2017年6月7日 更新

京都の酷暑の夏に備えて予習!老舗広東料理店の流れをくむ冷麺を先取り☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

そろそろ梅雨入りし、それを過ぎるともれなく酷暑の夏を迎える京都。夏バテ必至の食欲減退期に食べたくなるのが涼やかなもの。そう「冷麺」。本格的な夏到来前に、京都中華でおなじみ、ハマムラで食べてきました。

京都府庁前に移転して

 (82624)

大正13年創業の京都で初めての中華料理店「志那料理店ハマムラ」の流れを汲むお店で、元は河原町通りにあり80年の営業を経て、三代目が京都府庁前に移転オープン。

以前、カラシソバをこちらに食べに来たことがあって、冷麺はどうだろ?と。
 (82625)

この「ハマムラ」の顔のマークは地元民にとってはおなじみ。
 (82626)

前回もランチ時に来て、オトクなランチセットがあるにもかかわらず、後ろ髪引かれる思いで単品メニューをあえて注文したわけですが、今回も同じく(汗)
 (82627)

ちょうど、ランチタイムもピーク過ぎてたんでわりと空いてました。奥のテーブル席も空いてましたが、カウンター席へ。天井の赤いキーヤン画がとても印象的な店内。京都でいま最も活躍するアーティスト・キーヤンこと木村英輝さんの作品。
 (82629)

一応メニューチェック。冷麺一択ですが。
 (82628)

日替わりランチは中華そばと唐揚げのセットメニューとのこと。ま、私は冷麺だし。と思って探すも、メニューにないな。
あれ、まだ始まってないのか?と、少し焦りだす。
 (82630)

黒板にも昼メニューが掲示。これ以外の夜メニューも、モノによってはできるそうです。
 (82631)

ありました。冷し中華。関西では「冷麺」て呼ぶ店が多いですが、こちらでは「冷し中華」。で、これを注文。5月のGW明けから開始してるそうです。

涼やかな冷し中華

 (82632)

ほどなくして、冷し中華登場。器がガラス製で涼やかでいいですね。
 (82633)

具材は錦糸卵、チャーシュー、メンマ、キュウリ、紅しょうが。中華そばの冷し版といった雰囲気でもある具材。
 (82634)

麺を引き上げてみます。ちょっと太めの全粒粉麺。冷麺にこの麺を採用してる所、他にもあったなたしか。冷麺にはこの麺がいいのかもな。

食べてみると、モチモチ。全粒粉でわりと軽めというか、重たくない食べやすい麺。タレは澄んだ酢醤油ベース。とても酢が効いていて、夏場にちょうどいい酸味だろうな、と。さっぱりと食べられる感じ。
 (82635)

チャーシューは自家製ですかね。こちらでは前菜用のチャーシューも自家製ですから。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都冷麺めぐり】マヨラー必食!自家製マヨネーズたっぷりの冷やし中華!自家製麺で喉ごしつるるん☆「天狗(てんぐ)」

【京都冷麺めぐり】マヨラー必食!自家製マヨネーズたっぷりの冷やし中華!自家製麺で喉ごしつるるん☆「天狗(てんぐ)」

河原町荒神口にある名店。昼時には行列もできる、自家製麺のうどんや丼などを提供する人気店。夏限定メニューの冷やし中華もまたオリジナルで評判。ランチで行ってきました。
大正創業の元祖広東料理!京都独特のあんかけカラシソバは刺激的☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

大正創業の元祖広東料理!京都独特のあんかけカラシソバは刺激的☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

大正13年創業の京都で初めての中華料理店「志那料理店ハマムラ」の流れを汲むお店で、元は河原町通りにあり80年の営業を経て、三代目が京都府庁前に移転オープン。
【京都豆腐めぐり】京都イチの歴史ある老舗京豆腐店!洛中名水使用とおくどさんで手づくり幻製法☆「入山とうふ店」

【京都豆腐めぐり】京都イチの歴史ある老舗京豆腐店!洛中名水使用とおくどさんで手づくり幻製法☆「入山とうふ店」

京都府庁スグの場所にある、京豆腐の老舗。昔ながらの豆腐店の風情を残し、さらに昔ながらの手づくり製法にこだわった幻的お店。
【京都発酵食品めぐり】行列必至の元祖お茶漬けの老舗!出汁巻玉子も絶品☆「丸太町十二段家 」

【京都発酵食品めぐり】行列必至の元祖お茶漬けの老舗!出汁巻玉子も絶品☆「丸太町十二段家 」

京都発酵食品めぐり、今回は丸太町通りにある行列必至の京料理店。発酵食品である漬物のお茶漬けがここの名物。
【京都ランチめぐり】寺町通に創業100年以上続く老舗蕎麦!とろける舌触りの季節限定冷やし穴子蕎麦☆「更科」

【京都ランチめぐり】寺町通に創業100年以上続く老舗蕎麦!とろける舌触りの季節限定冷やし穴子蕎麦☆「更科」

丸太町通から寺町通下る。キレイな店構えながら、創業100年余のお蕎麦屋さんの老舗。いつも前を通りつつ未訪。たまたま近くを通りかかり入店することに。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな