2021年11月3日 更新

『丸太町かわみち屋』の代名詞!「そば饅頭」は時代が変れど素朴な味わいは変わらない

時代はどんどん変わっていき、特にコロナ禍においては、急激な変化についていけない方も多いのではないでしょうか。そんな中、変わらず寄り添ってくれるお菓子ってほっとしますよね。『丸太町かわみち屋』の「そば饅頭」と一緒に少し休憩しませんか?

円町駅裏の『丸太町かわみち屋』

 (214204)

昭和初期23年に創業。江戸時代から続く『総本家 河道屋』から暖簾分けされたそうです。「蕎麦ぼうろ」「そば饅頭」が代名詞となっています。今回は「そば饅頭」のご紹介。
 (214203)

お店の場所は、JR円町駅の裏側にあります。

代名詞の「そば饅頭」

 (213931)

そば饅頭のお味は、ノーマルと抹茶味の2種類。
 (213934)

そば饅頭と同じく代名詞の「蕎麦ぼうろ」の生地に、こし餡が包み込まれています。そして、焼き上げたら「そば饅頭」の出来上がり。
 (213938)

 (213936)

素朴な見た目が何だか懐かしい。袋を開けると、蕎麦の良い香りが。蕎麦粉の味、優しい餡の甘さは飽きがきません。
 (213939)

こし餡もびっしりと。
 (213940)

抹茶餡

 (213942)

宇治の抹茶が使われています。蕎麦の香りと抹茶の香りが合わさって、豊かな気分に。
 (213944)

ほろ苦い甘さをは、蕎麦粉との相性抜群。こし餡の「そば饅頭」と味比べをお楽しみください。
 (213946)

ものすごい早さで変わっていく世の中。そんな中、変わらず寄り添ってくれるお菓子ってほっとしますよね。「そば饅頭」と一緒に少し休憩しませんか?

詳細情報

店名:丸太町かわみち屋
住所:京都市中京区西ノ京中御門西町32
営業時間:9:30~17:00
定休日:日曜日(お盆、年末を除く)、1月1日、1月2日
HP:http://www.kawamitiya.co.jp/
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事