2017年1月12日 更新

大正創業の元祖広東料理!京都独特のあんかけカラシソバは刺激的☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

大正13年創業の京都で初めての中華料理店「志那料理店ハマムラ」の流れを汲むお店で、元は河原町通りにあり80年の営業を経て、三代目が京都府庁前に移転オープン。

3年前に河原町から府庁前へ移転

 (68596)

まだ真新しい雰囲気。こちらは河原町通りに80年営業していた老舗中華料理店が代替わりに伴い、府庁前に移転。もともとの創業は祗園縄手通り界隈。
 (68597)

この「ハマムラ」の顔のマークは地元民にとってはおなじみ。
今回こちらに移転されてからは初訪問。大昔、もう記憶にないくらい前に河原町の頃来たことあると思います。庶民派ではない正統派、王道の中華というイメージ。
 (68599)

今回はランチ時に。日替わりのお得なランチもあったんですが、この日は激寒で雑誌で見かけたこちらのイチオシメニュー・辛子麺が食べたくて。
 (68600)

手前カウンター席と奥にテーブル席が。そして、内装はモダンで河原町の頃の店とは大違い(笑)いや、河原町の店は古い風情が味のある雰囲気だったんです。そして、BGMはジャズ。
 (68601)

日替わりか前の黒板からチョイスとのこと。昼の単品メニューは場合によっては出来ないものもありとのこと。まさか、辛子麺できなかったらどうしよう、と。
 (68605)

けっこう夜もよさそうで、お酒も充実。バルのようなアテメニューも豊富。
 (68604)

炒め物やら揚げ物、海鮮系から野菜メニューまでいろいろと。
 (68603)

麺類、ごはん類。で、辛子麺850円を発見。ランチタイム時でもつくれるとのこと。よかった~すかさず注文。
 (68606)

もともとの縄手通りの店の頃から数えると、90年余り。京都中華発祥。

カラシの刺激がハンパない!病みつきになる!!

 (68607)

で、辛子麺が。もう見るからに美味しそう。けっこうなボリューム。アンもたっぷり。

京都には、こんなカラシを絡ませた麺にあんかけの中華そば、というメニューがあり、これはもともと京都中華の源流的お店「鳳舞」から波及してる、ちょっとほかにない独特なあんかけそば。
 (68609)

麺を引き上げると、湯気がモクモクと。と同時に、カラシの刺激が目にきます(笑)強い!ここまでの刺激はいろいろカラシソバ食べた中では初めてかも。
 (68610)

さらに、モクモク。
 (68611)

ようやく、画像がクリアに(笑)
こちらの麺はちょっと特徴的。私もいろいろこのカラシソバの系譜をたどってますが、色付きの中華麺。大体がフツーの焼きそば用のかん水使用の麺だったりしますが、ここのは片面焼いてるそうです。細ストレート。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都中華料理界の源流・鳳舞の味巡礼!カラシソバは必食!!「鳳舞楼」【京都御所スグ】

京都中華料理界の源流・鳳舞の味巡礼!カラシソバは必食!!「鳳舞楼」【京都御所スグ】

今シーズンの目標として、カラシソバ巡礼実施中。京都の中華料理を語る上で、必ず登場する「鳳舞」。その味を受け継いだお店が市内に数店。その中でも鳳舞直系のお店。
京都の酷暑の夏に備えて予習!老舗広東料理店の流れをくむ冷麺を先取り☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

京都の酷暑の夏に備えて予習!老舗広東料理店の流れをくむ冷麺を先取り☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

そろそろ梅雨入りし、それを過ぎるともれなく酷暑の夏を迎える京都。夏バテ必至の食欲減退期に食べたくなるのが涼やかなもの。そう「冷麺」。本格的な夏到来前に、京都中華でおなじみ、ハマムラで食べてきました。
京都中華名物カラシソバ必食!雑居ビルにある隠れ家的アットホームな広東料理店☆「平安」【京都祗園】

京都中華名物カラシソバ必食!雑居ビルにある隠れ家的アットホームな広東料理店☆「平安」【京都祗園】

こちらも京都中華料理界の源流・鳳舞の流れを汲むお店。飲み屋中心の祗園エリアでアットホームな雰囲気のお店。今回もカラシソバ巡礼にランチで行ってきました。
黄色まみれの刺激☆名物カラシ入りそばは京風中華原点味!中華料理「龍鳳」【新京極六角】

黄色まみれの刺激☆名物カラシ入りそばは京風中華原点味!中華料理「龍鳳」【新京極六角】

以前ご紹介したこともある、京風中華の源流の味を受け継ぐお店。名物の「カラシ入そば」を食べに行ってきました!
ボリュームも満点!行列必至の人気中華料理店!「魏飯夷堂」@三条会商店街の巻っす

ボリュームも満点!行列必至の人気中華料理店!「魏飯夷堂」@三条会商店街の巻っす

盛り上がってきている三条会商店街にある人気の中華料理店「魏飯夷堂(ぎーはんえびすどう)」でボリューム満点の中華ランチっす。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな