2017年8月30日 更新

京町家で避暑☆名物・琥珀(こはく)流し8月はひやしあめ!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

創業明治18年の老舗京銘菓。そして、月替りのこちらの名物「琥珀(こはく)流し」は8月の残暑シーズンにふさわしく、ひやしあめ。まだまだ暑い日中、暑さを避けて京町家でほっこりと頂いてきました。

まだまだ残暑キビシイ昼下がりに

 (92913)

そろそろ9月だというのに毎日酷暑。買い物帰りの昼下がり、暑さを避けてこちらへ。

店構えが立派すぎて、初めてだと気後れしそうな老舗オーラ全開(笑)ちょうど烏丸六角を東にすすむと、ベンガラ色も使い込まれていい風合いの京町家。創業明治18年の老舗。もう見るからに歴史あり!な雰囲気。
 (92914)

店先には喫茶室でいただける季節のお菓子の見本が。今回はこちらの名物・琥珀(こはく)流しを。8月は「ひやしあめ」。琥珀流しは月替りメニューが楽しめる涼菓。
 (92915)

店に入ってすぐのところにはいろいろ季節の和菓子を販売。この時期はまだ若あゆですね。8月も終わりなんで、もう落ち鮎といったところですかね(笑)
 (92916)

やはり、こういう涼菓が夏にはピッタリ。レースかんの色目がステキ。
 (92919)

意外とこの日は空いててよかった。でもこの後、続々とお客が来店してあっという間に席が埋まっていきましたが。いつもの席が空いてたんで。5月に来た時はハナショウブが睡蓮鉢に生けられていましたが、今は金魚が泳いでるくらいで。
 (92918)

もう最初から琥珀流し一択でしたが、一応メニューチェック。
 (92920)

かき氷でもいいくらいの暑さでしたけどね(笑)まだやってました。
 (92921)

そして、ほどなくして琥珀流し登場。8月は「ひやしあめ」。熱い緑茶とともに。
 (92922)

坪庭を背景に、より涼やか演出の琥珀流し画(笑)
 (92923)

ガラスの器の汗かいてる感がたまりません。中に入ってるものが透明感あるものなので、そのコントラストがなかなかよくて。すりガラス越しに眺めるような。
 (92924)

上にはみじん切りの生姜がトッピングされています。
 (92925)

ひやしあめ、わりと甘みは抑えめで生姜風味が立ってます。トッピングの生姜が効いてるからですかね。わりとシンプルな味わい。ちょうど夏バテの今みたいな時期に、この生姜が身体にはいいかも。

9月はぶどうだそうです。また来月も琥珀流し食べに来ないと。

ヨ~イヤサ~♪

大極殿本舗栖園 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【まとめ】京都老舗和菓子『大極殿本舗 栖園(せいえん)』のちゅるん!と美味しい名物・琥珀流し春夏コレクション【烏丸六角】

【まとめ】京都老舗和菓子『大極殿本舗 栖園(せいえん)』のちゅるん!と美味しい名物・琥珀流し春夏コレクション【烏丸六角】

烏丸通から六角通を東へ。何度も紹介している明治創業の老舗京和菓子店。そして、もうおなじみ、こちらの名物・琥珀(こはく)流しは季節感を演出した月替りメニュー。春夏の琥珀流しコレクションをご紹介します。
秋美味し!明治創業の老舗京銘菓☆駆け込み10月の琥珀流しでほっこり「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

秋美味し!明治創業の老舗京銘菓☆駆け込み10月の琥珀流しでほっこり「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

ギリギリでした(笑)定点観測中の 栖園・琥珀流し。月替わりメニューが楽しいこちらの看板商品。駆け込みで食べてきました。
京町家でほっこり☆名物・琥珀(こはく)流し5月は抹茶!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

京町家でほっこり☆名物・琥珀(こはく)流し5月は抹茶!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

創業明治18年の老舗京銘菓。そして、月替りのこちらの名物「琥珀(こはく)流し」は新緑、茶摘みシーズンにふさわしく、抹茶。初夏の設えの京町家でほっこりと頂いてきました。
【京都和菓子めぐり】期間限定の栗バブルのぜんざいは必食!繁華街・四条河原町のオアシス「永楽屋」

【京都和菓子めぐり】期間限定の栗バブルのぜんざいは必食!繁華街・四条河原町のオアシス「永楽屋」

京都イチの繁華街四条河原町にある和菓子や佃煮を販売する、比較的古いお店。その二階にある甘味処では期間限定の栗ぜんざいが絶品。
【新店】夢見心地な世界観★京都No.1のラブリーさ★Wonder Sweets KIYONAGA(ワンダースイーツキヨナガ)

【新店】夢見心地な世界観★京都No.1のラブリーさ★Wonder Sweets KIYONAGA(ワンダースイーツキヨナガ)

四条烏丸に6月にオープンした創業400年の老舗和菓子店【亀屋清永】の2ndライン。 味わい深い匠の技をエンターテイメント性に富んだ、斬新な切り口で表現。 間違いなく喜ばれるお土産、カフェではプリンセス気分でこの世界観を味えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな