2016年10月24日 更新

【厳選5店】餃子激戦区の京都!美味しい餃子を食べるならココ!宇都宮や浜松には負けません!

餃子と言えば宇都宮や浜松を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は京都も餃子激戦区なのです。そこで定番から少し穴場、ミシュランビブグルマン選出店まで、餃子が美味しいお店を厳選して紹介いたします。

「ぎょうざ処 亮昌 」高辻西洞院

 (59426)

西洞院と高辻の交差点からスグ、人気の餃子専門店「ぎょうざ処 高辻 亮昌 本店」です。
和出汁を使った京風の餃子で女性ファンも多数!
 (59427)

見るからにパリっと焼き上げられた、美味しそうな餃子。
地産地消をモットーにされており、市長賞を受賞した中嶋農園のキャベツ、京もち豚、九条葱などを京都の素材にこだわっています。

また和出汁をベースにつかっていて、まさに京餃子の名にふさわしい一品です。

「ぎょうざ 歩兵」祇園

 (59429)

祇園の中心地、祇園巽橋からもすぐの餃子専門店「ぎょうざ 歩兵」。

ミシュランビブグルマンにも選出された折り紙つきの美味しさです。

深夜3時まで営業されていて、〆にもオススメのお店ですよ。
 (59430)

パリット焼き上げた餃子は薄皮で餡が透けるほど。
ニンニクとニラがしっかり効いていて、一口サイズならがもパンチのある仕上がりになっています。

「餃子の王将 本店」四条大宮

 (59433)

餃子の王将の聖地とされる1号店です。王将については、もはや説明不要ですよね。
王将発祥の地ということで、全国から王将ファンが集まる人気店です。
4階建てのビルまるごと一棟、王将です。
 (59435)

ずっと変わらない、王将の餃子。
この味が餃子の基準って言う方も多いのではないでしょうか。

本店で食べれると2割増しで美味しく感じます。王将ファンの方には、一度は寄って頂きたいですね。

「マルシン飯店」三条東大路

 (59437)

三条東大路通りにある「マルシン飯店」。度々メディアにも登場する人気の中華料理店です。

その中でも餃子は人気で、お持ち帰り専用の直売店も併設されています。
 (59438)

こちらは中勢以さんの熟成豚を使った熟成ギョーザ。

餃子の皮はもっちもち、コクがたっぷりで旨味がしっかり引き出されていて、タレもいらないほど。
普通の餃子との食べ比べもオススメです。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】本日オープン!京都限定プレミアムな高級餃子も登場!!あの「餃子の王将」が持ち帰り専門店を展開【高島屋京都店】

【新店】本日オープン!京都限定プレミアムな高級餃子も登場!!あの「餃子の王将」が持ち帰り専門店を展開【高島屋京都店】

「安い、早い、うまい」をキャッチフレーズに地元はおろか、全国的にも人気店の「餃子の王将」。その王将が、王将カフェに続いてまた新展開。高島屋京都店のデパ地下で、持ち帰り専用の餃子専門店を2月8日オープン。
京都人のソウルフード!最新秋冬メニューも登場!!あなたの知らない世界「餃子の王将」【京都山科】

京都人のソウルフード!最新秋冬メニューも登場!!あなたの知らない世界「餃子の王将」【京都山科】

定点観測中と豪語していた京都人ソウルフードの王将。最近すっかりご無沙汰になっていて、久々に行ったらいろいろな変化が。ご紹介します!
京都情報アワード2016!キョウトピライター豆はなが贈る総まとめ!!【厳選5ネタ】

京都情報アワード2016!キョウトピライター豆はなが贈る総まとめ!!【厳選5ネタ】

キョウトピライター豆はなが執筆した中で今年最も印象に残り、かつ反響が大きかった珠玉のネタ5つを選抜!書きに書きまくり、書き散らした2016年を振り返ります(笑)
【保存版】全国消費量ランキングトップの京都ソウルフード!京都オススメの一風変わった個性派餃子【厳選5店】

【保存版】全国消費量ランキングトップの京都ソウルフード!京都オススメの一風変わった個性派餃子【厳選5店】

全国展開する餃子の王将本社のある京都。それもあって、餃子の全国消費量ランキングではいつもトップクラス。餃子はまさに京都のソウルフードとも言えます。そこで、今回は定番の餃子とは違う一風変わった個性派餃子をいろいろ集めてみました。
【保存版】イメージ一新!行かなきゃ損!!いま人気の京都オススメ立ち飲み店【厳選4店】【まとめ】

【保存版】イメージ一新!行かなきゃ損!!いま人気の京都オススメ立ち飲み店【厳選4店】【まとめ】

ひと昔前なら、安いけどディープなおっちゃんのたまり場的イメージの立ち飲み店。女子が行くには気後れする雰囲気。でも、最近では新しいお店も増え、オシャレで料理も絶品でコスパよし。女子にも人気。今回はそんな立ち飲み店を集めてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi まとめ部 Kyotopi まとめ部