2016年4月13日 更新

【京都市役所スグ】昼も夜もやっぱりカヌレが好き!クラシカルな雰囲気の隠れ家的カフェスイーツバー「カヌレ」

カヌレの名店。雑居ビル5階にある、知る人ぞ知る隠れ家的お店。

小さな雑居ビルの5階にある隠れ家的お店

 (28365)

わかりやすいです。いきなりカヌレ型(笑)まあ、店名が「カヌレ」ですから。それもわかりやすい。
 (28366)

ちょうど河原町二条北西角にある小さな雑居ビル。昭和仕様のエレベーターに乗り込んで5階。もう店は目の前。こちらはカヌレの名店でもあり、カフェバーでもあり。夜も営業。

扉を開けるとクラシカルなサロン風店内

 (28367)

ちょっと、驚きの別世界が展開。クラシックがBGMに流れる。クラシカルなヨーロピアン調の店内。椅子やテーブルのアンティークなかんじもまたステキ。
 (28368)

おそらく特等席。ちょうど店の角席。眼下には河原町通と二条通。見晴らしのいい開放感。

アルコール類やフードも充実のメニュー構成

 (28378)

そして、メニューと共にお冷を。もうキュンときます。コースターがカヌレ型。
カヌレが好き過ぎて、こんなん作っちゃいました!キャハ♡てかんじなんでしょうかね。こういうちょっと狂気をはらんだようなダダ漏れ感、嫌いじゃないです(笑)むしろ、好きです。
 (28371)

そして、意外とアルコール類が充実。
 (28372)

そして、軽食や酒のアテ的なものも。夜、このクラシカルな雰囲気の中、傾けるお酒はまた美味しいかもしれませんね。

そして、ご自慢のステキなカヌレ

今回は夕方に来店して、カヌレとドリンク類のセットを。
 (28373)

ステキな風情のカヌレです。お皿もクラシカル。
 (28374)

カプチーノ。ふんわりともっこりな泡泡。やさしい味。
 (28376)

エスプレッソをダブルで。後味の豆の風味の輪郭が際立つ。

恒例のぱっかーん画

 (28375)

そして、やはり割ってみます。カヌレの特徴。外側カリッと。中はもっちりと弾力。
私自身、それほど洋菓子好きというわけではなく、数多あるカヌレを食べてきたわけでもありませんが、私史上一番美味しいカヌレかも。

中はバニラですかね。甘さの中にそんな風味が。卵たっぷり。カヌレの作り方、詳しく知りませんが、そうですね・・・まるでカスタードクリームに火を通して焼き固めたような。
よく、外側のカリッと感に腐心して生地の美味しさをそれほど追求してないカヌレに出会いますが、こちらのは中もウマウマ。ちょっと何個も食べたくなる美味しさ。
 (28377)

こんなロケーションでゆったりいただくんですよ。贅沢。夜だと、さらにムーディーでいい雰囲気でしょうね。

貴重ですよね。こういうカフェスイーツバー。夜でもスイーツ食べたい派にオススメ!ここ知ってるって、ちょっとデキる人認定ですよ(笑)

ヨ~イヤサ~♪

カヌレ への口コミ

カヌレ 基本情報

■店舗名
カヌレ
■住所
京都府京都市中京区清水町(河原町通)、中京区清水町362、ジョイビル5f
■電話番号
075-756-2041
■営業時間
月〜金 15:00〜21:00(LO20:30)
土日祝 12:00〜21:00(LO20:30)
■定休日
毎週水曜日、毎月第4木曜日 臨時休業の場合はfacebookページで案内あり
■禁煙・喫煙
全面喫煙可
■駐車場

■詳細ページ
https://www.facebook.com/canneles1
35 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな