2020年9月14日 更新

京都オススメの絶品冷麺!「厳選9店」超有名店から個性あふれる変り種冷麺まで

京都オススメの冷麺をまとめてみました。通年食べられる有名店から昭和風情ただよう大衆中華料理店、さらに四川系有名店の冷麺まで。全9店まとめました。

京都の美味しい冷麺の筆頭「中華のサカイ」

 (191119)

京都で一番美味しい冷麺は?と聞かれて、恐らく大半の人がここを推すと思われる代表店「みその橋サカイ」
 (131306)

テレビや雑誌でもおなじみで、全国的にもよく知られ1日に500食は出る人気冷麺。夏場だけでなく、こちらでは通年食べられ、さらにお取り寄せも可能。
食べ応えのある中太麺と一子相伝のタレは一度食べたら病みつきになるほど。

店名:みその橋 サカイ
住所:京都市北区大宮東総門口町38−3
電話番号:075-492-4965
関連ページ:https://kyotopi.jp/articles/LuxUA

昭和レトロ冷麺!祇園スグの大衆中華店「六波羅飯店」

 (131309)

祇園や東山にもほど近く、六波羅蜜寺スグの場所にある昔ながらの風情ただよう大衆中華料理店「六波羅飯店」
観光地近くにありながらも、気取らない雰囲気でふらっと立ち寄れる気軽さが人気。地元住民が足繫く通います。
王道中華のメニューがズラリ。変り種カレーチャンポン麺やら六波羅丼もありますが。
 (131311)

中でも昭和レトロな缶詰チェリー乗せ冷麺は春雨との食感の違いも楽しめる美味しさ。しこしこ太目のストレート卵麺。ちょっとタレは甘めであっさり酢醤油タイプ。デカ目の氷が入っています。
一気に童心に帰れる昭和の味。

店名:六波羅飯店
住所:京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町90
電話番号:075-551-2901

冷し汁無し担々麺は本格四川風で刺激的「三国志」

 (191121)

宇治市三室戸にある本格四川風担々麺が食べられる「三国志」
担々麺は辛さでいろいろ選べるメニュー。
 (131319)

中でも「地獄の麻辣担々麺」は辛いもの好きならついトライしたくなる人気メニュー。そして、夏季限定の冷し汁無し担々麺は肉味噌に花椒やナッツがのった本格四川風。よりクセのあるものが好きな人にはパクチーの増量も可能。

店名::三国志
住所:京都府宇治市莵道丸山1-116
電話番号:0774-20-3556
関連ページ:https://kyotopi.jp/articles/k8sYU

冷麺&レモンチャーハンの最強コンビメニュー「ポパイ」

 (131321)

京都五花街の一つ、宮川町界隈にある有名なお店「ラーメン専門店ポパイ」
フレッシュなレモンでいただくチャーハンや、夏メニューの定番・冷麺が絶品。
 (131322)

冷麺は、気取らない感じの具だくさんさ。手づくりの錦糸玉子、チャーシュー、椎茸煮、千切りキュウリ、キャベツ、紅ショウガ、胡麻とマヨネーズ。タレはさっぱりな甘酸っぱい醤油感あるやつ。大きなかち割氷がゴロンと入っていて、かなり冷え冷え。たまらん美味しさ。

店名:ラーメン専門店ポパイ
住所:京都市東山区松原通り宮川筋5丁目327-6
電話番号:075-551-1062
関連ページ:https://kyotopi.jp/articles/fjhTe

中毒性ありな夏季限定涼麺「マンボ飯店」

 (191123)

一度行くと、リピート率高い人気中華店「マンボ飯店」
平日のみお手軽なランチがあり、さらに夏季限定の暑い夏にふさわしいメニューもあり。
 (131315)

芝麻彩菜涼麺(チーマーサイサイリャンメン)。いろんな地野菜を使い色鮮やかで、ファンも多数!
野菜はその日によって多少違うらしく、この日私が認識した野菜として、ブロッコリー、ゴーヤ、つるむらさき、紫タマネギ、ラディシュ、ズッキーニ2種、オクラ、甘長とうがらし、しめじ、かぼちゃ、プチトマト、とうもろこし。「彩菜」の名にふさわしい。麺は有名店「麺屋棣鄂 」のもの。パンチの効いた芝麻醤ベースのタレが食欲をそそる美味しさ。


店名:マンボ飯店
住所:京都市中京区壬生西桧町11
電話番号:075-757-7645
関連ページ:
https://kyotopi.jp/articles/2gnGy

自家製マヨネーズたっぷりの冷やし中華「天狗(てんぐ)」

 (131325)

河原町荒神口にある名店「天狗(てんぐ)」
昼時には行列もできる、自家製麺のうどんや丼などを提供する人気店。夏限定メニューの冷やし中華もまたオリジナルで評判。
 (131326)

夏限定メニューの冷やし中華もまたオリジナルで評判。自慢の自家製麺を使った冷やし中華には自家製マヨネーズがたっぷり添えられ、マヨラー必食。

名称:天狗(てんぐ)
住所:京都市上京区河原町通荒神口上る東桜町39
電話番号:075-231-1089
関連ページ:https://kyotopi.jp/articles/ux9Gm

老舗広東料理店の流れをくむ冷麺「ハマムラ」

 (131329)

京都府庁すぐ。大正13年創業の京都で初めての中華料理店「志那料理店ハマムラ」の流れを汲む「京都中華 ハマムラ」
 (131330)

冷し中華は全粒粉麺で酢が効いたさっぱりタイプ。これからさらに暑くなり、食欲がなくなる時期にピッタリ。
食べてみると、モチモチ。全粒粉でわりと軽めというか、重たくない食べやすい麺。タレは澄んだ酢醤油ベース。とても酢が効いていて、夏はさっぱりと食べられる感じ。

店名:京都中華 ハマムラ
住所:京都市中京区丸太町通り釜座東入ル梅屋町175-2
電話番号:075-221-4072
関連ページ:https://kyotopi.jp/articles/PW9II

麺類の名店の変わり種、茶そば冷麺「招福亭」

 (131333)

六条新町にある有名店「招福亭」、うどんそば丼の老舗店。こちらのそばは全て茶そばになっていて、冷麺ももれなく茶そば仕様というこだわり。
 (131334)

彩りよく盛られた具だくさんな冷麺。そして、麺を持ち上げるとさらに鮮やかな茶そばのグリーンが登場し、全体的に彩り豊かな冷麺、タレも甘酸っぱい、透明のさっぱりタイプ。和風の冷し中華の風情。


店名:招福亭
住所:京都市下京区艮町894
電話番号:075-351-6111
関連ページ:https://kyotopi.jp/articles/zjHlU

創業70年の老舗うどん店の夏限定冷麺「冨美家(ふみや)」

 (191131)

錦市場のほど近くにある、創業70年超の老舗「冨美家(ふみや)」
地元民には超おなじみで、百貨店やスーパーでこちらのうどんパックは定番商品。
 (131338)

手頃な値段で食べられる名物・冨美家鍋(鍋焼きうどん)が通年人気だが、この時期はなんといっても夏季限定メニューの焼豚冷麺。うどん店の冷麺ということで、出汁感もあるタレが特徴。具もたっぷり入ってリーズナブル。


店名:冨美家(ふみや)
住所:京都市中京区錦小路堺町上ル菊屋町519
電話番号:075-222-0006
関連ページ:https://kyotopi.jp/articles/ZfbQf
いかがでしたか?どのお店の冷麺も個性派ぞろいでどれも美味。
さっぱりタイプから四川風坦々麺仕様のものまで。気分やその日の暑さに応じて選べるバリエーション。ぜひ、お試しください!
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな