらは定番氷ですかね。高知産黄金生姜氷。生姜をかき氷の素材にする発想っていいですよね。でも、冷やしあめとかあるので全然アリだし、ちょうど夏場にはいいですよね。
この生姜もこだわり素材。生姜生産量日本一の高知県から、昭和 25 年創業坂田信夫商店の黄金生姜(こがねしょう)を使用てて、普通の生姜より味や生姜成分が濃いんだとか。なので、このかき氷も生姜の香りがかなり引き立ってます。

この他にも、今の時期だとブルーベリーや白桃、メロンなども季節のかき氷としてあります。なんだかいろんな時期のを試してみたくなる、濃厚かき氷。これからの酷暑シーズンにはハズせませんね!

ヨ~イヤサ~♪

雪ノ下 京都本店 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】老舗甘味処・甘党茶屋『梅園』が7月12日オープン!レトロで広々とした店舗誕生【三条寺町】

【新店】老舗甘味処・甘党茶屋『梅園』が7月12日オープン!レトロで広々とした店舗誕生【三条寺町】

オープンほやほや。たまたま三条寺町通りを歩いていて、新しいお店を発見!7月12日オープン。河原町通りにもある小さな店舗の甘党茶屋梅園の三条寺町店。早速行ってきました。
絶品ガレットで気分はプチパリジェンヌ「ヌフクレープリー」 (neuf creperie)【御所南】

絶品ガレットで気分はプチパリジェンヌ「ヌフクレープリー」 (neuf creperie)【御所南】

御所南に位置する人気クレープリー。モーニングタイムから頂ける絶品ガレットで気分はプチパリ気分。
【京都土産めぐり】宇治茶の老舗ならではの絶品抹茶飴!中からドロリと上質の濃茶☆「丸久小山園」

【京都土産めぐり】宇治茶の老舗ならではの絶品抹茶飴!中からドロリと上質の濃茶☆「丸久小山園」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡二条城にも近い場所に立地する老舗茶舗。併設の茶房でお茶を楽しむこともできますが、今回は贈り物に最適なお菓子を買いに行ってきました。
【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

【京都発酵食品めぐり】明治創業の老舗京銘菓の名物『琥珀流し』3月は甘酒☆「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」

歴史ある京都の発酵食品事情をご紹介する京都発酵食品部★今回は創業明治18年の老舗京銘菓。その名物甘味『琥珀流し』は月替わりで季節の味が楽しめ、3月は発酵食品である甘酒味。
【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

【京都甘味めぐり】宇治茶の老舗の冬季限定・絶品抹茶ぜんざい!絵画的美しさ☆丸久小山園「茶房元庵」

冬になったら必ずまた来ようと狙ってました(笑)地下鉄烏丸御池駅から西へ。西洞院にある、江戸時代創業の宇治茶の老舗の茶房。冬季限定の抹茶ぜんざいをいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな